どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE CB501フォージド」アイアン(以下CB501)を試打できました。こちらは、「EZONE CB301フォージド」アイアン(以下CB301)をより打ちやすくしたようなアイアンかと思いますが、果たしてその通りなのでしょうか。その辺をレポしたいと思います。では、さっそくいってみましょう!

まずは見た目から。

構造的にですが、CB301同様のコンポジットアイアンですね。でも、CB501はCB301よりも気持ちサイズが大きく、トゥも立ったような形状になっていました。

フェースは、セミラージ。CB301よりもややトゥが立ったように見えました。

ソール幅は、CB301とほぼ同じだと思います。ただし、CB501はリーディングエッジがしっかり削られているので、突っかかり防止を意識したモデルだと思います。

ネックは、ほぼストレート。CB301よりも、ソール下部の厚みが確保されていました。これは、より低深重心を意識した結果で、ここからもCB301よりは打ちやすさを追求したモデルということが、推測できます。

構えてみると、こんな感じ。CB301同様、やや難しそうな顔つきですが、トゥが立って見える分、つかまりは良さそうにも見えますね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角61.5度、長さ37インチ、総重量422.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めですが、グリップの太さは、ボクには良い感じでした。素振りしてみると、まぁ、振り感的にはシャープに振れる感覚でした。

実際に打ってみると、やはりCB301よりは打ちやすいと思います。まず、より低深重心になっているので、CB501は打点の寛容性は高くなっていると感じました。「多少芯を外しても、クラブが仕事をしてくれる感じ」と言う表現が、まさにピッタリだと思います。それでいて、芯を外した打感はしっかり感じられるので、中上級者にオススメのクラブかと感じました。CB301の#7でロフト角34度に対して、このCB501は32度とやや立っていますが、それでも165yあたりをしっかり打てるなら、ボク的にはイメージ通りかな。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.8m/s、初速52.2m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量5547.6rpm、サイドスピン-690.7rpm、飛距離166.8y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速52.4m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量5520.6rpm、サイドスピン-474.4rpm、飛距離167.6y

打感は、ソリッド系。吸い付くようなマイルドさと弾き感が良い感じに同居しているイメージですが、芯を外すとやや弾き感強めになります。この辺を感じやすいのも、いいですね! 音は、違和感のない中音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。CB301よりも確実に、オートマチックに球が上がりやすいです。ボク的には、ロフト角通りの弾道イメージでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで、イメージ通りのドロー系。CB301よりもほんのわずかですが、フェースが大きい分、操作性よりも直進性を意識したモデルかと思います。ボクの場合、頑固なフッカーですから、それでもドロー系ですが、オートマチックにつかまるという意味では、まずまずだと思います。

振り感ですが、ヘッドを感じやすいので、切り返しで力みなく、ダウンでヘッドを加速しやすいモデルだと思います。かなり、シャープに振りやすいモデルでしたね!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりに合うと思います。「CB301ではややシビアだけど、あの感触が好き!!」という中上級者におすすめだと思います。基本性格的には、決してオートマック系ではありませんが、敢えて言うならセミオートマチック系ですかね。CB301はかなりマニュアル感が強いモデルでしたが、その感覚からすると球が「上がりやすい」「つかまりやすい」という点での打ちやすさを実現したモデルに感じました。

<ヨネックス「EZONE CB501フォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9.5▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S25C)+グラファイト制振材
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)
■価格:6本(#5~PW)セット13万8000円+税、単品(#3、#4)各1本2万3000円+税。