どーもです。

ボクの地元、群馬県太田市にある太田双葉カントリークラブのラウンドレポート後編です。前半はドライバー&パットは今ひとつでしたが、アイアンは良い感じでなんとか「40」で上がることできました。しかし、同級生でもある同伴者の話を聞く限り、ここは気を抜けないコースのようです。というわけで、後半も気を引き締めて・・・といきたいところですが、思わぬハプニングにやられました。一体何が・・・!? 

その前にまずはランチですが、メンバーさんのおすすめメニュー「棒餃子定食」をチョイス!!

まあ、いわゆる餃子定食ですねw これは間違いないですわ!! ボク的には「とろろ」が美味!

ランチしながら昔話に話が咲きましたが、どうやら小学校3年生の時の遠足で、太田双葉CCに来ているようです。「フェアウエーで弁当を食べたろう!!」と言われましたが、全く覚えていません(汗) 担任の先生の名前もほぼ思い出せず、一堂からは「切れた時に全部忘れたんじゃね~の」と突っ込まれたのでした。

後半は天王コースですが、1番は377yミドル。

打ち下ろしの左ドッグレッグでした。ティショットは試打クラブで投入したフォーティーン「CF218」3Wでしたが、狙い通りに打ち出せたけどややドロー強め。行ってみるとバンカーでした。

残り95y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)でこれまたフォーティーンの試打クラブ「FHフォージドV1」52度ウエッジショットでしたが、ダフって出ただけ。残り71y52度ショットは、乗ったけどピン手前8y。2パットでボギー。

2番は283yミドル。

途中から打ち下ろしですが、ティグランドからグリーンは視認できません。ちなみにこんな感じで、ティグランドには「1オン狙い禁止」の看板もありました。

#5ティショットはガッツリ芯を食って良い感じで、あわやバンカーイン!!

残り24y52度寄せは、バンカー越えを意識し過ぎの打ちすぎで、ピンを8yオーバー。でも、2パットで無事パーセーブ。

3番は372yミドル。

左右OBですがストレートで素直なレイアウト。「CF218」3Wティショットでしたが、なぜかトゥの先っぽに当たるミスショットで右OB。ここは前進ティ使用で残り96y。52度ショットを擦ってしまい、グリーン右手前。ピンまで12y52度寄せはわずかに1yショート。このパットをクルンさせてしまい、2パットでトリプルボギー。

4番は363y、左ドッグレッグのミドル。

ここも「CF218」3Wでしたが、構えた時、右目に違和感を覚えました。「あれ!?」と思ったのですが、そのまま打つと、逆球のスライス!! でも、右ラフでセーフ。残り122yPWショットは、グリーン右ラフ。右目の痛みが徐々に強くなる状態で、ピンまで12y52度寄せは、空振り寸前のショットでした。幸いにして乗ったけど8y残してしまいました。なんとか2パットでボギー。

5番は163yショート。

この日はティグランドが前で142yですが、ピンが奥で#8を選択。徐々に右目の視界がぼやけていきました。そんな中で放ったショットは、ピン手前4yにオン。バーディチャンスですが、いかんせん右目が曇って、距離感をつかめません。そこで、右目を閉じて左目だけのパットでしたが、70cmくらいショート。パーパットも左目だけのパットでしたが、押し出してしまい3パットのボギー。

6番は490yロング。

軽く右ドッグレッグですが、この見え方はどこに打ったらいいのか分かりません。しかも、右目はぼやけたまま。コンタクトかと思って1度外して目薬を入れましたが、それでもぼやけたままでした。そんな状況での「クロト」ティショットはドスライスでOB。ここも前進ティを使用しました。

4打目は残り250y。「もう1度クロトで・・・」と一瞬よぎりましたが、ここはグッとこらえて、#7で100y残しを意識して刻み。結果は残り96y。52度ショットをピン右4yに着けましたが、左目だけのパッティングで、結局3パットのトリプルボギー(涙)

