どーもです。

スリクソン「Z」シリーズのニューモデルですが、今日紹介するのは「Z785」ドライバーです。昨日紹介した「Z585」ドライバーは、「ZERO SRIXON」のキャッチコピーらしく、まさにこれまでのスリクソンのイメージで挑むと、「んっ!?」と思うほどでした。昨日、さんざん書いたので今日は、敢えて書きませんが、果たしてこの「Z785」ドライバーも「Z585」ドライバーと同じような感覚なのでしょうか。個人的な注目は、その1点に集中していたりして・・・。というわけで、早速レポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソールデザインは、「Z585」ドライバーと一緒です。形状的には、気持ちコンパクトかな。

フェースは、「Z585」ドライバーに比較すると気持ちコンパクトですね。形状的には、ややトゥ側にボリュームがある感じでしたね。

ボディは、結構ファットですね。「Z585」ドライバーよりもクラウンがこんもりしていて、先代に比較すると、明らかにディープになっています。

後ろ姿です。「Z585」ドライバーに比較すると、重心距離が長めになっているのが意識できると思います。

構えてみると、こんな感じ。ちょっと開いて構えてしまいました。すみません! 「Z585」ドライバーに対して、クラウンの投影面積はやや小さめですが、形状的にはほぼ一緒だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki MIZU」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58度、長さ45.25インチ、総重量309g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56.5g、トルク4.0、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めかな。シャフトを手でしならせてみると結構しなる印象ですが、「Miyazaki Mahana」の後だと、比較対象がかなり柔らかめのため、「おっ! 結構しっかりしてるじゃん!」なんて思ってしまいました。でも、後に冷静になると、結構しなります。なお、ボクの感覚では、同じSでも日本仕様とUS仕様くらいの差があったように感じました。素振りしてみると、D2のバランス通りで、「Z585」ドライバーよりはシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、「Z585」ドライバーとは全くの別モノです。打感からして違うし、球の強さも違うし、もう前述通り、全くの別モノです! この書き方がいいのかは別にして、個人的には従来イメージの「スククソン」でした。でも、その位置づけとしでは、先代「Z565」ドライバーと「Z765」ドライバーの中間に位置するような感じかな。先代「Z765」ドライバーほどシビアさはなく、そういう意味では確かに「扱いやすさ」を意識したモデルであることを実感できました。とにかく、先代よりもスイートエリアが広めだと思います。さすがに、距離は変わりますが、多少外しても曲がりが少ないのはうれしいですね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS45.9m/s、初速67.1m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量3277.2rpm、サイドスピン-282.1rpm、飛距離257.4y
【ベスト】
HS46.0m/s、初速67.6m/s、打ち出し角14.8度、バックスピン量3292.3rpm、サイドスピン-521.7rpm、飛距離258.5y

打感は、マイルド系です。同じシリーズですが、真逆の打感です。いわゆる分厚いインパクトでした。音も「Z585」ドライバーに比較すると、やや低めでした。正直な感想は、はい、従来のスリクソンイメージでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道ですが、この「Z785」ドライバーもライナー系弾道のイメージでした。シャフトの影響かもしれませんが、直進性が高いですね。スピン量は、気持ち多めかな。吹け上がるほどではありませんが、3~5yはロスしていそうな雰囲気でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。いつも通りのインサイドアウト系スイングでは、プッシュアウト傾向がありますが、若干戻ってくれる感じ。個人的には、イメージ通りだったりするんですけどね・・・w

シャフトですが、ボクのイメージ通りの「S」ですね。挙動的には、素直に中間がしなるイメージですが、やや先端剛性が高めにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメ。今回のキャッチコピー「ZERO SRIXON」がいう扱いやすさを感じつつも、従来のスリクソンイメージも感じさせてくれるモデルだと思います。少なくとも「ゼクシオ」ではありません。紛れもなく「スリクソン」です。ミスヒットの寛容性が高くなっていますが、フィーリング的には「スリクソン」で、個人的にはちょっと安心したかもw 今回の「Z585」ドライバーと「Z785」ドライバーは、別モノと思った方がいいかもしれません。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ785」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=チタン(Super-TIX 51AF)、ボディ=8AL-2Vチタン、クラウン=CFRPカーボン、チューニングウエイト(8g:ステンレス)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Mahana」(S=51g、SR=49.5g、R=48g/5.0/中調子)。「Miyazaki MIZU6」(X=58g、S=56.5g/4.0/中調子)。
■価格:各1本6万8000円+税
■発売予定日:2018年9月22日