どーもです。

スリクソン「Z」シリーズのニューモデルですが、今日紹介するのは「Z H85」UTです。スリクソンのUTにはウッド型、アイアン型の2モデルをラインアップしていますが、今日紹介する「Z H85」はウッド型UTです。どんなUTになっているのか、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

先代と比較すると、もちろんデザインは別モノです。形状的にはマイナーチェンジといった感じで、先代はネック側のボリュームが抑えられていましたが、「Z H85」はネック側のボリュームもしっかり確保されている感じでした。

フェースは、ディープですね。結構コンパクトで、先代に比較してもトゥ・ヒール方向に短く、重心距離が短めのイメージでした。

ボディは、意外にもシャローだったりします。フェースを見る限りでは、こんなにシャローボディは想像出来ませんでした。先代に比較してもシャロー、かつストレッチバックになっていました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの大きさ的には、先代とほぼ同様かな。先代はクラウンにミゾが刻まれていましたが、「Z H85」はステップタイプになっていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki MIZU」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角22度、ライ角60度、長さ39.75インチ、総重量345g、バランスD1。ヘッド体積109cm3。シャフトスペックは、重量68g、トルク3.4、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めで、グリップもやや細め。シャフトを手でしならせてみると、これも結構しなる印象でした。素振りしてみると、ニュートラルにしなるイメージでした。FWで感じたヘッドが動く感じも、ほぼ同じようなイメージでした。

実際に打ってみると、このUTも結構つかまるイメージでした。いわゆるウッド型UTにありがちなつかまりで、先代UTに比較しても、オートマチックにつかまるイメージでした。3球平均データは、いつも通りいい感じに芯を食った球の3球をピックアップしていますが、正直、やや吹け上がり傾向があったようにも感じました。ピックアップした3球でも、先代に比較すると約500rpmはスピン量が多めの結果でした。先代は同ロフトで約200yでしたので、本作は約10yほどダウンの190yあたりでした。まあ、同じタイミングでの試打ではないので、単純比較は出来ませんが、あくまでも参考です。ただし、その分扱いやすさはあると思います。そういう意味では、「ZERO SRIXON」のコンセプトを実感できるモデルでしたね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS40.4m/s、初速56.3m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量4614.9rpm、サイドスピン-888.7rpm、飛距離191.4y
【ベスト】
HS40.4m/s、初速56.2m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量4393.1rpm、サイドスピン-825.4rpm、飛距離193.1y

打感は、弾き系。「Z F85」同様、カンカンした硬い感じではなく、ボールのつぶれ感も充分に感じられますが、弾き感の方が勝っているような微妙な弾き感でした。音は、これも「Z F85」同様やや高めかな。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道。オートマチックにガッツリ球が上がります~! 先代では余り感じなかった感覚でした。前述通り、ボク的にはスピン量多めだったかな。この辺は、シャフトとの相性もあると思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。これまた、オートマチックにつかまる感じで、先代では感じられなかった感覚だと思います。

シャフトですが、全体的は挙動としてはニュートラル系ですが、やはり先がやや柔らかめだったかな。ヘッドが走るような感じで、その分、先代に比較するとバックスピンもサイドスピンも増えていたように感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメかな。ボク的には、ごく一般的なオートマチック系UTのイメージでした。特に印象的な所も無いけど、悪い所もないイメージで、「これって本当のスリクソンのUTなのかな?」って感じでした。あくまでも、ボクの印象です。でも、従来のスリクソンのイメージで挑むと、「あれっ!?」となると思います。もちろん、メーカー的にもコンセプトに扱いやすさを掲げているので、まさにその通りなことは実感できました。でも、なんか、ちょっと、釈然としないというか、本当にこれでいいのかな・・・なんて思ってしまったのも事実です。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ H85」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=HT1770綱、ボディ=マレージング綱
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=22度、#5=25度、#6=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」(S=58g、R=55.5g/4.1/中調子)。「Miyazaki MIZU6」(S=68g、SR=65.5g/3.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」(S=98g/2.7、R=94g/2.9/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万8000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本2万5000円+税。
■発売予定日:2018年9月22日