どーもです。

ダンロップスポーツの新製品展示会が開催されました。今年は、スリクソンのモデルチェンジ年ですよね! というわけで、休日を利用して顔を出してきました。今回発表されたのは、スリクソン「Z585」「Z785」シリーズです。ドライバーとアイアンは軽く試打も出来たので、その辺も含めてレポしたいと思います。

今回のスリクソンドライバーのコンセプトは、「ZERO SRIXON」のようです。従来の理念を一新し、プロからアマチュアまでが大きな飛距離と寛容性を味わえるモデルに生まれ変わっているようです。従来のスリクソンがプロおよびアスリートゴルファーをターゲットのしてきたことを考えると、これは大きな方向転換にも感じました。ですが、1打1打にこだわるプロだからこそ、ミスヒットに対する寛容性の高さを求めるという、時流に乗ったモデルなのかもしれませんね。

同社契約の松山英樹プロがドライバーを手にしてくれないという噂を聞いていますが、個人的には、むしろ一般向けモデルとクラブに強いこだわりを持つ松山プロ使用モデルの両立は、「そもそも無理なんじゃないかな~」なんて思っています。そう考えると、今回の「ZERO SRIXON」は「メーカーとしての大英断だったのでは…」なんて考えは邪推かな!?

というわけで、ドライバーからいってみましょう。

まずは「Z585」ドライバーですが…

このデザインってなんか見覚えが…。ナイキ「サスクワッチ マッハスピード」を連想した人は、ボクだけじゃないはず! もちろん、意識したわけではないと思いますけど!

フェースはこんな感じで、

クラウンはこんな感じでした。

続いて「Z785」ドライバーですが、ソールデザインはこんな感じで

フェースはこんな感じ。

で、クラウンはこんな感じでした。

デフォルトシャフトですが、「Z585」「Z785」とも50g台の「Miyazaki Mahana」(ミヤザキマハナ)を標準装着。

「Z785」はさらに全体しなり系の「Miyazaki MIZU6」をラインアップです。もちろん、カスタムシャフトも用意されていて、手元しなり系の「Miyazaki KORI」、先端しなり系の「Miyazaki KIRI」を同価格でラインアップ。プラス1万円で三菱ケミカル「Diamana DF」「KUROKAGE XD」、フジクラ「Speeder EvolutionⅤ」、グラファイトデザイン「ツアーAD VR」、シャフトラボ「The ATTAS」への変更も可能になっていました。

両者のクラウンを比較してみると、左の「Z585」のほうがやや投影面積が大きめでシャローヘッド、「Z785」はやや小振りで三角形っぽいイメージのセミディープヘッドのように感じましたね。

ちなみに、カットモデルはこんな感じでした。

「Miyazaki Mahana」装着モデルを、実際に3球ずつ試打してみました。「Z585」の結果がこちらで

「Z785」はこんな感じでした。

ウォームアップなしでのいきなり試打でしたが、「Z585」はなぜか3球ともフェード!! 1球目はダフリ気味だったし…(汗) 「Z785」に至っては三者三様!! まぁ、それだけ操作性が高いということの証明にもつながると、ポジティブに捉えていきましょう! 肝心な感想ですが、ん~、なんかゼクシオっぽいかなというのが、ボクの正直な感想でした。特に「Z585」のフィーリングはほぼゼクシオでしたね。スリクソンとしては初のカップフェースということですが、その辺の影響もあったのかな・・・。もちろん、ゼクシオほど寛容性が高いわけでもなく、重量的にもあそこまで軽くはないのですが、なんかイメージとしてゼクシオを打っているような感じだったんですよね。まあ、掲げるコンセプトに対する方向性としては間違ってはいないと思いますが(上から目線ですな!!)、個人的には「思い切った方向転換」と感じました。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ585」ドライバー>
■価格:「Miyazaki Mahana」装着モデル1本6万3000円+税
■発売予定日:2018年9月22日

