どーもです。

ミズノのニューモデル「ミズノプロ719」「ミズノプロ319」アイアンを試打できました。今日紹介するのは「ミズノプロ319」です。ハーフキャビティモデルで、位置づけ的には、勝手に「118」「518」の中間と思っていますが、昨日のようなこともありますからね。まぁ、その辺も確認すべく、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的にハーフキャビティで、マッスルバックの「118」よりも扱いやすさを意識したモデルだと思います。「518」はチタンマッスルでしたが、バックフェース下部の厚みを見る限り、コンセプトが違うように思います。「319」のほうががより、低深重心化しているように思います。

フェースは、ややコンパクト気味かな! 確実にいえるのは、「518」とは別モノということ。ボクの目には「118」系の顔付きでした。

ソール幅は、広すぎず、狭すぎず、でした。顔の大きさに対してだと、やや広めにも感じましたが、まぁ、こんなもんでしょう!

ネックは、ストレート!! トレーリングエッジがなだらかになっていますが、これは抜けの良さを意識してでしょう。

構えてみると、こんな感じ。ん~、見た目的には「118」だな~! でも、マッスルバックじゃないということだけで、安心感があるから不思議ですね。って、ボクだけかな!?

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド105」S200装着モデルの#7。スペックですが、ロフト角34度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量418.5g、バランスD1。シャフトスペックは、重量103g、トルク未発表、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じ!! でも、グリップはやや細め。素振りしてみると、挙動的には「ダイナミックゴールド」を思わせる動きで、そのまま軽くなったイメージかな。これ、いいかも!!!!

実際に打ってみると、思った以上に良い感じ!! もっと「118」に近いイメージかと思ったのですが、これならレベルブローでも球があがる感じかな。操作性は「118」ほどのシビアさはなく、ボクレベルでも充分扱えそうなイメージですね。つかまえようとつかまるし、逃がそうと思えば逃がせる感じで、ボクはフェードが打てないけど、ドローの曲がり幅を意識してコントロールできる感じでした。これ、ボクレベルにちょうどいいかも! そう感じたからか、スカイトラックのデータも結構良い感じでしたわ~!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS40.2m/s、初速51.5m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量5815.7rpm、サイドスピン-1558.2rpm、飛距離161.3y
【ベスト】
HS40.4m/s、初速51.8m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量5876.0rpm、サイドスピン-1726.1rpm、飛距離161.8y

打感は、マイルド!! この辺は「さすがミズノ」って感じ。ボールのつぶれ感をしっかり感じられる、分厚いインパクトが印象的でしたね。音も良い感じ! 違和感なしで、フィーリングはかなりいいですわ。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラクデータがこちら。

弾道的には、高弾道です。思った以上に、しっかりクラブが球を上げてくれます。「118」ほどダウンブローに打ち込まなくても、球が上がるイメージでした。弾道の見た目的にも良い感じのスピン量でした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系ですが、ボクレベルでもその曲がり幅をコントロールできそうなイメージでした。「118」ほどスイングにリニアに反応するわけではないのは、ボクレベルには良い感じ!

シャフト挙動と振り感ですが、個人的には好きな挙動ですね。切り返しで手元がキュッとしなって、タメを作ってくれる感じで、ある程度自然にダウンブローに打てるイメージです。個人的には「ダイナミックゴールド」のしなり感のまま、軽量化したシャフトのイメージでした。タイミングが合っているのか、メッチャ振りやすかったですわ~!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42m/s以上は欲しい感じかな。メーカー的にも「118をより扱いやすくしたモデル」をうたっていますが、ボクはまさにそのとおりだと実感できました。「118」ほどスイングに対するリニアはないので、それだけで充分扱いやすさがあると思います。何より、ダウンブローに打ち込まなくても球が上がる時点で、扱いやすいアイアンだと思います。重心距離は短めなので、ある程度の操作性も意識したモデルだと思いますが、それでもボクレベルでのその曲がり幅をコントロールできそうなレベルですので、HDCP15あたりから使えると思います。ぜひ、お試しください!

<ミズノ「ミズノプロ319」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:マイルドスチール(S25CM)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド105」「NSPRO950GH」「MODUS3 TOUR125」ほか。カーボンシャフト「MFUSION i」「OTi85」「MCI80」「ツアーAD75」ほか。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド95」「NSPRO950GH」装着モデル各1本1万9000円+税、「MODUS3 TOUR105」装着モデル1本2万円+税。カーボンシャフト「MFUSION i」装着モデル1本2万1000円+税、「MCI80」装着モデル1本2万4000円+税、「ツアーAD75」装着モデル1本2万5000円+税、「OTi85」装着モデル1本2万6000円+税。