どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB X」シリーズを試打できました。今回の「ツアーB X」シリーズはドライバー、FW、UTと3モデルのアイアン、2モデルのウエッジのラインアップとなっていました。まずはドライバーから紹介します、このドライバーは、先代は「XD-3」「XD-5」「XD-7」と3モデルをラインアップしていましたが、今回は「XD-3」の1モデルのみ!! これは、〝自信の現れ〟といっても過言ではないでしょう。そんな「XD-3」がどのように進化したのか? 早速、レポしてみましょう!

今回の「ツアーB X」シリーズのキャッチフレーズは「この飛び、筋金入り」です。カーボンクラウンのトゥ・ヒール方向にアモルファス金属を配置することで、高強度かつ高い反発性能を実現しているようです。詳細は「新製品発表会」をご参照下さい。

まずは見た目から。

先代はブラックで精悍なイメージでしたが、ニューモデルは青をブランドカラーに採用し、精悍だけど爽やかなイメージもありました。注目はウエートで、先代はフェース後部に8g、ネック側後部に2gがデフォルトでしたが、ニューモデルは入れ替わっていました。それだけヘッドの性格が変わったということでしょうね!

フェースは、ちょうどいい感じの大きさですかね。先代に比較すると気持ち大きめになっていたように思います。形状的には、先代とは全くの別モノ! ネックからフェース最下部への流れ、トゥ側のボリュームが見直しされていたように感じました。

ボディは、シャロー。先代はセミディープ系のハイバックでしたが、ニューモデルはシャローかつミドルバックとなっていまし。

後ろ姿ですが、これも全くの別モノですね!

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積は、やや大きめだと思います。先代に比較すると、やや安心感が増していると思います。しかも、カーボンクラウン部分が、「筋金入り」を意識させるようなデザインになっている点にも注目ですね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD TX2-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.25インチ、総重量307g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク4.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、まぁ、最近のモデルではこんなもんかな・・・。グリップはちょうど良い感じの太さでした。ブリヂストンゴルフは、一般的にはやや太めのグリップの傾向が強いと思いますが、ボクには良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、結構しっかり感があるイメージでした。1番のしなりポイントは中間より先の辺りだったように感じました。また、シャフト径がやや太めにも見えましたが、気のせいかな!?

実際に打ってみると、まず特筆したいのは、とにかく球が強いことです。いわゆる弾丸ライナー系のイメージで、なんかヨレ感がなく、初速も速めのイメージでした。フィーリング的には、打感はやや弾き感強め。球離れも若干速めに感じました。それでも、インパクト効率はかなり高そうな印象でした。先代は3タイプのラインアップでしたが、ニューモデルはこの1タイプに絞っているのは自信の表れだと思いますが、まさにその自信通りの弾道を体感できました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.0m/s、初速67.6m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2977.8rpm、サイドスピン-627.1rpm、飛距離261.8y
【ベスト】
HS46.2m/s、初速67.9m/s。打ち出し角15.9度、バックスピン量2773.3rpm、サイドスピン-687.1rpm、飛距離264.7y

打感は、弾き系。球離れもやや速めに感じました。とはいえ、カンカンした感じもなく、個人的には許せる範囲内です。音は、やや高めに感じました。

弾道的にはこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道かな。高めの中弾道ともいいたいところですが・・・w とにかく、出球が強い!! スピン量もかなり少なめの印象でしたが、スカイトラックデータを見る限りでは適量でした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。フッカーのボクにとっては、ややつかまりすぎの印象もありましたが、いわゆるフェードヒッターやスライサーには良さそうですね。このつかまりはヘッドのみならず、シャフトとの相性もありそうです。

そのシャフト挙動と振り感ですが、挙動的には中間から先がダウンからインパクトにかけて走って、球をつかまえてくれるイメージでした。結構手元はしっかりしています。振り感は、ボク的にはいわゆる〝軽硬〟のフィーリングです。といいても、その軽硬フィーリングの説明が難しいのですが・・・、重量的には軽めで振りやすいけど、インパクトはしっかりしているという感じかな・・・(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s±2m/sあたりにオススメかな。かなりの強弾道が得られるモデルだと思いますが、このシャフトとの組み合わせだと、かなりつかまりがいいので、フェード系を持ち球にする人によりオススメだと思います。ある程度たたけるヒッタータイプのほうが、よりこのクラブの実力を楽しめると思います。今回1モデルに絞っただけの実力は、確実に〝ある〟と感じました。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB XD-3」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=Ti811チタン、ウエート=アルミネジ(2g)、タングステンネジ(8g)、フェース=6AL-4Vチタン合金、クラウン=CFRP、アモルファス金属
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD TX2-6」(S=57g/4.9、SR=54g/5.0/中調子)。「スピーダー661エボリューションⅣ」(S=66g/3.7/先中調子)。「ツアーAD VR-6」(S=65g/3.2/中調子)。「ディアマナDF60」(S=64g/3.8/中元調子)。「The ATTAS 6」(S=63g/3.6/中調子)。
■価格::「ツアーAD TX2-6」装着モデル7万2000円+税。「スピーダー661エボリューションⅣ」「ツアーAD VR-6」「ディアマナDF60」「The ATTAS 6」装着モデル各1本8万7000円+税。