どーもです。

グローブライドのニューモデル「オノフAKA(2018)」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。今回のニューモデルですが、FWにはデフォルトモデルと「ラディカルスプーン」の2モデルがラインアップされていました。今日紹介するのは、デフォルトモデルのFWです。どんなモデルなのか、早速いってみましょう。

まずは見た目からです。

基本的なデザインは、ドライバー同様ですね。FWは先代も「パワートレンチ」は2本でしたが、今回も2本ですね。ですが、先代に比較すると、2本ともより長くなっていました。また、エクボ(トゥ・ヒールの凹み)も無くなっていましたね。

フェースですが、先代に比較するとややディープ気味に変更されていたように感じました。トップラインはよりフラットになっていましたが、ネック側下部のボリュームがアップしたような形状で、これも別モノのように感じました。

ボディは、ドライバー同様シャロー&ストレッチバックに変更ですね。ソール&クラウンの「パワートレンチ」が目を引きますね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。先代に比較するとクラウンの投影面積はやや大きめになっているようにも感じましたが、2トーンカラーの影響かシャープに見えましたね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「スムースキックMP-518F」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量320g、バランスD1。ヘッド体積175cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.2、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には思った以上の重量感でしたが、グリップはやや細めに感じました。シャフトですが、ドライバーで感じた見た目の細さは、このFWではそれほど感じませんでしたね。手でしならせてみると、しなり方はドライバー同様、先端よりも先がしなっているように感じました。素振りしてみると、振り感はドライバーとは別モノでした。重量感を感じるわりにはシャープに振り抜ける印象でした。

実際に打ってみると、まあ、このFWも大きな弾道にビックリでしたね! もう上のネットに当たっちゃじゃないかと思うほどの高弾道でした。ボクのスイングでは途中からグーンと上がっているようにも見えたので、若干吹け上がっているのかもしれません。実際に、スピン量を確認ンンしてみると3500~4000rpmと最近のFWの中では、若干多めでした。もちろんシャフトとの相性もあると思いますが、このスピン量で飛距離もロスしているようにも感じてしまいました。そういう意味では、若干ドライバーと性格が違うのかもしれません。ドライバーはボクでもそのまま使えそうな印象でしたが、FWは気持ちアンダースペックかな・・・なんて感じました。

スカイトラックデータはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS44.5m/s、初速64.4m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量3942.5rpm、サイドスピン-569.8rpm、飛距離235.7y
【ベスト】
HS44.7m/s、初速64.6m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3676.9rpm、サイドスピン-315.9rpm、飛距離242.1y

打感は弾き系ですね。カッチリした感じの弾き感で、音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道。ガッツリ球は上がりますが、ボクのスイングでは、若干吹け上がり傾向があったのも否めません。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系でした。ドライバーに比較すると、よりオートマチックにつかまるイメージでした。動画弾道はインサイドアウトで、ヘッドを右前に放り出すようなイメージで打ったものです。

振り感ですが、ドライバーほどヘッドの走り感は感じませんでしたが、ドライバーよりもつかまるイメージでしたね。振り切り感がいいので、いつもの感覚で打つと、ボクのスイングではややつかまりすぎの感覚はあったかもしれません。でも、フェードヒッターやスライサーには心強い味方になってくれそうかも!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。基本性格的にはオートマチック系で、よりつかまりを意識したモデルのように感じました。そういう意味では、持ち球的にはフェードおよびスライスの方におすすめモデルで、スイングタイプ的にはより払いウチ系のボディターンタイプにおすすめですね。そこに、ドライバーとは若干性格の違いがあると思いますが、まあ、従来の「オノフAKA」シリーズらしい1本だったように思います。

<グローブライド「オノフ フェアウエーアームズAKA(2018)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4PHステンレス、フェース=ハイマレージングプラス
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「スムースキックMP-518F」(S=58g/4.2、SR=54g/4.7、R=48g/5.1、R2=45g/5.3/先中調子)
■価格:各1本3万9000円+税