どーもです。

今日はムジーク「オンザスクリュー ディープコンパクト」(以下DC)ドライバーを紹介しましょう。このDCドライバーはその名の通り、かなりのディープボディです。ちょっと前に紹介したマグレガーゴルフのドライバーにダブる印象でしたが、実際に打ってみると、それはもう、かなりハードでした! ボクでは太刀打ちできないイメージもありましたが、正直にレポしたいと思います。早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、中央部にドーンと構えるボールのようなウエートが目を引きますね。また、トゥ・ヒールにはそれぞれ2つづ2g、8gの可変式ウエートが装着されています。

フェースは、超ディープ!! まさにその名の通りですが、ここまでディープだと、ちょっとビビリますよねw 冒頭触れましたが、月初に紹介したマグレガーゴルフもこんな感じでしたが、果たしてその違いは・・・

ボディは、当然ですが、超ディープ!! 最近、見なくなった形状ですよね!

後ろ姿も、ディープ!!

構えてみると、こんな感じでした。クラウンの投影面積は、最近の大型ヘッドに比べると小さめですが、まあ、構えてみた感じでは、「ん~、打てるのかな!?」なんてシビアさを感じるほどでは無かったですね。

今回試打したのは、ムジーク社製カーボンシャフト「ドゥガッティ ゼネレーションTi5-BLUE」SX装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角60度、長さ45.125インチ、総重量313.3g、バランスD2。ヘッド体積428cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク3.8、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずかな。グリップもいい感じの太さでした。シャフトですが、このシャフト、手でしならせたくらいではビクともしません!! まあ、それも言い過ぎかもしれませんが、かなり硬めに感じました。しなっていたのは中間よりも手元側でした。素振りしてみると、ヘッド重量よりも、シャフト重量を感じるという、不思議な感覚でした。

実際に打ってみると、やはり、ハードです!! この見た目ですから、ある程度の覚悟を持っての試打でしたが、ボクの想像以上のハードさでした。何がハードって、もう、シャフトの一言に尽きますね!! このシャフトのSXは、ボクにはオーバースペックでした。このマッチングだと、まず球が上がりきらない感じでしたね。もちろん、それも覚悟していましたが、ボクの想像以上の弾丸ライナーでした。でも、打感はかなりソフトでした。ここ最近試打したモデルの中では、1番柔らかいと宣言できます。音がやや低めなことも影響しているかもしれませんが、まあ、とにかく柔らかめ。これだけフェースの乗り感がありながら、スピン量が適量というのは、シャフトを1~2フッレクス下げたら、とんでもない弾道になるかも・・・なんて、想像してしまいました。

スカイトラックデータの弾道データはこちらで、

その各球データはこんな感じ。

【3球平均】
HS45.8m/s、初速66.5m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2692.5rpm、サイドスピン-125.6rpm、飛距離257.6y
【ベスト】
HS46.1m/s、初速67.7m/s、打ち出し角13.4度、バックスピン量2602.0rpm、サイドスピン-298.7rpm、飛距離260.5y

打感は、前述通りの超ソフト!! ここ1~2年で試打した中では1番のソフトフィーリング! 音は、やや低めでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、中弾道ですかね! シャフト、SXの影響が大きいと思います。このボディにオーバースペックのシャフトですから、この弾道になるのも致し方ないですね。でも、かなりの強弾道だったのも事実。SもしくはSRフレックスで打ってみたいかも!

出球傾向は、ボクのスイングで、ほぼストレートから軽いフェード系。ハードヒッターが左を気にせず、たたいていけるモデルだと思います。

シャフト挙動ですが、それほどしなりを感じませんでしたが、ボク的には切り返しで手元が若干しなっていたように感じました。ボクの場合、プッシュアウト傾向がありますが、その傾向がガッツリ出た結果になっていたと思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS46~47m/sは欲しいかな。最低でも、普通に振って45m/sで振れるくらいじゃないと、使いこなせないかもしれません。その上でヒッタータイプ限定モデルの印象でした。ここ最近のオートマチック系モデルに慣れると、ちょっと面食らう感じの1本です。その辺を意識したモデル、なのかもしれませんね。でも、こういうクラブ、嫌いじゃないっす!! 今回はシャフトに負けたと思っていますが、Sフレックスで再挑戦したいですわ~!

<ムジーク「オンザスクリュー ディープコンパクト」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:7▽操作性:9▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、フェース=DAT51チタン
■価格:オープン価格(ヘッド単体販売)