どーもです。

スリクソンのZシリーズのニューモデルを試打できました。今回発表されたモデルは、Z585とZ785のドライバーとアイアン、F85のFW、H85とU85の2モデルのUTの計7モデル。一気試打を試みましたが、暑さに負けアイアン2モデルは別日の試打となりました。まずはZ585ドライバーから紹介しましょう!

先代は「波動で飛ばす!」がキャッチコピーだったと思いますが、今回は「ZERO SRIXON」です。スリクソンドライバーの設計理念を一新し、飛距離性能、やさしさ、外観、打球音などあらゆる面で見直したことから、「ZERO」としています。つまり、従来のアスリート向けモデルのイメージから、アベレージゴルファーやライトユーザーなど幅広いゴルファーの使用を視野に入れたモデルに生まれ変わっているようです。

まずは見た目から。

先代「Z565」ドライバーとは、見た目も全くの別モノですね。新製品発表展示会レポでも書きましたが、これで色が黄色だったら・・・ですよね! ソールのネック側に配置されウエートが、いかにもつかまりそうな雰囲気ですね。

フェースですが、先代に比較すると気持ちディープになっているような気もしますが、気のせいかな!? 形状的に、トゥ側下部にボリュームのあるフォルムに変更されているので、そう感じたのかもしれません。

ボディですが、これは先代よりも確実にディープ化していますね。クラウンが、ややこんもりした形状になっていました。

後ろ姿ですが、こうしてみるとかなりネック側にボリュームがあるように見えました。

構えてみると、こんな感じ。先代と比べると、より丸型クラウンの意識させるようなイメージなのと、クラウンのカーボン素材を意識しやすい見た目になっていました。またクラウンには、ボールをセットする際に目安となるマークがペイントされていました。もしかしたら、これってスリクソンとしては、初なんじゃないかな!?

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki Mahana」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.25インチ、総重量302g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量51.5g、トルク5.0、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。でも、最近の流れでは当たり前になりつつある重量帯だと思います。グリップもやや細め。シャフトを手でしならせてみると結構しなる印象で、ボク的にはかなり柔らかめ。1番のしなりポイントは中間でした。素振りしてみると、D2というバランスのわりには、ヘッド重量を感じませんでした。

実際に打ってみると、まあ、なんというか、メーカーの言うとおり、今までのスリクソンのイメージを一新していました。ぶっちゃけて言えば、ゼクシオです!! 弾き感や、高めの打音、振り感や出球を見ても、「ん~、ゼクシオ!?」って思っちゃうくらいです。正直ボクレベルでは、「ゼクシオとの差は何? 値段!?」という感じでした。唯一の違いは球の上がり方かな。ゼクシオほどガッツリは上がりませんが、それでも充分な上がり方だと思います。感覚的にはオートマック系ドライバーのテーストです。先代とは全くの別モノですが、まぁ、メーカーもそう宣言していますから、そういう意味ではメーカーのうたい文句に間違いなしということは、実感できました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS47.3m/s、初速69.3m/s、打ち出し角13.3度、バックスピン量3129.3rpm、サイドスピン-727.4rpm、飛距離261.6y
【ベスト】
HS47.1m/s、初速69.1m/s、打ち出し角12.9度、バックスピン量3159.0rpm、サイドスピン-593.5rpm、飛距離263.0y

打感は、弾き系。まるでゼクシオのような弾き感です。音もやや高めで、ん~、やっぱりゼクシオを思い浮かべてしまいます。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、充分高弾道です。ややライナー系弾道のイメージもありますが、ボク的には充分高弾道です。シャフトの影響かもしれませんが、いつもの感覚で打つと、スピン量がやや多めなイメージもあります。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー。この辺はシャフトとの相性だと思います。

そのシャフトですが、かなり柔らかめです。挙動的には、素直に中間がしなるイメージですが、柔らかさのせいかややしなりが大きめに感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s±2m/sあたりにオススメです。メーカーのうたい文句通り、今回のスリクソン「Z585」ドライバーはアベレージゴルファーでも使えるイメージのオートマチック系ドライバーになっていました。ぶっちゃけ、ボク的には名器「ゼクシオ」です。まあ、コンセプトが違いますけどね・・・!! でも、このZ585はゼクシオにかなり近いテーストと思って間違いないと思います。「Z585」は、まあ、まだいいでしょう。問題は、「Z785」もそんな感じなのかということですね。その辺は明日、紹介しましょう!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ585」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=チタン(Super-TIX 51AF)、ボディ=8AL-2Vチタン、クラウン=CFRPカーボン、チューニングウエイト(8g:ステンレス)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Mahana」(S=51.5g、SR=50g、R=48.5g/5.0/中調子)。
■価格:1本6万3000円+税
■発売予定日:2018年9月22日