どーもです。

スリクソン「Z」シリーズのニューモデルですが、今日紹介するのは「Z U85」UTです。昨日紹介した「Z H85」のウッド型に対して「Z U85」はアイアン型です。アイアン型UTはかなり厳しい印象ですが、昨日の「Z H85」UTのイメージだと、「もしかしてこのアイアン型UTも打ちやすいかも・・・」なんて、淡い期待を抱いたりしちゃいます。果たしてその通りなのでしょうか? 早速、いっていましょう。

まずは見た目から。

フェースは、やや面長かな。先代よりもフトコロの縦幅が確保されていました。

フェースは、やや面長かな。先代よりもフトコロの縦幅が確保されていました。

ソールは、ワイドソールです。フェースを見る限りでは感じませんでしたが、先代に比較するとややコンパクトにも感じました。

ネックは、セミグースでした。

構えてみると、こんな感じ。見た目的には、先代と大きな変更はなさそうですね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki Mahana」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角23度、ライ角60.5度、長さ39.25インチ、総重355g、バランスD1。シャフトスペックは、重量58g、トルク3.9、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めで、グリップはやや細め。シャフトを手でしならせてみると、かなりしなる印象でした。素振りしてみると、それほどヘッド重量を感じない分、手でしならせるよりもシャフトのしなり感はそれほど感じませんでした。

実際に打ってみると、個人的にはウッド系よりも好印象かな。かなりの強弾道が打てるモデルですね。先代に比較すると、確実に打ちやすさを意識したモデルであることを実感できましたが、球の上がり方はウッド系に軍配です。このスペックでもやや高めの中弾道イメージでした。弾道イメージは先代とほぼ同等かなと思いましたが、過去のブログを見直すと、スピン量が約1000rpm増えていました。そんなに違うようには感じなかったのですが・・・(汗) 同じタイミングの試打ではありませんが、ボクの推論ではシャフトとの相性だと思います。ヘッド的には、それほど大きく変わっているようなイメージはなかったので、シャフトとの相性が大きいのかなと感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS39.9m/s、初速55.6m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量4523.9rpm、サイドスピン-632.9rpm、飛距離184.5y
【ベスト】
HS40.5m/s、初速56.4m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量4775.7rpm、サイドスピン-926.8rpm、飛距離185.2y

打感は、弾き系。音も「パチン」とした感じで、いかにも弾いている感じでした。芯も感じやすいモデルで、芯を食うと弾き感の中にも柔らかさを感じますが、外すとガッツリ弾き系でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、やや高めの中弾道ですね。この辺は先代のイメージと一緒です。ウッド型UTに比較すると球の上がり方は今ひとつですが、アイアン型としては充分上がりやすいモデルでしょう。スピン量も、先代に比較すると1000rpm増えていましたが、そんなことを感じさせないくらいの弾丸ライナー系の強弾道でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。ヘッドというよりも、シャフトが球をつかまえてくれるイメージでしたね。

そのシャフトですが、挙動的にはニュートラル系ですが、やや先が走る感じかな。いつも通りのスイングで打つと良い感じのドローですが、アウトサイドインを意識しても、かなりつかまります。動画はそんな感じでスイングしたものです!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメかな。アイアン型UTという時点で、まず手に取るまでの1つハードルがあると思います。ですが、少なくともこのシャフトとの組み合わせモデルは、かなり打ちやすさのあるモデルだと思います。かなり、受け入れ間口の広いモデルだと思います。ウッド系UTはいわゆるオートマチック系でスリクソンらしくなく、ごく一般的はUTでした。でも、このアイアン型UTはスリクソンらしさを残しつつ、扱いやすさも意識したモデルのように感じました。個人的には、これ、アリです!!

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ U85」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=クロムバナジウム綱、ボディ=軟鉄(S20C)
■ロフトバリエーション:#2=18度、#3=20度、#4=23度、#5=26度、#6=29度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」(S=58g、R=56g/3.9/中調子)。「Miyazaki MIZU6」(S=68g、SR=66g/3.4/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」(S=96g/2.7、R=92g/2.9/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万8000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本2万5000円+税。
■発売予定日:2018年9月22日