どーもです。

ゴルフパートナーのプライベートブランド「NEXGEN6」シリーズを試打できました。今回の試打は、この4月から「ゴルフ体験主義」でコラムをスタートした筒康博氏が、同社のゴルフ大学院&イベント講師を務めていることから実現しました。この場を借りて、御礼申し上げます! なんでもこのクラブ、シャフトありきで開発されたシリーズのようです。そのシャフトはすべてワンフレックス!! なかなか興味深いモデルですが、一体どんなクラブなのでしょうか。まずはドライバーからいってみましょう。

まずは、見た目から。

ソールデザイン的には、差し色の赤がアクセントになっていて、個人的には好きなデザインです。ソールのフェース後部とネック側にウエートが装着されていますね。ネック側はつかまりを意識したものでしょうが、フェース後部のウエートは浅重心を意識させるポジションだったのは、意外でした。

フェースは、ディープだと思います。ソールのトゥ側に厚みがある、結構特殊な形状に感じました。

ボディは、セミディープかな。クラウンがこんもりした感じでしたが、ややストレッチバックも意識した形状に感じました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面記は、まずまず大きめだと思います。形状的には、見事な丸型ですね!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「E.I.F」装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60.5度、長さ45.5インチ、総重量273g、バランスD3.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク6.0、超手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まずは持ってみた感覚ですが、総重量的には結構軽め。グリップも細めでした。シャフトを手でしならせてみると、「ここがしなるの!?」ってくらい手元位置がしなっていました。レンジ試打時には極力先入観を入れないために、カタログ等はみませんが、試打後にHPで確認すると「超手元調子」をうたっていました。「なるほど~!」と実感できました。素振りしてみると、ヘッド重量を感じやすいイメージでした。

実際に打ってみると、このスペックにしてはなかなかスピン量も少なめ(というか適量なんですけど!!)で男前な弾道でしたね。「NEXGEN」シリーズはドラコンドライバーのイメージがありますが、その思想の一端をこの「NEXGEN6」でも感じられたように思います。とはいえ、フッカーのボクが打つと、さすがにつかまりすぎのイメージはありました。ボクのスイングで普通に振ると、打ち出しから左で、そこからさらに左に曲がってしまいました。かなりつかまりがいいモデルのイメージでしたね。ボク的には、インサイドアウトスイングを意識して、右前にヘッドを放り出すイメージで、軽いドロー系の弾道が得られました。シャフトありきで開発されたモデルのようですが、たしかに切り返しでの手元のタメ感がなんとも言えない感覚で、これならダウンスイングからインパクトにかけて、いわゆるシャフトの「逆しなり」を使えそうですね! このスペックでスピン量が適量だったのは、実はこの効果なんじゃないかって、そう感じました。

スカイトラックのデータはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.3m/s、初速67.5m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2906.8rpm、サイドスピン-458.0rpm、飛距離263.5y
【ベスト】
HS46.9m/s、初速68.7m/s、打ち出し角14.6度、バックスピン量2782.8rpm、サイドスピン-647.4rpm、飛距離266.5y

打感は、弾き系でした。でも、いい感じにフェースにボールが乗っている感もあって、個人的には嫌いじゃないフィーリングでした。音は、やや高めだったかな。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、結構高弾道でしたね。この動画弾道はやや高さを抑えようという意識が働いて横振りを意識したスイングの弾道ですが、それでもこの高さですからね。若干スピン量は増えていますが、それでも弾道を見る限りでは、かなりの強弾道でした。

出球傾向は、ボクのスイングでやや強めのドローでした。結構つかまりは良いイメージでしたね。

シャフト挙動ですが、切り返しでかなり手元に近いところが大きくしなって、シャフトがタメを作ってくれるイメージでした。「超手元調子」の名前通りでした!! シャフトフレックスはワンフレックスのみですが、実際に打ってみると、それにも納得でした。ボクは結構手元のしなり感に敏感なタイプだと思いますが、これだけ軽量モデルでグリップの先あたりがしなる印象でも、その先が硬めなのか、この重量でもキッチリ振っていけました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでおそらくHS的にドンピシャなのは40~43m/sあたりだと思いますが、上下プラスマイナス2m/sあたりまでは普通に使えそうなイメージでしたね。スイングでタメが作れるタイプには不要かもしれませんが、アーリーリリース系でタメが作れないタイプには、究極のお助けクラブかもしれません。そういう意味では、払い打ち系でコックがほどけやすいタイプにおすすめです。正直なところ、コンセプト的には10年間トップを走り続ける某ブランドに似ていますが、クラブ作りのアプローチ方法は全くの別モノ。ここまで極端に作れること対して、まさに脱帽です!! しかも、この価格ですからね! これは、試打してみる価値ありだと思います。

<ゴルフパートナー「NEXGEN6」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「E.F.I」(54g/6.0/超元調子)
■価格:1本4万8000円+税