どーもです。

タイトリスト「VG3」シリーズですが、いよいよアイアンに突入です。「VG3」シリーズアイアンはデフォルトモデルと「タイプD」の2モデルをラインアップしていますね。まず紹介するのは、デフォルトモデルです。果たしてどんな進化を遂げたのか。ボクなりに確認したいと思いますので、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

パッと見た第一印象ですが、先代に比べるとトゥ・ヒール方向の長さが短く、高さがあるように変更されているように感じました。よりコンパクトになった印象でしたね。

フェースもコンパクトになっていたように感じました。先代はもっと面長な顔つきだったので、よりタイトリストらしい顔つきに変更されていたように思います。

でも、ソール幅先代とほぼ同じかな。ツヤ消し部分はタングステン・ニッケルのウエートでしょうが、トゥ・ヒールに配置されているのでミスヒットに強そうですよね!

ネックはセミグースでした。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードの厚みはある程度確保されているので、安心感はあると思います。ですが、やはり先代に比較すると結構コンパクトな顔つきに見えますね。個人的に好きな顔ですが、先代を使っていた方にはちょっとシビアさを感じさせるかもしれません。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量412g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持っていた感覚ですが、重量的には軽めでした。グリップはやや細めですがウッド系に比較すると気持ち太めにも感じました。素振りしてみると、意外とシャープに振れる印象でした。

実際に打ってみると、その球の上がり方にビックリ!! 先代試打時のデータと比較してみると、な、なんと同じロフト30度ですが打ち出し角が3度も上がっていました。総重量が4gほど軽くなっているので、HSが上がるのは分かりますが、打ち出し角が上がるのはクラブの進化でしょうね。確実に低重心化が計られているのを実感できました。その分スピン量も気持ち少なめになっていて、飛距離性能が向上していました。また、打感などのフィーリングもいい感じ! この辺はさすがタイトリストといった感じでした。飛距離も欲しいセミアスリート系アイアンの実力を実感できました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS41.3m/s、初速52.9m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量4904.7rpm、サイドスピン-514.1rpm、飛距離177.2y
【ベスト】
HS41.4m/s、初速53.0m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量4822.6rpm、サイドスピン-483.9rpm、飛距離178.3y

打感はマイルド系。飛び系アイアンですが、マイルドな打感を実現しています。この辺はさすがタイトリストですね。音もパシャという感じのシャッター音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちらです。

弾道的には、文句なしの高弾道。打ち出しから高い弾道で、球を上げようなんて意識は一切不要!! これ、何気に重要なことだと思います。この動画データはやや厚めに当たった感触でしたが、それでも180yオーバー。飛び系アイアンの実力を垣間見た瞬間でした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。プッシュアウト傾向はボクのスイングの問題ですが、そこからいい感じに戻ってきてくれるのはいいですね。先代よりもヘッドがコンパクトな分、気持ちヘッドは返りやすくなっていると感じました。

振り感ですが、かなりシャープに振れる印象でした。NS特有のインパクト時のグニャリ感も無かったです。あれはヘッドとの相性なんですかね!?

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。先代に比較すると確実に打ちやすさが向上していると思います。実際に打ってみれば、球の上がり、つかまりは今回の「VG3」アイアンのほうが確実に進化しているのを体感できると思います。フェースがコンパクトになっていたのは、おそらくトータルバランスを考えての結果だと思います。先代でいいイメージだった方は見た目でちょっとシビアさを感じるかもしれませんが、実際に打ってみれば確実にその進化を体感できるモデルだと思います。

<タイトリスト「VG3」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9.5▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度9.5
■ヘッド:ボディ=軟鉄、ウエート=(#4~#7)タングステン・ニッケル
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/手元調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.9/中調子)。カーボンシャフト「Titleist VGI」(S=64g/3.1、R=53g/3.3/中調子)。
■価格:スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」」装着モデル5本(#6~P)セット11万5000円+税、単品(#4、#5)各1本2万3000円+税、「NSPRO950GH」装着モデル5本セット11万円+税、単品各1本2万2000円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット12万円+税、単品各1本2万4000円+税。