どーもです。

PRGRのニューモデル「RSシリーズ」を試打できました。今日は「RS」UTを紹介しましょう。このUTですが、UTのわりにはつかまり過ぎないモデルで、結構直進性の高いUTでした。ボク的には、それだけでもう好感度アップですわ!! というわけで、このUTの実力をボクなりに紹介してみましょう。まずは見た目から。

UTも先代はかなり個性的なデザインでしたが、ニューモデルは至ってシンプルです。形状的には、新作はトゥ側がややスリムになったような印象で、その分全体的に締まった印象も受けました。

フェースは、気持ちセミディープ系に変更されていました。先代に比較すると、より長方形を意識したような形状になっていて、ボクの中では「アメリカン・ハイブリッド」に寄ったようなイメージでした。

ボディは、よりコンパクトに変更です。写真を見れば分かると思いますが、ボディサイドにリブが刻まれていました。また、何気に大きな変更はネックの位置ですかね。先代よりも、ネックがフェース側に配置されていたように感じました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。先代よりもコンパクト、かつスリムになったようなイメージでしたね。個人的には好きな形状です。フェースは「アメリカン・ハイブリッド」的な印象ですが、構えてみた印象はジャパニーズ・ユーティリティです!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「デイアマナ for PRGR」S(M-43)フレックス装着モデルの4UT。スペックは、ロフト角22度、ライ角58度、長さ40インチ、総重量351g、バランスD1.5。ヘッド体積119cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、連日書いていますが、アスリートモデルとはいえ、最近のモデルとしては重量的にはこんな感じなのかなって思います。グリップはやや細め。シャフトを手でしならせてみると、やはりFWで感じた柔らかさ感じましたが、FWで体験しているので、これはおそらく実際に打ったら気にならないパターンでしょうね。ちなみに、1番しなっていたのは、FWよりもやや先の部分だったように感じました。

実際に打ってみると、この「RS」UTはどちらかというとFWに近いイメージでしたね。しっかり球が上がりますね! それから、とにかく直進性が高いです!! 腐れフッカーのボクが打っても、ほぼストレートでした。コレってすごいことだと思いますw 勝手につかまるモデルが多い中、この「RS」UTはそれがなく、ボクが普通に打ってもほぼストレートが出るという、まぁ~、ボク的にはうれしいクラブ!! スピン量が少なくめの棒球系だったのは、意外でした!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.1m/s、初速61.1m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量4216.2rpm、サイドスピン-605.6rpm、飛距離214.1y
【ベスト】
HS42.1m/s、初速61.2m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量4250.3rpm、サイドスピン-549.5rpm、飛距離216.0y

打感は、弾き系。ドライバーがマイルド、FWはマイルドだけどより弾き感があり、このUTは弾き系。ということは、アイアンは弾き系か!? 音がカッチリ系をイメージさせる、やや高音系だったことも影響しているかもしれません。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックでデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。オートマチック系モデルのように球は上がりますが、球の高さもコントロールできそうですね。ボクはできませんけど・・・(笑) 前述していますが、スピン量が少なめだったのは意外です。弾道の見た目的にも、棒球系でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート!! UTではドロー系はもちろん、フックを連発することも多いのですが、この「RS」UTはほぼストレート!! それが、クラブに起因するモノなのか、たまたまこの日のスイングのおかげなのかは不明ですが、少なくとも今回試打した限りでは、ボク的にはうれしいストレート系でした!!

シャフト挙動ですが、ドライバー&FWに比較すると、中央よりやや先がしなる感じもありましたね。でも、FW同様ヨレ感が少なく、シャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックで、やはりHS42m/s±2m/sあたりにオススメ。FW同様、アスリートモデルのわりには、かなり受け入れ間口が広そうなイメージです。もちろん、オートマチック系ではありませんが、フッカーのボクが打ってもほぼストレートというのがうれしいですね。だからといってつかまりを抑えたモデルかといえば、そんな印象はそれほど感じないという、不思議なUTでした。でも、個人的には、好印象!!

<PRGR「RS」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=マレージング綱(AM355P)、フェース=マレージング綱(ES235)
■ロフトバリエーション:3UT=19度、4UT=22度、5UT=25度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「ディアマナ for PRGR」(S=58g/4.2、SR=55/4.0g、R=51g/4.4/中調子)。スチールシャフト「スペックスチールⅢ Ver.2」(S=94g/2.3、R=86g/2.6/中調子)※4UTの場合
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万5000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本3万2000円+税。