どーもです。

今日紹介するのは、ピンのニューモデル「i500」アイアンです。これはピンが新しく提唱する「飛び系ブレードアイアン」。中空構造ということを鑑みると、超ぶっ飛び系アイアンだった「G700」アイアンの兄弟モデルとも想像できます。とはいえ、「G」と「i」ではそもそも性格が違いますからね! まあ、その辺りも含めて確認できればと思います。

まずは見た目から。

構造的には中空構造のようですが、見た目はマッスルバックだったりします。しかも、チョー難しそうなプレーンバック系!! 

フェースは、小振り。形状的には「i210」チックな顔ですね。なお、素材はマレージングです。

ソール幅も、この顔には適度な幅だと思います。ちなみに、「i210」とほぼ同じような幅でしたが、「i500」のほうがネック側が狭く、トゥ側が気持ち広めになっていました。

ネックは、気持ちグースが入っている感じかな。とはいえ、ほぼストレートといっていでしょうね。トゥ側にウエート装着です。

構えてみると、こんな感じ。ん~、「i210」よりも小顔か!? 新ジャンルとはいえ、この見た目で「あっ、無理!!」となってしまう人もいるかもしれないんじゃないの・・・なんて、心配になっちゃうくらい小顔でした。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフッレクス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量409g、バランスD1。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。素振りしてみると、まあイメージ的には「i210」とほぼ同様です。切り返しでタメを作ってくれそうだけど、シャープに振り抜けるイメージかな。

実際に打ってみると、「G700」の圧倒的飛距離が記憶にあったので、逆に「アレ!?」とちょっと拍子抜けしちゃいました。ロフト角29度を考えても、正直「もっと飛んでも・・・!?」なんて思ってしまったのは、飛び系アイアンに慣れてしまったということでしょうか(汗) でも、同じタイミングで試打した「i210」アイアンの番手で見ると、ロフト的には#6に当たりますが、そう考えるとちょうどプラス10yあたりなので、妥当と言えば妥当。とはいえ、「飛び系ブレードアイアン」というふれ込みからいってしまうと、「んっ!?」となってしまったのは事実です。ボクの打ち方の問題かもしれませんけどね・・・。ということなので、ボク的には「打ちやすいブレードアイアン」です!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.7m/s、初速51.0m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4512.5rpm、サイドスピン-863.3rpm、飛距離165.9y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速51.0m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量4200.1rpm、サイドスピン-1040.0rpm、飛距離167.3y

打感は、弾き系。中空構造らしいたわみ方も感じますが、音が「パチン!」と弾いているような感じの影響で、弾き系に感じました。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。オートマチックの球が上がる感じですね。スピン量は少なめで、いわゆる棒球系のように感じました。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。ボクのスイングでも弾道がそろうのは、うれしいところです!

シャフト挙動と振り感ですが、これは昨日紹介した「i210」とほぼ一緒ですね。切り返しでタメを作ってくれる感じですが、「i210」ほどヘッドを感じなかったかな。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/sあたりにオススメ。前述しちゃいましたが、ボク的には「飛び系ブレードアイアン」というよりも、「打ちやすいブレードアイアン」だと思います。今回ボクの試打では芯を食った感じのわりには、飛距離がいまひとつの印象だったのも否めません。もしかしたら、軽くダフり気味なのかもしれません。実は、最近よくダフるんです(汗) そんな話はともかく、このアイアンはどんな人にオススメなのかをボクなりの考えてみましたが、ん~、そもそもブレードアイアンを使っている方って操作性や打ちたい距離をしっかり打てるクラブに重きを置いているような気がします。そう考えると・・・(汗) なんだか、「i500」のコンセプトを全否定しているような結論になってしまいましたが、これはあくまでもボクの感覚です。ボクの意見はあくまでも1つの意見として、みなさんはぜひ、実際に打ってみて判断してくださいね~!

<ピン「i500」アイアン>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=マレージング綱C300
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO ZELOS 7」(S=77.5g/2.6、R=74g/2.8/先調子)、「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=94.5g/2.0/中調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=196.5g/1.7、R=103g/1.9/元調子)、「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。※標準シャフト
■価格:スチールシャフト装着モデル各1本2万3000円+税。カーボンシャフト装着モデル各1本2万6000円+税。
■発売予定日:2018年10月4日