7番は175yショート。

ティショットを打つ前に、再度コンタクトレンズを1度外して、目薬でコンタクトを洗って装着。それでもまだ若干ぼやけて見える状態でした。

この日は、前のティグランド使用で158y。しかも打ち下ろしなので#9を選択。右目がぼやけて見えるので、両目で見るとボールとの距離感が今ひとつつかめません。このティショットも左目だけでボールを見てのショットでしたが、完全にプッシュアウトで右バンカーよりもさらに右。ピンまで21yバンカー越え52度寄せは、トップでグリーンオーバー。ピンまで16y52度寄せはなんとか当たったけど、ピンを3yオーバー。2パットで素ダボ(涙)

8番は358y、左ドッグレッグのミドル。

再度コンタクトを外して目薬で洗浄し、再装着。程なくして、なんとか右目の視界が復活しました。ということで、なんとか踏ん張りたいティショットには、「CF218」3Wを選択。これは完璧な当たりで、FWセンターキープ。

残り76y52度ショットはピン奥4yにオン。1stパットがあとひと転がり足りませんでしたが、タップインのパーセーブ。

9番は489yロング。

打ち下ろしから打ち上げで、右ドッグレッグというロケーションでした。視界良好となった「クロト」ティショットは、当たりは良かったけど右ラフ。

残り221yは打ち上げもみて#9で刻み、無事FWキープ。残り92y52度ショットはグリーン左カラー。ピンまで8y、上りスライスはパターで入れにいきましたが、1筋ずれていましたね。でも、返しを沈めて、1パットのパーセーブ。

コンタクトレンズのトラブルで右目がぼやけるという想定外のアクシデントながらも、なんとか耐えて後半は11オーバー「47」で、パットは19パットでした。トータル「87」の37パットは、アクシデントを考えれば「良く耐えたな!」と自画自賛しておきましょう(笑)

地元には高校時代までしかいませんでしたが、ゴルフを始めてからもこの太田双葉CCはなかなかプレーする機会がありませんでした。今回、同級生の1人がメンバーということで、ラウンドを仕切ってくれました。この場を借りて感謝します。そんな太田双葉CCの印象ですが、まあ、山岳コースですね!! 今回御所之入、天王コースでした、どちらもアップダウンが激しく、ドッグレッグも多いです。しかも、左右OBというロケーションも多いので、スコアを出すにはコースマネージメントが必要だと思います。特に御所之入コースは、もはやトリッキーという言葉がピッタリで、より正確なショットが求められると思います。天王コースのほうがまだ広くて穏やかな印象でしたが、まあ、ボクは玉砕しましたからね・・・w

ホールアウト後に同級生一堂から「右目、大丈夫か!?」と言われトイレで鏡を見ると、完全に充血していました。痛みもあったので、「医者に行かなきゃ!!」と思いましたが、結局行けていません。

老眼もあり、遠近両用コンタクトに変えてからこんな調子なので、普段は眼鏡で過ごしていますが、コンタクトのせいなのか? それとも目のせいなのか? いずれにせよ、1度医者に診てもらったほうが良さそうですね。

まだ飲めませんが、一堂が飲むということで、ウーロン茶で出席。運転手になりましたが、リフレッシュの1日となりました!!

そうそう、実戦投入したフォーティーン「CF218」3W、「FHフォージドV1」52度ウッジのレポもしておきましょう。

まずは「CF218」3Wです。
今回のラウンドではティショットのみの使用でしたが、まあ、かなりいい手応えでした。天王コースのスタートホールではドローでバンカー入れてしまいましたが、基本的にはかなり直進性が高いモデルだと思います。使用ホールの平均飛距離は235.75y(ガーミン「アプローチS60」による実測距離」)。最も飛んだのは、その天王コース1番で、打ち下ろしのロケーションで246yでした。

続いて、「FHフォージドV1」52度ウエッジ。

これはもう文句なしでしたね!! 「MT」「RM」シリーズに比較するとやや扱いやすくなっているような印象で、しかもスピンはしっかりかかってくれます。100yあたりのフルショットからアプローチまで、ある程度安心感をもって打てるイメージを持たせてくれるのもいいですね。ボクの腕によるミスはともかく、そんなミスもカバーしてくれる度量の広さを持ち合わせたウエッジだと思います。今エースでもあるラズルダズルも文句なしですが、なんか、悩ましいかも・・・w