どーもです。

今日からはロマロ「RAY」シリーズの「RAY CXフォージド」「RAY MC」「RAY H」の3アイアン紹介します。いずれも、リミテッドモデルを試打したあとに、ベースとなるモデルを打っていないことが判明!! そこで、急きょベースモデルを手配して、緊急試打という事態になりました。そんなわけで、先にベースモデルを紹介しますが、実際の試打はリミテッドモデルを先に打っているという、若干やっかいなレポになります。まずは、「RAY CXフォージド」アイアンから紹介しましょう。

まずは見た目から。

構造的には、キャビティモデルですね。バックフェースを見る限り、トゥ・ヒールにウエートを振ったミスヒットの寛容性の高さを意識したモデルだと思います。

フェースは、セミラージ。トップラインがややラウンドしている感じで、安心感のある形状ですね。

ソールは、この大きさにしては幅が狭めかな。トレーリングエッジが丸く削られているので、これがどんなライでも抜けが良さそうな感じかな!

ネックは、セミグースですね。ボディ下部にボリュームがある形状ですが、意外とバンスもあるのかなって感じさせますね。

構えてみると、こんな感じ。トップブレードもやや厚みがあって、フトコロも球を包み込むようなイメージで、いかにもつかまりそうなイメージを持たせてくれる見た目になっていると思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド(DG)」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量444g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク1.6、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には重量級ですね。総重量440g台の#7は、さすがに重くなってきたかも。な~んていいながら、リミテッドモデルでは違うことを書いていますが・・・(汗) でも、その時感じたままのフィーリングを書きますので! グリップはやや細めでした。素振りしてみると、ボク的にはシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、打ちやすさはありますね。球はしっかり上がるし、つかまりも良い感じ。この辺は見た目通りのイメージでしたね。弾道を見る限り、スピン量も良い感じで、スカイトラックで確認してみても、ロフトに対して適量なのかなと感じました。とはいえ、もう5y飛んでほしいかも・・・。ボクのイメージではロフト33度で160yイメージなんですよね。でも、それ以外はイメージ通りでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.0m/s、初速49.8m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量5562.4rpm、サイドスピン-1261.8rpm、飛距離156.0y
【ベスト】
HS39.1m/s、初速50.2m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量5347.5rpm、サイドスピン-1488.2rpm、飛距離157.1y

打感は、マイルド系。かなりマイルドで、ボールのつぶれ感をかなり感じる分厚いインパクトが特徴です。音も、良い感じの中高音系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道です。しっかりクラブが球を上げてくれますね。弾道の見た目も、スカイトラックデータ的にも、スピン量が適量なのはいいですね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。感覚的には、自然なつかまりですが、思った以上につかまる感じもありながらも、意識すれば逃がせるイメージもありました。セミラージ系のわりにはある程度、操作性も意識しているモデルにも感じましたね。

振り感ですが、これはシャープに振れるイメージ。切り返しからダウンにかけて手元がクッとしなってタメを作ってくれるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS44~45m/sは欲しい感じかな。最近のモデルでは、重量がしっかりあるモデルなので、まずはこの重量をしっかり振り切れるというのが使用最低条件になりそうです。個人的にも#7で440g台は、さすがに重さを感じるようになってきたもかもしれませんね・・・。そろそろ、その現実を受け入れる年齢なのかもしれません。基本性格的には、セミオートマチック系だと思います。この前のモデルだと思いますが、実は家に眠っています。そのモデルよりも、打ちやすくなっていたことは、付け加えておきましょう!

<ロマロ「RAY CXフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NS 950GH」(S=98g/1.8/中調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット15万円+税、単品(#4)1本2万5000円+税。