どーもです。

この4月から連載開始した筒康博氏による新コラム、PCM筒康博の「これってギアで解決? それともレッスン?」ですが、早いもので半年が経過しました。ボク自身、毎回興味深く読んでいますが、みなさんはいかかでしょうか? なによりも、1度「GEARS」を体験したいです!! ゴルフの調子は今最悪で、正直試打にも影響が出ている状態です(汗) 自分のスイングがどうなっているので、1度チェックしてほしいですが、いかんせん本業が・・・(汗) 1度休みを取って体験してこようと思っています。という個人的な話はさておき、今月もぜひお楽しみください!

■女性ゴルファーに好かれる「レシピ」とは

上の写真は、人気YouTube動画メディア「ringolf」(リンゴルフ)に出演した時のものです。中央の女性は「じゅんちゃん」こと、青木淳さん。「ringolf」サイト内でも、SNSでも人気な方ですごく緊張しました・・・(汗)

最近、「PCM Labo」を訪れる方も含めて、女性ゴルファーの皆さんはモチベーションが高い方ばかりで本当に尊敬したいと思います。ゴルフに関してだけは(苦笑)、フィッティングやレッスンを通して精一杯サポートしたいと思います!

『ゴルフをもっと面白くする』

が「PCM」のメインテーマですから!

女性ゴルファーが望むもの

今さらながら、女性ゴルファーにとって1番の課題は、ズバリ「飛距離」だと言えます。おおよそ女性ゴルファーのドライバー平均飛距離は150〜170yほど。例えば「310yパー4」のホールで、ドライバーショットをナイスショットしても、残りは140y。2打目は33番ウッドなど難しいクラブでグリーンを狙わなければなりません。これって男性ゴルファーにとって「フルバックティー」クラスの難易度って、知っていましたか? 「そろそろレギュラーティでいいんじゃない?」など気楽に誘う男性ゴルファーの皆さんがもしいたら、ぜひ熟考ください。いや、もし口を滑らしてしまったら、女性ゴルファーの皆さんの顔を見るだけでもいいですよ! 僕は怖くて見られませんが・・・

ヘッドスピードの前に必要なもの

女性ゴルファーの皆さんにアドバイスやレッスンを行う際にオススメしているのが、「両手グローブ」です。特にスライス傾向がある方や、ラフなどのショットで力負けする方には、右手のチカラも総動員してほしいからです。

気付いた方もいると思いますが、男女の問題ではなく「両手のグリップ力」をアップすると、確実にスライスやラフからのショットが改善できます。「右手を使ったら引っ掛けが出ちゃうじゃないか」の意見も十分理解した上で言うと、それは方向性の話で「使い方の問題」と考えるべきだと思います。

グリップは「少し小さめ」が良い

皆さんは、トーナメント放映をご覧になりますか? プロ達がショット間にグローブを外している光景を見ていると思いますが、女子プロのように「日焼けしたくない」人も居ますが、「サイズぴったり」な事も大きな理由の1つです。特に女性用グローブは小さいサイズの物が少ないですが、カスタムブランド「DOCUS」のグローブは、女性用「S」「M」サイズがあります。

男性ゴルファーの皆さんも、一度「今よりワンサイズ小さい」グローブをお試し下さい。今までよりリキまなくても、しっかりとグリップできる事が体感できます。

飛距離アップはクラブの軽量化だけじゃない

「GEARS」では、クラブの動きやスピードだけでなく、「グリップ」の動きとスピードも計測できます。飛距離アップをクラブで作り出す場合、クラブの軽量化が有力な方法ではありますが、「どこを軽くするか?」「逆に重くすると」ヘッドスピードが上がって飛距離が伸びる場合もあります。

例えば同じクラブ総重量&長さでも、「ヘッドが軽い」「シャフトが軽い」「グリップが軽い」等の重量の配分の違いで、振り心地は大きく変わります。

このたび発売になるヤマハ新「UD+2レディース」の13度(L)ドライバーは、クラブ総重量258gにまで軽量化しています。カスタムパーツでも、各社30g前後のシャフトがラインナップされていますし、カスタムヘッド最軽量168gドライバーヘッドまで登場しています。つまり、スピードが出ない場所を補うクラブやパーツを選ぶ事が、できるようになっています。

もし皆さんもクラブが「重く感じた」場合は、次のクラブに「どこを軽くするか?」もキチンとフィッティングしてもらうと良いと思います。

重くする場合は?

軽くするばかりが、スピードアップにつながるとは限りません。写真のように「カウンターバランス」で逆に重くする事で、かえってクラブを重く感じなくなるも効果が望める場合があります。

特に腕やフェースを返す事が苦手な方や、ヒジが引ける傾向の方にもオススメです。何より今のクラブをチューニングしなくてもできるので、1度試してはいかがでしょうか?

(文・構成/猿場トール)

■筒康博 ギア&スイング両方に深く精通し、のべ8万人へのアドバイスを経験。「PCM Labo」総合コーチの他、「PCMアカデミー」ヘッドティーチャー、フィッティングイベント&セミナー講演、フィリピン・セブ「LILOAN GOLF」アンバサダーなど活動は多岐に渡る。
PCMウェブサイト LILOAN GOLFウェブサイト インドアゴルフレンジKz亀戸店