どーもです。

PXGのニューモデル「PXG0311P」アイアンを試打できました。「PXG0311」シリーズアイアンは、東京・世田谷の「大蔵ゴルフスタジオ」で試打してレポしました。第2世代となる「PXG0031P」はいつものメトログリーンで試打できました。しかも、今回試打したクラブはアナライズのT島さんの私物だったりします。試打した時点ではまだ日本にはほぼ無いモデルとのことでしたので、貴重な機会を提供していたただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。というわけで、早速レポしてみましょう。

この「PXG0311P」ですが、ネックに「GEN2」と刻印されていました。「GENERATION2」(第2世代)と言うことですが、初代に「P」はありませんでしたよね。T島さんに確認すると「PXG0311」の第2世代のようです。

まずは見た目から。

「PXG0311」と比較してみると、バックフェースネック側下部の処理が変更されていました。また、ウエートですが、トゥトップが少なくなっていました。「PXG0311」が4つだったのに対して、「PXG0311P」は2つになっていました。内部ウエートが変わったのかな!? なお、構造的には中空アイアンは変わっていないと思います。

フェースが小振りなコンパクト系ですね。先代に比較するとやや重視距離が短くなったような印象でした。また、若干ですが丸みを帯びたように感じたのと、ネック側の縦幅が高くなっていたように感じました。

ソール幅はセミワイドかな。先代同様ネック側からトゥ側に向かってやや広くなっていました。先代に比較すると、トレーリングエッジがより削り落とされていた分、実際には狭くなっていたようにも感じました。

ネックは気持ちグースが入っていたような感じかな。この辺は先代同様に感じましたが、ボディは見た目的によりファットになっていたように見えましたね。

構えてみるとこんな感じ。先代よりも気持ちコンパクトな見た目に加え、トップブレードがかなり薄めになっていたので、なんか背筋がピッとするようなオーラを感じました。

今回試打したのは、USTマミヤ製カーボンシャフト「RECOIL 460 ES」F3(R相当)フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ62.5度、長さ37.5インチ、総重量375.2g、バランスD0.5。シャフトスペックは、重量64g、トルク4.8、キックポイントは不明です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでした。でも、グリップはやや太めに感じました。まあ、T島さんの私物なので、この辺はT島さんの好みでしょうけど。このシャフトも初めて打ちますが、手でしならせてみると思った以上にしっかり感があって、中間がしなるイメージでした。素振りしてみると、結構シャープに振れる印象で、振り感はかなり良い感じでした。

実際に打ってみると、まず打感がかなり気持ち良くなっていました。先代試打時は唯一無二と書いていますが、同時に今まで経験したことのない複雑な感じとも書いていました。でも、「PXG0311P」は中空構造とは思えないマイルドさで、ちょっとビックリでした。中空アイアンだと言われなければ、気付かないほどのマイルドさでした。テーラーメイド「P790」、PING「G700」と中空アイアンもかなりマイルドな打感のものが増えていますが、この3モデルの中では最も軟鉄鍛造に近いフィーリングだったよう感じました。また、あくまでもレンジで打った限りでは、ちょっとバンス感が気になりました。おそらく芝から打つ分にはかなり打ちやすいモデルになっていると思いますが、レンジ試打ではかなりバンスが効いている感じでしたね。見た目はシビアになっていますが、よりミスヒットの寛容性、特にダフリに強いモデルに見直されているのかもしれませんね。

スカイトラックデータの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.4m/s、初速53.3m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量4924.4rpm、サイドスピン-1119.1rpm、飛距離177.2y
【ベスト】
HS40.1m/s、初速53.7m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量4926.0rpm、サイドスピン-1072.0rpm、飛距離178.6y

打感はマイルド。前述通り、中空アイアンと言われなければ、軟鉄鍛造アイアンかなと間違ってもおかしくないほどのマイルドさでした。音はサスティン短めな「チッ!!」と小気味の良い弾き系の音でしたが、それでも打感がマイルドなのは不思議でしたわ~!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道。打ち出し角は、先代試打時のトラックマンデータとほぼ変わりませんでした。スカイトラックデータのスピン量は先代トラックマン試打時に比較すると1000rpmほど増えていますが、先代はスチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」だったので、これはシャフトとの相性かもしれませんね。そこまでスピン量多めの弾道には、見えませんでした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系でした。先代は打ち出し方向がほぼストレートでしたが、今回はドロー系。前述通りシャフトとの相性もあるかもしれませんが、ヘッド自体もトゥ・ヒール方向にコンパクトになっているので、その辺の影響もあるかもしれませんね。

シャフト挙動ですが、ボクの感覚では先中か先調子系の動きに感じました。手元にしっかり感があるからかもしれませんが、バランスのわりには気持ちヘッドが動くような感じもありましたね。とはいえ、ビュンと走るような動きではなかったので、余計な動きには感じませんでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックHS40~42m/sあたりにおすすめかな。先代に比較するとかなりつかまりが良く、操作性を意識したモデルになっているようにも感じましたが、その分ミスヒットの寛容性も意識したモデルになっているように感じました。個人的にアイアンにはあまりバンスが聞いていないモデルが好きな方ですが、実際に芝から打つ分には手前から入ってもクラブがカバーしてくれそうですね。そういう意味では、より実戦的なアイアンになっているのかなと感じました。

<PXG「PXG0311P」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:8.5▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=軟鉄=8620(S20C)+COR2、フェース=HT1770