どーもです。

PRGRのニューモデル「RSシリーズ」を試打できました。今日紹介するのは「RS F」ドライバーです。こちらは以前池田勇太プロ使用で話題になったモデルですが、今回の「RS F」ドライバーもかなり良い感じでした。なぜか「RS」ドライバーよりもスピン量が少ないし・・・。この辺の理由がイマイチ分かっていませんが、ボクが導き出した答えは・・・!! 最後までお付き合い下さい!!まずは見た目から。

前作は「RS」「RS F」でウエートポジションが違ったので、視覚から得られる情報も大きかったと思いますが、新作の見た目は、両者ともほぼ同一です。もちろん、インナーウエートで重心位置をコントロールしているわけですが、そんな要望があったのかどうかは、不明です。

フェースは、セミディープですね。「RS」に比べると、トゥ側トップにややこんもり感があるのも、先代と同じだと思います。

ボディは「RS」に比較すると、ややディープ気味に感じました。もちろん、「RS」同様「Wクラウン」も採用です!!

後ろ姿ですが、これは大きく変更されていました!! 先代はトゥ側バックが窪んでいましたが、新作はほぼノーマル状態です。

構えてみると、こんな感じ。新作「RS」の形状そのままで、やや小振りになったようなイメージでしたね。この「RS F」も逃げ顔ですが、実際には3.5度開いているようです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「デイアマナ for PRGR」S(M-43)フレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.5インチ、総重量308g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

持ってみた感覚は、「RS」とほぼ一緒です。重量的にも同じで、ボクにはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、やはり1番しなっていたのは中間でした。素振りした限りではニュートラルなイメージですが、これは実際に打ってからのレポ後にしましょう!

実際に打ってみると、ボクの打ち方の問題なのか、10.5度のわりには今のオートマチック系クラブに比較すると球の上がりはイマイチ。とはいえ、この「RS」シリーズは、アスリートモデルのはずなので、オートマチック系クラブと比較しちゃ~まずそうですね。結果論ですが、「RS F」ドライバーは、3球平均でスピン量が2700rpmあたりで安定していました。当たり前ですが、見た目とスペックは「RS」ドライバーとほぼ一緒ですが、ヘッドはやはり別モノですね。この「RS F」ドライバーのほうが、つかまりも抑えてる感じで、「RS」ドライバーに比較するとおそらく浅重心なんじゃないかと思います。今回も「RS F」ドライバーはかなり良い感じでした!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.3m/s、初速67.2m/s、打ち出し角13.9度、バックスピン量2732.0rpm、サイドスピン-312.5rpm、飛距離257.8y
【ベスト】
HS46.5m/s、初速68.2m/s、打ち出し角13.3度、バックスピン量2627.1rpm、サイドスピン-771.9rpm、飛距離259.1y

打感は、マイルド系。この「RS F」ドライバーもフェースが薄いのか、ちょっと「シャコッ!!」とした感覚でした。音は、やはり極ノーマルな中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックでデータはこちら。

弾道は、やや高めの中弾道。アスリート向けモデルだからでしょうが、最近のドーンと上がるモデルに慣れてしまうと、ちょっと上がりにくさを感じてしまいますね。それだけボクの中に、オートマチック系クラブの弾道イメージが強くなってきた、という証拠なのかもしれません。

出球的には、ボクのスイングで、ほぼストレート。「RS」ドライバーよりは、かなりつかまりは抑えられていたように感じましたね。

シャフト挙動ですが、基本的にはニュートラルですね。でもヘッドとの相性なのか、「RS」ドライバーで感じた先端部の柔らかさは、なぜか感じませんでした。むしろ、しっかり感があるくらいでした。おそらくシャフトは同じモノだと思うので、ヘッドとの相性でしょうね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42m/s±2m/sあたりに合いそうですね。スイングタイプ的には、よりヒッター向けです。確実にいえるのは、「RS」よりもかなりつかまりが抑えられたモデルということ!! この「RS F」ドライバーも、アスリートモデルを意識しつつ、先代よりも打ちやすさを意識したモデルだと思います。「RS」同様1発の飛びよりも、平均的に飛ぶモデル、すなわちミスヒットの寛容性が高いモデルだと思います。

<PRGR「RS F」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、クラウン=カーボン(CFRP)、ウエート8g=ステンレス(SUS630)
■シャフト(重量/トルク/調子):「ディアマナ for PRGR」(S=54g/4.7、SR=49g/5.4、R=44g/5.7/中調子)。
■価格:1本8万円+税。