どーもです。

PRGRのニューモデル「RSシリーズ」を試打できました。先代発表時はハプニングがあったと記憶していますが、今回は無事フルラインアップで登場です。「ギリギリ」をうたう同シリーズですが、今回は2タイプのドライバー&アイアン、FW、UTに加え、今回はウエッジも試打できました。まずは2タイプあるドライバーから紹介ですが、今日はデフォルトモデルの「RS」ドライバーを紹介しましょう。まずは見た目から。

ソールデザインですが、一新されていましたね。先代はトゥ側の三角形のミゾが特徴でしたが、ニューモデルは白いミゾ(くぼみ)が特徴でした。ウエートも変更されていて、先代はネック側にも配置されていましたが、新作はソール後部のみです。どうやらインナーウエートに、変更されたようです。

フェースは、セミディープ。形状的には、ほぼ変更はないと思います。

フェースがセミディープのわりに、ボディはシャロー気味でした。でもこの辺は、先代同様ですね。新作で大きく変更されていたのは、クラウンとフェース上部とつながる部分ですね。先代は接合部が1番高くなっていましたが、新作は手前が1番高くて、フェース上部に向かってやや低く傾斜していました。このリブの配置が、「Wクラウン」のようです。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。見た目は前作とほぼ一緒ですね。逃げ顔系で、実際に2度オープンです!! クラウンの投影面積は大きめですが、形状的には先代と変わらないと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「デイアマナ for PRGR」S(M-43)フレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量308g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めですが、最近のモデルではこんなもんなのかな! グリップはやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、ややしっかり感がある感じで、1番しなったのは真ん中あたりでした。素振りしてみると、イメージ通りニュートラルなイメージでしたが、バランス以上にややヘッドを感じましたね。

実際に打ってみると、まあ、球が強いです!! 強弾道イメージです。でも、思ったほど球は上がっていませんでした。素振りした感覚では、シャフト挙動はニュートラルなイメージでしたが、実際に打つとやや先端部が柔らかめなイメージもありました。そのせいか、スカイトラックのデータを確認すると、思った以上にスピン量が多いんです。3球平均で3500rpm越えは、なかなかのスピン量です。これは意外でしたね。見た目ではそんな感じはしませんでしたが、ボクの感覚がおかしいのかな・・・(汗)動画データは2700rpmあたりなので、単にボクの打ち方の問題なのかもしれませんね。そう考えると、フィーリグ的にはしっかり感があるのに、データ的にはなぜか結果か伴わないという、ボク的にはちょっと腑に落ちない結果となったのでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.0m/s、初速67.6m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3687.7rpm、サイドスピン-67.4rpm、飛距離255.3y
【ベスト】
HS46.0m/s、初速67.6m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3449.2rpm、サイドスピン-147.9rpm、飛距離259.1y

打感は、マイルド系です。フェースが薄めなのか、ボク的には「シャコッ!!」とした感覚でしたね。音は、至極ノーマルな中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックでデータはこちら。

弾道的には、やや高めの中弾道。最近のモデルの中では、中弾道イメージかな。キッチリ芯を食ったような感覚でこの高さだと、最近のドーンと上がるモデルの感覚だと、イメージ的には上がりにくさを感じてしまうかもしれませんね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートですが、1発目には軽いフェード系も出ていますね(汗) そういう意味では、後述するシャフトとのマッチングもありそうですね。

というわけで、そのシャフトですが、見た目は青マナ…の表現は古いので、BFですね。挙動的にも、いわゆる中調子でニュートラルな感じですが、ボク的にはやや先端が柔らかめな感覚でした。見た目はBF系コスメですが。BFほどシビアさはないので、扱いやすさを意識したモデルではあると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42m/s±2m/sあたりに合いそうですね。スイングタイプ的には、レベルブローでシャフトに仕事をさせるほうが、このクラブの性能を引き出させそうです。ヘッドの性格的にはつかまりは良さそうですが、シャフトとの相性でその性格がより強調されていたようにも感じました。アスリート向けモデルを意識しつつ、その性格は維持したまま先代よりも飛距離のバラツキを抑えモデル、つまりミスヒットの寛容性を意識したモデルだと思います!

<PRGR「RS」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、ウエート8g=ステンレス(SUS630)
■シャフト(重量/トルク/調子):「ディアマナ for PRGR」(S=54g/4.7、SR=49g/5.4、R=44g/5.7/中調子)。
■価格:1本8万円+税。