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ785」ドライバー>
■価格:「Miyazaki Mahana」「Miyazaki MIZU6」装着モデル各1本6万3000円+税
■発売予定日:2018年9月22日

続いてアイアンですが、「Z585」は「圧倒的飛距離を実現するポケットキャビティアイアン」、「Z785」は柔らかな打感と操作性のキャビティアイアン」を標榜しています。

「Z585」の見た目はこんな感じで

顔はこんな感じ

トップブレードはこんな感じでした。

「Z785」の見た目はこんな感じで

顔はこんな感じ

トップブレードはこんな感じでした。

ちなみに、両者の構えてみた顔はこんな感じでした。言うまでもなく左が「Z585」、右が「Z785」ですが、顔的には「Z785」のほうが好みだったりします。

「Z585」「Z785」アイアンも共に3球ずつ試打してみましたが、「Z585」はこんな感じで

「Z785」がこちらです。

「Z585」は、いきなり打ったわりには弾道がそろっている感じでした。これ、結構好印象かもw しかもですよ、先代「Z565」とロフト角は変わらないのに、平均飛距離が約180yってのは、ちょっと「飛ぶじゃん!!」となるわけです。飛びすぎないアイアンがいいと心で思っていても、イメージ以上の数値が出ても、なぜか悪い気はしないですよね・・・(汗)

「Z785」も試打しまたが、こちらの最初の2球はダフリ気味でした(汗) 「Z585」試打直後だったので重さの影響もあると思いますが、9割はボクの腕の問題です、はい! 3球目は激芯を食った手応えで、結果はなんと180y!! ロフト角は「Z585」より1度寝た32度ですが、「これって飛びすぎじゃないのかな・・・!?」とちょっと思っている自分がいました。「Z585」では違和感のない飛びですが、「Z785」では違和感を覚えるのは、やはりブランドイメージなんですかね。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ585」アイアン>
■価格:スチールシャフト「NSPRO950GHT DST」装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万7000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR105 DST」6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」「Miyazaki for IRON」装着モデル6本セット12万円+税、単品各2万円+税。※「Miyazaki for IRON」装着モデルは受注生産。
■発売予定日:2018年9月22日

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ785」アイアン>
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GHT DST」装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万7000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR120」装着モデル6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。※「ダイナミックゴールド」装着モデルは、受注生産。
■発売予定日:2018年9月22日

今回試打は出来ていませんが、FW及びウッド型、アイアン型のUTも発表されていましたので、こちらは見た目だけ紹介しておきましょう。

「Z85」FWはこんな感じでした。

カットモデルはこちら!

<ダンロップスポーツ「Z85」FW>
■ロフトバリエーション:#3=15度、#5=18度、#7=21度
■価格:「Miyazaki Mahana」「Miyazaki MIZU6」装着モデル各1本3万5000円
■発売予定日:2018年9月22日

こちらはウッド型の「Z H85」で

<ダンロップスポーツ「Z H85」UT>
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=22度、#5=25度、#6=28度
■価格:カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」「Miyazaki MIZU6」装着モデル各1本2万8000円。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」装着モデル各1本2万5000円+税。 ※「Miyazaki MIZU6」装着モデルは受注生産。
■発売予定日:2018年9月22日

アイアン型の「Z U85」です。

<ダンロップスポーツ「Z U85」UT>
■ロフトバリエーション:#2=18度、#3=20度、#4=23度、#5=26度、#6=29度
■価格:カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」「Miyazaki MIZU6」装着モデル各1本2万8000円。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」装着モデル各1本2万5000円+税。 ※「Miyazaki MIZU6」装着モデルは受注生産。
■発売予定日:2018年9月22日

両者のカットモデルはこちらです!

そんなわけで、新しいスリクソンですが、全体的な印象はまずまずでしたね。加齢の影響なのか、「Z585」のほうが好印象でしたが、まだ「Z785」にしがみつきたい自分もいます。まぁ、来年50歳ですから、50歳になったら現実を受け入れようと思います(笑)

試打クラブをお借りできる予定なので、試打でき次第またここでアップします!!