どーもです。

連日紹介してきたムジークですが、クラブは今日紹介する「オンザスクリューDF」FWで一区切りとなります。昨日のドライバーにはかなり敗北感が漂いましたが、このFWはどうなんでしょうか。というわけで、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールのボールのようなデザインがあるのは、ムジークの特徴ですが、このFW、ソールがプレートになっていました。そのままウエートになっていて、低重心化を実現していると思います。

フェースはセミディープですね。でも、形状的にはごくごくノーマルに感じました。

ボディはセミディープで、ディープバック形状でした。フェース下部ソールのスリットも特徴的ですね。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。洋ナシ型をイメージさせるクラウンですね。投影面積は、やや小さめかな。

今回試打したのは、ムジーク社製カーボンシャフト「ドゥガッティ ゼネレーション Ti4 FW」Sフレックス装着モデルの3W。スペックはロフト角16度、ライ角57度、長さ43.5インチ、総重量322.0g、バランスD1.5。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.3、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じ。グリップもいい感じの太さでした。シャフトですが、FWのシャフトSフレックスでしたが、FW用のSだからか、これも手でしならせる程度では、ほとんどしなりません。そんな感じですが1番しなっていたのでは、中間よりもやや手元側だったかな。素振りしてみると、ん~、なんか棒を振っているようなイメージでしなり感はほぼ感じませんでした。

実際に打ってみると、やはりハード気味ですね。昨日紹介したドライバーに比較すれば、球は上がりやすいと思います。でも、味付け的には、ヒッター向けですかね。最初の数球は、球をつかまえられず、プッシュアウトからのスライスを連発。決して、コスっていた感覚は無かったけど、データを見る限りはコスっていたのかもしれません。むしろ「つかまえにいっていいんだ!」と意識してからは、イメージ通りの球を打てましたが、油断するとプッシュアウトスライスが出てしまいますね。ヘッドにはそれほど難しいイメージはありませんが、いかんせんシャフトがハード気味。昨日のシャフトもそうですが、このシリーズのシャフトは、結構ハードな味付けに感じました。

スカイトラックデータの弾道データはこちらで、

その各球データはこんな感じ。

【3球平均】
HS45.4m/s、初速65.5m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量3170.3rpm、サイドスピン-47.8rpm、飛距離249.5y
【ベスト】
HS44.9m/s、初速64.9m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量2637.90rpm、サイドスピン-734.1rpm、飛距離251.2y

打感は、マイルド系かな。昨日のドライバーほどではないけど、かなりマイルドで、ボールのつぶれ感を存分に感じる、分厚いインパクトが特徴だと思います。音は、ドライバー同様、やや低めでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、高弾道。ティアップして打つ分には、十分に球は上がりました。分厚い打感のわりにはスピン量も少なめですね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系ですが、油断するといろんな球がでます。もちろん、逆球もでます。そういう意味では、かなり操作性が高いのかもしれません。

シャフト挙動ですが、前述通り、結構ハード!! 切り返しで気持ち中間から手元にかけたがしなるような感覚でしたが、ハッキリいってしなりはそれほど感じません。それこそ、表現が悪いかもしれませんが、鉄の棒を振っているような感覚でした。最近、軽量で硬めのいわゆる「カルカタ」が流行っていますが、分類的には、このシャフトもそこに入るとは思います、でも、その硬さは世間一般との比ではないような感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで、最低でもHS45m/sはほしい感じですかね。一生懸命振って45m/sではなく、普通に振って45m/sという感じでした。そんなハードヒッターが、左を気にせずたたけるモデルのように感じました。ボク的には、シャフトフレックスをもう1段階下げたSRのほうが、ヘッド性格を味わえそうに感じました。そう考えると、このFWも、シャフトの負けたって感じなのかな・・・w

<ムジーク「オンザスクリューDF」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:8▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、フェース=DAT51チタン、ソール=430ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=17度、5W=19度、7W=21度
■価格:オープン価格(ヘッド単体販売)