どーもです。

ゴルフパートナーのプライベートブランド「NEXGEN6」シリーズを試打できました。昨日紹介したドライバーを一言で表すなら、まさに「驚愕」でした。あそこまで手元がしなるシャフトって、これまで経験した記憶をないです。そんな「NEXGEN6」ですが、今日紹介するのはFWです。さて、どんなFWなのでしょうか? 早速、いってみましょう。

まずは、見た目から。

ソールデザインですが、基本的にドライバー同様ですね。ウエートですが、FWはネック側のみとなっていました。

フェースは、これまたディープに感じました。トップラインの中央部がこんもりした、独特な形状ですね。有効打点距離(スイートスッポトからトップまでの距離)が長そうに感じました。

そのわりに、ボディはシャロー気味かな。ドライバー同様、ストレッチバックも意識した形状に感じました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめ。でも形状的には、ドライバーとは全くの別モノ。ネック側が絞られて、やや洋ナシ型を意識させるような形状でした。また、ドライバーに比べると、ややフェースのフック度が強くなっていたようにも感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「E.I.F」装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59.5度、長さ43インチ、総重量310g、バランスD3.7。ヘッド体積160cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク4.0、超手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚から、重量的にはやや軽めで、グリップもやや細めですが、これはドライバーのイメージからすれば、当然でしょうね。シャフトを手でしならせてみると、FW用もグリップの先当たりが1番しなっていましたわ~! これはマジでビックリしますから、ぜひ、1度やってみてください。「こんな所からしなるの!?」と、驚きの体験ができると思います。素振りしてみると、ドライバー同様、結構ヘッドを感じやすいモデルだと思います。

実際に打ってみると、ドライバーよりもガッツリ球が上がります!! ドライバーでは、ボクのスイングでも弾道を抑えられましたが、このFWはなぜか弾道を抑えられませんでした。シャフト的にしなりポイントはドライバーと変わりませんが、ドライバーに比較すると中間かその先あたりがやや柔らかいのか、それともヘッドとのバランスなのかは分かりませんが、とにかく弾道を抑えられず、ドーンと勝手に上がってしまう感じでしたね。まあ、ティアップしての試打なので、直打ちすることを考慮すれば、それにも納得ですけどね! スカイトラック的なスピン量はやや多めですが、弾道の見た目的には、数値ほどでは無かったように感じました。

スカイトラックのデータはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.4m/s、初速65.6m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量3778.4rpm、サイドスピン-506.9rpm、飛距離244.0y
【ベスト】
HS45.9m/s、初速66.2m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量3784.7rpm、サイドスピン-434.4rpm、飛距離246.7y

打感は、弾き系ですね。ドライバーよりもフェースが厚めなのか、柔らかさはドライバー以上でしたが、それでも、ボク的にはまだ弾き系ですかねw 音がやや高めな影響も、あったかもしれませんね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道!! 動画弾道はガッツリ芯を食った感覚で、これはもう文句なしの超高弾道です。スカイトラックデータ的にはスピン量が多めですよね。最近のロースピンモデルに慣れると、「えっ!?」と感じてしまいます。それにしても、やや多めかな・・・!?

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー。クラブのバランスなのか、ドライバーよりもガッツリつかまるイメージで、ドライバーではボクでもコントロールできた部分が、このFWではよりオートマチック性が高いのか、ボクではコントロールできないような感じでした。

シャフト挙動ですが、基本的グリップ先あたりがしなる、超手元調子はドライバー同様ですが、ドライバーに比較すると中間やその先がやややわらかめにも感じました。それがヘッドとの相性なのかは分かりませんが、スピン量が増えていた原因について、ここなんじゃないかと、ボクは感じています。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS的には40~43m/sがスイートゾーンで、プラスマイナス2m/sあたりは十分使えると思います。ただし、ドライバーに比較すると、スイングタイプ的には、よりアーリーリリースタイプに寄ったモデルになっているように感じました。性格的には、よりオートマチック性能が高くなっているように感じましたね。アーリーリリースで、スイングのタメが作れないタイプには、究極のお助けクラブなんじゃないかというのが、ボクの結論でした。

<ゴルフパートナー「NEXGEN6」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=450スチール、フェース=455スチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「E.F.I」(59g/4.0/超元調子)
■価格:各1本2万4000円+税