どーもです。

ムジーク「オンザスクリュー」の新モデル「ディープ マッスル」「ディープ キャビティ」アイアンを試打できました。見た目的には、両者ともかなり造形美を感じる、作り手のこだわりを感じるモデルでした。果たして、その実力はいかに。ボクでも使えるのかを確認してきましたので、早速レポしたいと思います。まずは「ディープキャビティ」からいってみましょう。

まずは見た目から。

構造的には、キャビティモデルです。一見して、ムジークのこだわりを感じますね。特に、スイートエリア辺りのバックフェースのデザインにこだわりを感じます。デザインはもちろんですが、相当打感にこだわった結果というのを、見た目で感じさせてくれます。

フェースは、ちょうどいい大きさかな。形状的には、いかにも中上級者が好みそうな顔つきだと思います。

ソールは、この顔の大きさにしてはやや広めなセミワイド系に感じました。ですが、トレーリングエッジやネックあたりの削り方が絶妙ですね! これによってソール幅は実質狭くなるので、おそらくダウンブローで打ち込んでの抜けの良さも意識していると思います。

ネックは、セミグース。トレーリングエッジがかなり丸みを帯びた形状で、これはいかにも抜けが良さそうですね!

構えてみると、こんな感じ。セミグースの影響か、かなりボールを包み込んでくれそうなイメージを感じます。トゥもやや立った感じで、つかまりが良さそうな見た目ですが、フッカーのボクには若干つかまりすぎを懸念させます。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフッレクス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角61度、長さ37.5インチ、総重量410.6g、バランスD1。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも細めですが、このグリップがまたいいですわ~! 夏の汗をかく時期でも、右手がまったく滑らないのはグッド!! で、持ってみてまず感じたのは「長っ!!」です。一般的は#7は37インチなので、0.5インチ長かったのがちょっと気になりました。とはいえ、素振りではシャープに振れる感じでした。

実際に打ってみると、やはりまず感動するのはその打感です! 見た目通りの、マイルドさです。まあ、これで弾き系だったら、それはそれで驚きですけど! 芯を食った感と出球を見る限りではナイスショットですが、スカイトラックのデータ的には、飛距離は今ひとつ飛んでいませんでした。ロフト角を考えれば160~165yは飛んでもいいかなというイメージでした。その要因の多くは、ボクのスイングもしくは腕前のせいだと思いますが、持ってすぐに感じた「長さ」の要因も少なからずあるかもしれません。「振り切れるかな・・・」という、メンタル面への影響もあったと思われます。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.9m/s、初速49.7m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量5532.4rpm、サイドスピン-1207.0rpm、飛距離156.2y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速50.1m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量5269.7rpm、サイドスピン-1225.9rpm、飛距離158.4y

打感は、文句なしのマイルド系。ボールのつぶれ感をムニュッと存分に感じますね。音も、パシャッとしたシャッター音でした。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にも、文句無しの高弾道です。ダウンブローに打ち込まなくても、しっかり球は上がると思います。弾道を見る限りではそれほど気になりませんでしたが、データを見るとロフトに対してややスピン量が多めかな、とも思いました。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。つかまりは見た目通りですね。結構オートマチックにつかまるイメージですが、ボクレベルで逃がそうと思えば逃がせるので、ある程度クラブが仕事をしてくれそうなイメージもありました。

シャフト挙動と振り感ですが、挙動的には切り返しでやや手元がしなる感じでした。振り感は、長さのわりにはシャープに振り抜けるイメージもありました。でも、これはボクの悪い癖ですが、どうしても切り返しで力んでしまうような傾向がありました。これがクラブとの相性なのか、それともボクの問題なのかは、ハッキリいってわかりませんけど・・・(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあればOKだと思います。スイングタイプ的には、受け入れ間口が広そうですね。ダウンブローに打ち込むタイプでも、レベルブローでも使えそうですが、持ち球的にはフェード系のほうが合いそうに感じました。ある程度球筋も操りたいけど、クラブがカバーできるところはカバーして欲しいというような、欲張りゴルファーにオススメで、1ランク上を目指すゴルファーにおすすめしたいアイアンでした。

<ムジーク「オンザスクリュー ディープ キャビティ」アイアン>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9.5▽操作性:8.5▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■価格:ヘッド1個2万5000円+税(パーツ販売)