どーもです。

昨日お届けしたコンポジットテクノ「ファイアーエクスプレスK2」シャフトですが、こちらを試打した際のヘッド、ターフ社「バディ エピソードG」もしっかり紹介しておきましょう! 昨日も書きましたが、恥ずかしながら、ボクはこのヘッドを全く知りませんでした。今回初めて打ちましたので、レポしておこうと思います。では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

形状的には、丸型ヘッドですね。「BUDDY」のデザインも特徴的ですが、ソール後部のウエートも、深重心を視認できるイメージでした。

フェースは、ディープフェースです。トップラインのラウンド形状も特徴的ですが、フェース中央部にミーリング加工されている部分も特徴的です!

ボディは、かなりファットでした! 後部に厚みが確保されている、ディープバック形状になっていました。

後ろ姿ですが、かなりボリュームがある形状ですね。

構えてみると、こんな感じ。丸型ソールのわりには、クラウンはやや三角形をイメージさせるような形状になっていました。やや逃げ顔系にも見えました。

今回試打したのは、コンポジットテクノ「ファイアーエクスプレスK2」F2&F5フレックス装着モデルです。試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは、柔らかめのF5からいってみましょう。試打モデルのスペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ45.75インチ、総重量302.3g、バランスD0.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、53g、トルク4.9、中調子です。

まず持ってもみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めでした。手でしならせてみると、しなりポイントは中間からやや先端部寄りの辺りでしたね。素振りしてみると、ヘッドが素直に加速するようなイメージでした。

実際に打ってみると、球は普通に上がりますが、昨日書いたとおりややプッシュアウト傾向が強かったように感じます。おそらくヘッドは、重心距離が長め、かつ重心深度も深めモデルだと思います。でもある程度重心角を確保することで、つかまりを意識した最近の時流のヘッドだと思いますが、F5フレックスとの組み合わせだと、ボクのようにいまだにフェースの開閉を使うタイプだと、なかなかヘッドが返りきらないようなイメージでした。また、ヘッドが走るようなイメージがある分、スピン量も気持ち多めにも感じました。ガッツリ芯を食ったような手応えでも、見た目的にもややスピン量多めに感じました。実際にスカイトラックで確認してもほぼ3000rpmオーバーでした。ですが、シャフトに仕事をさせれば、間違いなく飛ぶ組み合わせでしょうね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.2m/s、初速67.8m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3027.5rpm、サイドスピン-378.9rpm、飛距離263.1y
【ベスト】
HS46.6m/s、初速68.4m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3327.9rpm、サイドスピン-190.4rpm、飛距離263.8y

打感は、マイルド系。フェースの乗り感がかなり強く、いわゆる分厚いインパクトでしたが、フェース自体は薄めかもしれないような感じもありました。音はやや高めだったかな!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこんな感じでした。

弾道的には、高めの中弾道。いわゆるドッカン系ではありませんが、普通に球は上がりますね。シャフトの影響か、スピン量はやや多めに感じてしまいました。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。シャフトとの相性でややプッシュアウト傾向はありましたが、まあ、これはボクのスイングの問題も大きいでしょうから・・・

シャフト挙動については、昨日詳細を書いているので、こちらでは割愛します。

続いて、F2フレックス装着モデルです。試打モデルのスペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ45.75インチ、総重量305g、バランスD0.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、56g、トルク4.5、中調子です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやはりやや軽め。グリップもやや細めでした。手でしならせてみると、F5よりも先端部がしっかりしていて、しなりポイントは素直に中間でした。素振りしてみると、シャープに振れる印象でした。

実際に打ってみると、まあ、F5とは全くの別モノっすね! ヘッドは全く同じですが、出球が全くの別モノ。ボクの個人的な見解としては、出球に対するヘッド性能が7割、シャフト性能は3割と思っていました。でも、同じヘッドでここまで出球が変わると、その考え自体を「見直さないといけないのかな?」なんて疑問まで浮かんでしまいますね。弾道の見た目的にも、明らかにスピン量が少ない強弾道でしたし、ボクの想像以上にスイングに対してリニアに反応する、バリバリマニュアル系テーストになっていました。フィーリング的にも余計なヨレ感や、しなり感がなく、シャープに振れる印象でしたが、さすがに、ボクにはシビア過ぎる印象も否めませんでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.3m/s、初速68.0m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2847.6rpm、サイドスピン-428.5rpm、飛距離262.2y
【ベスト】
HS46.7m/s、初速68.6m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量3214.0rpm、サイドスピン-45.9rpm、飛距離265.8y

打感は、マイルド系。これはF5装着モデルとほぼ変わりません。もうちょっと変わるかなとも想像していましたが、ほぼ同じでした。音がやや高音系だったのも、ほぼ一緒です。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこんな感じでした。

弾道的には高めの中段道ですが、球質的には全くの別モノ。見た目的にも、明らかにスピン量少なめの強弾道になっていました。スカイトラックデータ的には強めのドロー系になっていましたが、見た目的には軽いドロー系でボク的には、かなり良い感じでした!

出球傾向は、ボクのスイングで、ほぼストレートから軽いドロー系。打ち出し方向もF5よりもプッシュアウトが減って、ボク的には想像の範囲内というか、実はイメージ通りでした!

こちらのシャフト挙動も、ここでは割愛します。

今回ボクが試打した限りでは、F5もF2もHS42~43m/s±2m/sあたりがズバリかなと思います。おそらくヘッド的にはオートマチック系モデルですが、今回試打したファイアーエクスプレスK2との組み合わせでは、フレックスによってかなりの差が出る結果になりました。F5はいわゆるボディターンタイプにオススメで、シャフトに仕事をさせることでヘッド性能が生きるタイプ。F2はスイング主体で、シャフトは余計な仕事をしないタイプに感じました。

<ターフ「バディ エピソードG」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9 ※「ファイアーエクスプレスK2」F5装着モデル
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9 ※「ファイアーエクスプレスK2」F2装着モデル
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、フェースDAT-55Gチタン。
■価格:6万円+税(パーツ販売)