どーもです。

連日紹介してきたスリクソンZシリーズのニューモデルですが、いよいよ今日紹介する「Z785」アイアンがオオトリです。スロクソンZの7シリーズアイアンには、個人的にはなりますがかなりの好印象をもっています。その7シリーズアイアンがどんなモデルに生まれ変わったのか。その辺をしっかりレポしたいと思います。

まずは見た目から。

構造的には、キャビディアイアンです。先代に比較すると、バックフェースの山型の頂点がトゥ寄りなのはそのままですが、新たにスイートエリアバック付近に山が設定されていました。これは、打感の柔らかさを意識した結果でしょうね。

顔は、コンパクト! 先代同様の大きさであり、形状だと思います。変更点と思われるのは、左右のバーチカルラインの角度かな!?

ソールは狭めですね。これは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識した形状でしょう。「Z585」アイアンに比較すると、その角度がややキツメに設定されていたように見えました。

ネックは、ストレート。ソールの角度ですが、やはり「Z585」アイアンに比べると、角度がきつくなっていますね! また、先代に比較すると、バックフェース側に頂点が移動していました。

構えてみると、こんな感じ。先代同様の顔つきだと思いますが、ややトゥが立ったような印象でした。その分、つかまりも良さそうなイメージです。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量433.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量112g、トルク2.1、中手元調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールがブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまず。気持ち重めにも感じましたが、まぁ、今のボクにはこんな感じでしょうね! ですが、グリップはやや細めかな。振り感ですが、「ダイナミックゴールド」ほど手元のしなりが少ない感じかな。でも、言われなければ気付かない感じで、思わずボクも「あれ、コレってDSTかな?」と確認するくらいでした。

実際に打ってみると、まず球は上がります! 文句なしの高弾道です。ですが、「Z585」アイアンに比較すると、やはりある程度ダウンブローに打ち込む技術は必要かと思います。また、先代に比較すると、オートマチックにつかまるイメージでしたね。意識しないと、持ち球をドロー系と言い張るボクでも、ドローというのがおこがましいくらいのフックが出てしまうことも・・・。いわゆる、オートマチックにつかまるイメージですが、まあ、ボクレベルでも逃がすことはできます。先代はある程度操作性を意識したモデルだと思いますが、今回はより実戦的かつプレーヤーの受け入れ間口が広がったモデルのように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS40.3m/s、初速51.6m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量5733.5rpm、サイドスピン-926.2rpm、飛距離163.5y
【ベスト】
HS40.2m/s、初速51.5m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量5646.0rpm、サイドスピン-566.5rpm、飛距離164.1y

打感は、マイルド!! ボールのつぶれ感を存分に感じられるマイルドさで、いわゆる分厚いインパクト系でした。音は、「パシャ!」と小気味のいいシャッターオンでした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道! 重量的にもやや重めなので、ある程度打ち込める方向けでしょうが、鋭角に入り過ぎるとスピン量が増えちゃいますからね~! 実は、新ソール形状「新TOUR VTソール」の角度がきつくなっているのは、その辺を過剰に意識させないことも意識しているのかもしれませんね!

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー系。どうしてもつかまるイメージがあるので、インサイドにクラブを引いてしまいます。結果、「そこまで右に打ち出すか!?」って感じですが、それでも戻ってくる感じでした。たぶん、これ、やり過ぎですわ~(汗)

シャフト挙動と振り感ですが、前述通りです。オリジナルの「ダイナミックゴールド(DG)」に比べると、しなりポイントは若干中央寄りで、もうちょっとだけマイルドな感じかな。オリジナルDGのほうが、やや手元のしなり感が強めだったように思います。とはいえ、それもDSTだと分かっているからで、ブラインドテストだったら、まるで気付かない可能性が大だったりしますけど・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメです。重量的にもしっかりしているので、まずはこのスペックを振り切れるパワー必要でしょうね。個人的にも、やや厳しい重量帯になってきたような気もしています。先代に比較すると、つかまりに関しては、ややオートマチック性が高くなったような気もします。それが、「ZERO SRIXON」のコンセプトなのかもしれませんが、フッカーにとっては若干厳しいテーストかもしれません。持ち球がフェード系、ストレート系には扱いやすいモデルかもしれませんが、フッカーにとってはやや気を使うモデルになっていたかな。

<ダンロップスポーツ「スリクソンZ785」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」(X100=116g/1.9、S200=112g/2.1/中手元調子)、「ダイナミックゴールド」(X100=119g、S200=118g/1.9/手元調子)、「NSPRO950GH DST」(S=95g/2.7、R=91g/2.9/中調子)、「NSPRO MODUS3 DST」(S=98.5g/2.3、R=95g/2.5/中調子)。
■価格:「ダイナミックゴールドDST」、「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GH DST」装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#3、#4、AW、SW)各1本1万7000円+税、「NSPRO MODUS3 DST」装着モデル6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。
■発売予定日:2018年9月22日