どーもです。

今日紹介するのは、ミズノのニューモデル「GX」シリーズのFWです。デュアルウエート設計ということで、かなり低深重心を意識したモデルを想像させますね。果たして、その実力やいかに!? ボクなりのレポートをしてみたいと思いますので、早速いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインは、ドライバーをそのまま小振りにした感じでした。フェース下部後部のミゾもしっかり存在感を示していますね!

フェースはシャローですが、形状的に中央部のふくらみが特徴的なので、セミディープにも感じますね。

ボディはシャロー気味かつ、後方に長めのストレッチバック形状でした。低深重心をイメージさせるボディ形状になっていました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめですが、ネック側が若干絞ってありましたね。このFWも、若干フックフェースだったように感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「MFUSION F」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59.5度、長さ43インチ、総重量307g、バランスD1。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク4.2、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めで、グリップも細め。まあ、ドライバーの重さを考えれば、FWがこうなるのは想像の範疇ですけどね。シャフトを手でしならせてみると、ドライバーよりも長さが短いからか、しっかり感がありましたね。素振りしてみると、かなりシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、これまたドライバー同様メッチャ大きな弾道でした。これ、結構魅力的ですね!! でも、若干気になったのは、ドライバーに対してややつかまり方が違うこと。ドライバーよりもオートマチックにつかまるというか、若干フックフェースの影響なのかもしれませんが、ドライバーよりもつかまりがいいように感じました。その分、インサイドアウトでフェースが返らないように意識して打つ必要がありました。この辺のイメージの違いと、ドライバーと同じ感覚で打つと、ややバックスピン量が多めだったのも気になったところかな。ティアップして打つよりも、実は直打ちで実力を発揮するモデルだったりして!?

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.6m/s、初速65.8m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量4127.4rpm、サイドスピン-707.2rpm、飛距離238.5y
【ベスト】
HS45.7m/s、初速66.0m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4151.4rpm、サイドスピン-356.7rpm、飛距離241.2y

打感は、弾き系かな。カッチリ感があって、やや硬めなイメージもありましたね。音は「チッ!」とサスティンが短めで小気味のいい音でしたが、やや甲高い打音の影響も小さくは無いかもしれません。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、これまたドライバー同様、文句なしの高弾道でした。見た目ではそれほど感じませんでしたが、スカイトラックで確認する限り、バックスピン量がやや多めでしたね。決して打ち込む意識があったわけではありませんが、いつもの感覚で打ってこのスピン量は、シャフトとの相性かもしれませんね。

出球傾向は、ボクのスイングでやや強めのドロー系でした。前述通りドライバーよりもオートマチックにつかまるイメージで、インサイドアウトにヘッドを右前に放り出すイメージで、動画のようなストレートボールでした。かなり、つかまりがいいモデルだと思います。でも、ドライバーとの性格の違いが若干気になったかな。

シャフト挙動ですが、ドライバーに比較するとやや手元にしっかり感がある感じで、その分気持ち先が動く感じがあったかな。個人的には、この動きがつかまりはもちろん、バックスピン量の多さにもつながっているとも思っています。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりのおすすめですね。ドライバーはスイングタイプを選ばないフトコロの深さがあったと思いますが、このFWはちょっと性格が違って、かなりオートマチックにつかまるモデルになっていると思いました。そういう意味では、スインガータイプのフェードもしくはスライサー向けの性格がより強くなったモデルだと思います。個人的にはシャフトとの相性を疑っていますが、「もうちょっとだけ先端剛性がの高いシャフトならば・・・」と思ってしまいました。そう感じてしまったのはボクだけでしょうか? 試打する機会があれば、みなさんの感想をお聞きしたいモデルでした。

<ミズノ「GX」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(SUS630)、フェース=高強度マレージングステンレススチール(NSSHT1770M)、フェース部ウエート=ステンレススチール(SUS303)、バック部ウエート=EFバッジ
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「M FUSION F」(S=52g/4.2、SR=47g/5.0、R=42g/5.8/中調子)
■価格:オープン価格