どーもです。

スリクソンのZシリーズのニューモデルですが、今日明日と2モデルのアイアンを紹介します。「Z585」「Z785」と2モデルのラインアップですが、今日紹介する「Z585」アイアンのほうが、より扱いやすいモデルですね。今回ウッド系は「スリクソン」らしくないと思うほど扱いやすい(=オートマチック系)モデルになっていました。でも、アイアンは先代「Z565」で、すでにそんなテーストになっていたような記憶もあります。その辺をレポしたいと思います。

まずは見た目から。

構造的な変更は、ないですね。先代同様、ポケキャビです。見た目的にも、バックフェースの頂点がトゥ寄りなところも、ほぼ同様した。なお、見た目では分かりませんが、フェース全体にミゾが刻まれていて、これは「スピードグルーブフェース」と命名されていました。フェースがよりたわみやすく、飛距離が期待できるようです。

フェースは、セミラージですね。形状的には、見る限り先代との大きな変更はなさそうでした。

ソールも、先代同様「V字ソール」です。今回はこのV字ソールの角度をより緩やかに見直しされ、「新ツアーVTソール」と名付けられていました。

ネックは、セミグース。横から見ると、ソールの「新ツアーVTソール」の形状が分かりますね。先代に比べると、頂点がやや後部に移っているのが視認できます。

構えてみると、こんな感じ。ん~、ボク的には先代同様かな! 違いを探す方が難しいかも・・・w

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105 DST」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量419.5g、バランスD2。シャフトスペックは、重量98.5g、トルク2.3、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、グリップは良い感じの太さでした。素振りしてみると、D2のバランスほど、ヘッド重量は感じなかったですね。その分、振れるイメージでした。

実際に打ってみると、先代に比較すると初速が速くなっていたように感じました。また、先代よりもオートチックに球が上がるイメージもありましたが、スカイトラックの打ち出し角データ的には、大差なかったりします。同じタイミングの試打ではありませんが、試打動画を見ても明らかに「Z585」アイアンの方が、球が上がっているように見えました。個人的には「球の上がりやすさ」=「扱いやすさ」だと思っているので、そういう意味でも、先代以上に扱いやすくなったのかな、と感じました。新ツアーVTソールですが、ぶっちゃけ、マットではよく分かりません! ですが、おそらくダウンブロー系スイングでなくても扱えることを意識した結果だと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS40/8m/s、初速52.2m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量5283.9rpm、サイドスピン-1176.3rpm、飛距離165.6y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速52.4m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量5296.1rpm、サイドスピン-1152.6rpm、飛距離166.6y

打感は、弾き系です。先代はマイルド系と書いていますが、今回試打してみた感覚では、結構「パチン」と弾いている感じです。音が軽快な高音系だったからかもしれませんが、ボールのつぶれ感を感じながらも、弾き感満載だったように感じました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道ですね。先代に比較しても、ガッツリ球が上がると思います。先代はまだある程度ダウンブローに打ち込むことで球が上がるイメージもありましたが、「Z585」アイアンはレベルブローでもしっかり球が上がるイメージでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。この辺は、ボクのイメージ通りでした。

シャフト挙動と振り感ですが、MODUS3にしては切り返し時の手元のしなりがすくないイメージでした。DSTなので、その辺の味付けは変わっているのかもしれませんね。結構ニュートラル系で、ボク的にはクイックかつシャープに振れるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメです。先代以上に「ゼクシオフォージド」アイアンに近づいたイメージですが、「ゼクシオフォージド」ほどオートマチックにつかまるイメージはなかったように感じました。今回のニューモデルは、総じてゼクシオ化していると感じています。もちろんこの「Z585」アイアンもその流れではありますが、中でも「ここはゼクシオと違う」とハッキリ感じられる部分があったことに、ちょっと胸をなで下ろしている自分がいたりして・・・w スリクソンらしさを残しつつも、扱いやすさを実現したモデルに感じました。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ585」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=クロムバナジウム綱、ボディ=軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH DST」(S=95g/2.7、R=91g/2.9/中調子)、「NSPRO MODUS3 DST」(S=98.5g/2.3、R=95g/2.5/中調子)。カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」(S=63.5g、R=62g/3.8/中調子)、「Miyazaki for IRON」(S=81.5g、SR=78.5g/2.4/中調子)。
■価格:スチールシャフト「NSPRO950GH DST」装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#4、AW、SW)各1本1万7000円+税、「NSPRO MODUS3 DST」装着モデル6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。カーボンシャフト「Miyazaki Mahana」「Miyazaki for IRON」装着モデル6本セット12万円+税、単品各1本2万円+税。
■発売予定日:2018年9月22日