どーもです。

スリクソン「Z」シリーズのニューモデルですが、今日紹介するのは「Z F85」FWです。見た目的には、結構クラウンの投影面積が小さめですね。「扱いやすさ」を意識したというわりには、見た目的の第一印象ではややシビアさを感じました。実際はどうなのでしょうか? 早速、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、ドライバーと一緒ですね。先代とは別モノになっていました。先代はウエートがフェースのすぐ後ろに配置されていて、浅重心を意識するような見た目でしたが、今回は見た目で浅重心を感じさせる要素はなかったです。

フェースは、ややディープ気味かな。先代に比較すると確実にディープ化していますね。また、トゥ・ヒール方向もコンパクトになっていました。なお、今回もカップフェースとなっています。

ボディは、シャロー。でも、先代と比べると、ややヒップダウン気味でした。

後ろ姿です。「Z585」ドライバーのようにネック側にボリュームが寄っているような形状ではなかったです。

構えてみると、こんな感じ。結構コンパクトですよね! 先代よりもコンパクトだと思います。ボク的には、ややシビアさも感じますが、実戦での抜けの良さを意識した結果かもしれませんね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki MIZU」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角15度、ライ角59度、長さ43インチ、総重量319g、バランスD2。ヘッド体積176cm3。シャフトスペックは、重量54.5g、トルク4.0、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めかな。グリップもやや細めです、シャフトを手でしならせてみると結構しなる印象ですね。素振りしてみると、ニュートラルにしなるイメージもありましたが、「Z785」ドライバーに比べると、ややヘッドが動くイメージもありました。

実際に打ってみると、結構つかまるイメージで、打ち出しからやや左にいっていたように感じましたが、そこから持ち球のドローだったので、思った以上に左でしたね。このつかまりは、ヘッドだけでなく、シャフトとの相性もあると思います。素振りで感じた通り、先端剛性がやや低めにも感じました。でも、トータルバランスはかなりよかったです。これはご機嫌なFWです!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS44.8m/s、初速64.8m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3542.1rpm、サイドスピン-477.5rpm、飛距離242.6y
【ベスト】
HS44.8m/s、初速64.8m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3305.8rpm、サイドスピン-427.4rpm、飛距離245.8y

打感は、弾き系かな。でも、カンカンした硬い感じではなく、ボールのつぶれ感も充分に感じられます。とはいえ、ボク的には弾き感の方が勝っているような微妙な弾き感でした。音は、やや高めかな。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道。クラウンにカーボンを採用しただけあって、低重心を意識したモデルらしい球の上がり方でした。イメージ的には、ややスピン量が多めにも感じましたが、まあ、この程度なら上出来でしょうね!

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。インナーウエートを装着しているのかどうかは不明ですが、かなりつかまりは良いモデルですね。ボクのスイングで、打ち出しから左にいくのは、かなり珍しかったですから・・・

シャフトですが、全体的は挙動としてはニュートラル系ですが、「Z785」ドライバーで感じた「Miyazaki MIZU6」のフィーリングよりも、先端剛性が低かったように感じました。ボクのイメージでは、ダウンからインパクトにかけて、イメージよりもヘッドがクイックに動くようなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりにオススメかな。先代よりも、総重量で5g軽くなっている分、確実に打ちやすくなっていると思います。たかが5g、されど5gです。その差は確実にありますね。ヘッド自体もおそらく低重心化しているし、クラウンをカーボンにすることで稼いだ余剰重量を、おそらくネック側に寄せることでつかまりもよくしていると思います。もちろん、シャフトとの相性もあると思いますが、個人的にはトータルバランスに優れたモデルだと思います。個人的な欲を言えば、もう少し先端剛性を上げれば、ドンピシャなモデルだったりするんですけどね~!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ F85」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=HT1770綱、ボディ=マレージング綱、クラウン=CFRPカーボン(#3)
■ロフトバリエーション:#3=15度、#5=18度、#7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki Mahana」(S=49g、SR=48g、R=46.5g/5.0/中調子)。「Miyazaki MIZU6」(X=56g、S=54.5g/4.0/中調子)。
■価格:各1本3万5000円+税
■発売予定日:2018年9月22日