どーもです。

今日紹介するのは、ロマロ「RAY H」アイアンです。このアイアンも小顔ですわ~! 先週金曜日に紹介した「RAY MC」アイアンとほぼ同じ大きさでしたね。昨日の「RAY MC」は「MASCLE CAYITY(マッスルキャビティ)」の略だと思いますが、この「RAY H」はハーフキャビティモデルです。イメージ的には、この「RAY H」アイアンのほうが打ちやすいのかな・・・なんてイメージですが、果たしてその通りなのでしょうか。その辺も確認してみましょう。

まずは見た目から。

バックフェース下部のトゥ・ヒール後部にウエートが振られているので、ある程度ミスヒットの寛容性も意識しているような印象を受けますね。

フェースは、やはり小顔ですね。トゥ・ヒール方向の長さもかなりコンパクトで、重心距離短めでいかにも操作性の高さを感じさせるモデルだと思います。

ソール幅は狭めでした。これも、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識して、でしょうね。

ネックはストレート。ボディはバックフェース下部のボリュームがしっかり確保さてれているので、しっかり球が上がりそうなイメージですね。

構えてみると、こんな感じ。ん~、やっぱりかなりコンパクトですね。トップブレードの薄さが、さらにシビアさを感じませますね。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量442.7g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク1.6、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやはり重めですね。でも、そのわりにはグリップはやや細め。この3モデルは総じてグリップはやや細めでした。素振りしてみても、感覚的にはシャープに振れるイメージで、この辺は先日紹介した「RAY MC」と一緒かな。

実際に打ってみると、何気に「RAY MC」よりも難しかったりして・・・。まず芯が狭いです。「RAY MC」並みのスイートエリアでしたね。ロフト角34度と「RAY MC」に対して1度寝ていますが、その1度以上に球が上がるイメージですが、これはダウンブローに打ち込んでの球の上がり方ですね。払い打ちで球が上がる感じでは、無かったかなと思います。この「RAY H」と先日紹介した「RAY MC」は、最近の流れではなかなか珍しくなったモデルに感じましたね。スピンコントロールができるレベルで、球筋を操りたいプレーヤーには力強い味方になってくれそうですが、ボクレベルではちょっと使いこなす自信はないかも・・・かな。

スカイトラックの弾道データはこんな感で、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.1m/s、初速49.9m/s、打ち出し角19.8度、バックスピン量6029.2rpm、サイドスピン-1012.6rpm、飛距離159.0y
【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.4m/s、打ち出し角19.4度、バックスピン量5395.4rpm、サイドスピン-950.0rpm、飛距離162.5y

打感はマイルド系ですが、「RAY MC」に比較するとやや弾き感があったような気がします。音は中高音系ですね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラクデータがこちら。

弾道的には、高弾道です。1球目は多少カット目に当たっていたような気もしましたが、ダウンブローに打てればしっかり球は上がりますね。印象的には、やはりスピンコントロールできれば、おもしろそうなアイアンですな!

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。操作性が高いので、スイング通りの出球になると思いますが、さすがに「RAY MC」よりも右の曲がり幅が小さめに感じました。

振り感ですが、「RAY MC」同様、かなりシャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りで、最低でもHS44~45m/sは欲しいかな。決して誰でも使えそうなモデルではないと思いますが、この重量をしっかり振り切れて、スピンコントロールできる技術があれば、思い通りの弾道を得られるアイアンだと思います。最近のモデルが、いかにオートマチックに打ちやすいアイアンが増えているかを改めて実感させるようなモデルですが、もちろん、こういうアイアンを求めるプレーヤーもいるはずです。また、こういうシビアなアイアンで練習するのも、上達への鍵になるかもしれませんね。

今回のロマロシリーズ試打ですが、#7で440g台はもう振れないのかもしれません…(涙)

<ロマロ「RAY H」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NS 950GH」(S=98g/1.8/中調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット13万8000円+税、単品(#3、#4)各1本2万3000円+税。