どーもです。

キャロウェイ「ローグ」シリーズの追加モデルで、限定販売モデルの「ローグ サブゼロ」FWを試打できました。ツアープロの間で評判の高いモデルのようですが、果たしてボクでも打てるのでしょうか。問題は、そこですねw ボクなりの感想でレポしたいと思いますので、早速いってみましょう。

まずは、見た目から。

フェースの後部にウエートが確認できますね。これは、浅重心を意識したモデルだと想像できます。当然ですが「ローグ」シリーズのFWですがから、フェースに2本のバーを設けた「ジェイルブレイクテクノジー」が採用されています。

フェースはシャロー気味にも見えますが、トップラインにふくらみがあるので、セミディープにも感じる形状になっていました。

ボディは、意外にもシャロー気味でしたね。想像以上にストレッチバックで、これにはちょっと驚きました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積自体はやや小振りで、気持ち三角形を意識させるような形状になっていました。

今回試打したのは、グラファイトデザイン社製「ツアーAD F-65」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角55度、長さ43インチ、総重量331g、バランスD3。ヘッド体積167cm3。シャフトスペックは、重量68g、トルク3.3、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずで、ボクにはいい感じ。グリップも、ボクにはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、さすがにしなり感は少なめでしたが、それでも1番しなっていたのは中間でしたね。素振りしてみると、結構ヘッドが聞いているわりにはシャープに振り切れるという、不思議な感覚でした。

実際に打ってみると、かなり男前な弾道でしたね。ティアップしての試打ですが、球の上がりはまずまず。グングン前に行く強弾道でした。「ローグ スター サブゼロ」ドライバー試打時にも感じた強弾道ぶりが、このFWでも再現されているような印象でしたね。ドライバーはオリジナルシャフトでの試打でしたが、今回のFWはカスタムシャフト。その影響か、いつもの感覚で振っても、かなりの強弾道イメージでした。見た目的にもスピン量少なめで、前にいくイメージでしたが、スカイトラックで確認してみると、意外としっかり確保されていたのには、ビックリでした。誰でも使えるという感じではありませんでしたが、ボクレベルのヒッタータイプでも使えそうに思わせてくれる何かは、確実にありました!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこんな感じ。

【3球平均】
HS45.4m/s、初速65.5m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3348.2rpm、サイドスピン-386.0rpm、飛距離249.1y
【ベスト】
HS45.9m/s、初速66.2m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2815.3rpm、サイドスピン-487.4rpm、飛距離257.3y

打感は、ソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が、いい感じに混ざった感じでしたね。音は、やや低めに感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道でした。「サブゼロ」は「エピック」の印象がすり込まれているのか、ボクにはハードなイメージがあります。しかし、「ローグ」シリーズの「サブゼロ」は、ドライバーでもそうでしたが、そのイメージを変えてくれるようなモデルでした。今回、オリジナルシャフトを試打できていませんが、カスタムシャフトで、ボクでも打てそうなイメージを持たせてくれるのは、かなり好印象です!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。でも、スイング次第でフェードも打てそうなイメージで、実際に打てました。操作性が高いモデルに感じました。

シャフト挙動ですが、ニュートラルにしなるイメージでしたね。ヘッド重量を感じやすいモデルで、切り返しで力まなければ、シャープに振り切れるモデルだと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/s以上はほしいかなという印象でした。誰でも打てるモデルには感じませんでしたが、この重量をしっかり振り切れるのが最低限に使用条件だと思います。ヒッタータイプが、プロ並みの強弾道を味わえるモデルに感じましたが、それ故に、限定販売モデルなのではないか、とも感じました。でも、ボクレベルでも、ティアップしてなら使えそうなイメージを持たせてくれるクラブでした。何球か直打ちも試打しましたが、弾丸ライナー系の弾道を味わえるモデルでした。これだけ飛ぶなら、ドライバーの代わりに使えそうなモデルかもしれませんね!

<キャロウェイ「ローグ サブゼロ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=カーペンター455スチール、クラウン=トライアクシャル・カーボン
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW50」(S=54g/5.9/先中調子)。「ツアーAD F-65」(S=68g/3.3/中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for CW50」装着モデル1本4 万8000円+税。「ツアーAD F65」装着モデル1本5万6000円+税。