どーもです。

今日紹介するのは、ロマロ「RAY MCリミテッド」アイアンです。このアイアンは、小顔ですわ~!! 「最近、見なくなったな~!」ってくらいの小顔で、ここまで小さいと逆にシビアさを意識してしまいますね。メンタルに及ぶ影響が大きそうですが、果たしてボクは打てるのでしょうか!? 早速、レポしてみましょう!

まずは見た目から。

こちらもヘッド的には、「RAY MC」と同じです。

フェースは、かなりのコンパクトですね。カラーミーリング加工はピンクでした。

ソール幅はやや広めにも感じましたが、それはこの大きさのヘッドだからかもしれませんね。実は、適度な幅なのかもしれません。

ネックは、ストレート。結構バンスのあるモデルにも、見えました。

構えてみると、こんな感じ。意外にも、ボールを包み込むようなイメージでしたね。それにしても、小顔ですわ~! 最近のモデルでは、少なくなりつつあるコンパクトさかな・・・

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド(DG)」S200フレックス装着モデルの#7。スペックはロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量444.6g、バランスD2。シャフトスペックは、重量129g、トルク1.6、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや重め。DG好きだけど、重量的にはもう諦めたほうがいいのかな・・・。グリップはやや細め。振り感は、かなりシャープに振れるイメージでしたね。「RAY CXフォージド リミテッド」より小顔な分、イメージとしてよりシャープに振れるメージでした。

実際に打ってみると、ぶっちゃけシビアっす!! やはり小顔系が与えるイメージは、ボクレベルにはどうやらマイナス面が大きいようです。スイングにリニアに反応するようなイメージで、ボク的に同じスイングを意識しても、スピン量が安定しないようなイメージでした。スカイトラックデータを確認してみても、結構バラツキありました。芯を食った手応えの3球をピックアップしているので、弾道的画面的にはそろっていますが、実はバッラバラでした(汗) ボクにはちょっと厳しいアイアンの印象でしたね。ちなみに、ベースモデルに比較して、約400rpmスピン量が多めなんですよね。ミーリングだけで、400~500rpm変わるのかな?

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちらです。

【3球平均】
HS39.2m/s、初速50.0m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量5930.8rpm、サイドスピン-997.9rpm、飛距離157.1y
【ベスト】
HS39.2m/s、初速50.3m/s、打ち出し角18.4度、バックスピン量6021.5rpm、サイドスピン-1042.5rpm、飛距離157.8y

打感は、マイルド系でした。フェースの乗り感がたっぷりで、いわゆる分厚いインパクトが味わえるモデルです。音的には、心地よい中高音系ですね!

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道。ですが、ダウンブローに打ち込む必要はありそうですね。気にあるのは、やはりスピン量です。バックフェース下部の見た目で、もっとオートマチックに球が上がりそうな印象を受けますが、実はダウンブローに打ち込むことで球が上がるような気もしました。そういう意味では、スピンコントロールができるレベルの使い手を意識したモデルなのかもしれません。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系ですが、操作性は、適度にある感じです。ガッツリつかまえようと思えばつかまるし、逃がそうと思え逃がせる感じもありました。

シャフト挙動と振り感ですが、なぜか「RAY CXフォージド リミテッド」ほど、切り返しでの手元のしなり感を感じませんでした。ヘッドとの相性なのかはわかりませんが、しなり感は少なめでした。でもその分、クイックかつシャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペッでHS44~45m/s以上の方におすすめします。オートマチック系になれつつあるボクには、シビアさがかなり強かったモデルとなってしまいました。スイングにそこそこリニアに反応する感じで、そういう意味では、誰でも使えるモデルではないかもしれません。レンジで打ってこの結果は、ボク的には惨敗です。敗因の最大要因は、重量かもしれません。#7で440gあたり。つまりDGはもう限界なのかもしれません。とはいえ、今回のロマロアイアン試打は全てDGなので、泣き言を言ってる場合じゃないんですどね・・・!!

<ロマロ「RAY MCリミテッド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9.5▽操作性:9.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄(S20C)※カラーミーリング加工
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NS 950GH」(S=98g/1.8/中調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル6本(#5~PW)セット15万6000円+税、単品(#4)1本2万6000円+税。