どーもです。

茨城・坂東ゴルフクラブで開催された、元PGA会長森静雄氏主催コンペのラウンドレポート後編です。前半は全く良いところ無しの12オーバー「48」で17パット。スコア以上に、内容にメンタルをやられた感じで、「ラウンドレポート、やめようかな・・・」なんて思っていました。でも、これもゴルフです。笑ってやってください・・・

意気消沈のランチは、おすすめの「トンテキ定食」。

かなりボリューミーでしたが、ペロリでした。味付けが濃かったのは覚えていますが、味自体を覚えていません。完全に、メンタルをやられていたようです。

時間があったので、後半スタート前にアプ練をしました。でも、練習では普通に打てるんです。ダフリません。となると、これはもう、メンタルの問題ですよね・・・。メンタル、弱いな・・・(涙)

後半は、ボールを「VIVID LITE」投入でした。

1番は483y、やや左まわりのロング。

左OBなので、この日の状態で「クロト」を持つのは「ヤバイ!」と判断し、ティショットはX HOT 3Wをチョイス。でしたが、これがテンプラ(涙) #7で1度FWに出しました。

残り248y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)はヤケクソ気味で再度X HOT 3Wショット。これが良い感じで、グリーン手前の花道!! ピンまで17yは#9で転がしましたが、これを見た同伴者から「そんなに怖いのか!!」と揶揄されるほどでした。結果ピン手前3yでしたが、2パットでボギー。

2番は323y左ドッグレッグのミドル。

X HOT 3Wティショットは無事FWキープ。

残り69y52度ショットはグリーンオーバー。ピンまで13yは#9で転がしてピン手前4y。やっと1パットで沈めて、パーセーブ。

3番は広めの363yミドル。

ここもティショットはX HOT 3Wで、無事FWキープ。残り128yPWショットは、グリーン左。ピンまで10yは、#9で転がし。ピン手前4yは、2パットでボギー。

4番は160yショート。

#7でティショットでしたが、打ち込んだら吹け上がってしまいショート。残り28yは転がせる状況では無かったので52度でしたが、はい、ダフリました。ピンまで6yを#9転がしがピンに絡んで、1パットのボギー。

5番は287y、左に90度曲がるミドル。

ロマロUTティショットは、FWキープ。

残り67y58度ショットは、グリーンオーバー。ピンまで6yでしたが、ラフにガッツリ沈んでいたので58度をチョイスしましたが、はい、ダフリました。ピンまで4yはパター寄せ。3yオーバーでしたが、返しを沈めて、なんとかボギー。

6番はストレートの378yミドル。

ここで「クロト」を手にしましたが、結果は

右隣ホールのFWを越えたラフ!!

右に、左に…。涙もんです。残り140yですが、不幸中の幸いだったのは狙えたこと。#9ショットはやや左でしたが、グリーン左手前をオーバー。ピンまで6y#9転がしはピン手前7y。2パットでボギー。

7番は左ドッグレッグの333yミドル。

X HOT 3Wティショットは、無事FWキープ。残り102y52度ショットはプッシュアウトでグリーン右。ピンまで16yラフから52度寄せは、もはやお約束のダフリです。ピンまで8y#9転がしはピンを2yオーバー。なんとか、これを沈めて1パットでボギー。

8番は456yロング。

「クロト」ティショットでしたが、ついに、ドライバーまでワンタッチショットでした。FWキープは結果オーライですが、ここはポジティブにいきましょう!

残り200yは前の木が邪魔ですが、#5フック狙いで「あわよくば」を期待しましたが、まあ、この流れでは、ですよね。いつも意識しなくても曲がるショットですが、意識すると曲がらず、ほぼストレートでした。残り42y52度はピンを10yオーバー。3パットでボギー。

9番は165yショート。

表示は150y。#8ティショットはプッシュアウト気味で、グリーン右バンカー方向でしたが、バンカーを越えました。ピンまで11y#9転がしは、ピン手前6y。2パットのボギーで、幕を閉じました。

こんな感じで、終始グダグダ感の強いラウンドになってしまいました。後半は8オーバー「44」で15パットでした。トータル「92」の33パットは、またもや90オーバーです。しかし、いつも90オーバーよりも、内容が酷かったです。重傷なのは、52度アプローチ。練習ではほぼダフリませんが、実際のラウンドになると、今回は100%ダフリました。これはヤバイですぜぇ~!! 時間が無いのを言い訳にしていましたが、これはもう家で毎日10分でもいいから、パターマットでのアプ練をしないとマズイかもです。このミスの連続がバッドイメージにならないように、「ボクはできるんだ!!」イメージを作るためには、練習しかないですよね!

坂東GCの印象ですが、フラットで広大な敷地面を贅沢にレイアウトしたコースの印象でした。基本的にワイドなレイアウトですが、いわゆる林間コースなので、曲げるとボクのようにトラブルになります。青ティでも距離は短めなので、距離は捨ててショットの正確性を意識すればスコアは出せるコースだと思います。まあ、ボクは自滅しましたけど・・・(汗)

圏央道坂東IC開通に伴い、新東京GCから名称変更したようですが、とにかく都心からのアクセスは抜群ですね。芝から打てるアプローチ練習場も広いので、ボク的にはそのためだけに行ってもいいくらいです(笑)

コンペ的には60人中30位。飛び賞で、DOCUSのアンブレラをゲットしましたw そして、この数日後、ゴルフショップに駆け込んでマットを購入し、自宅室内でソファーに向かってアプローチ練習を始めたのでした。