どーもです。

今日紹介するのは、ブリヂストンゴルフ「ツアーB X」シリーズのニューモデル「ツアーB XD-F」FWです。このFWですが、飛距離性能でとんでもないポテンシャルを秘めたモデルのように感じました。というわけで、さっそくいってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、先代に比較するとまったくの別モノですね。先代で採用されていたフェース後部のウエートは、新作ではなくなっています。また、新作はソールの青い部分からトゥ・ヒール、ソールバックに伸びるリブが特徴的でした。

フェースが、コンパクトかつディープです。先代はトゥ・ヒール方向に長めかつシャローでしたが、完全に別モノです。

そのわりにボディセミディープ系で、先代を思い出させます。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。ドライバー同様アモルファス金属をトゥ・ヒール方向に配置したカーボンクラウンを採用しています。かなりコンパクト印象で、正直ブルーのボーダーラインが気になるかな・・・なんて思っていましたが、意外と気になりませんでした。形状的には、丸型と洋ナシ型の良いところ取りをしたようなイメージです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD TX2-6」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量318g、バランスD2。ヘッド体積163cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、グリップは良い感じの太さ。見た目でもシャフトがやや太めに感じたので、バット径が太いのかもしれません。まあ、ボクには好みの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、1番しなったのは中間でしたが、結構手元のしっかり感を感じました。素振りしてみると、ドライバーで感じたヘッドの走り感は、あまり感じませんでした。

実際に打ってみると、まず驚いたのが球の強さです! ドライバーでも弾丸ライナー系の強弾道でしたが、FWでも一緒・・・、というか、FWのほうがより強そうなイメージでした。1発目から「おっ、良い感触!!」なんて思ってスカイトラック画面を確認すると、な、な、なんと、

259.1y

これって、スカイトラック導入後3Wとしては最長飛距離です。壊れてなければ…ですが(笑) ですが、この後、同じ感触を味わうことはできませんでした。とはいえ、2球とも245yオーバーですから、このFWの飛距離性能はとんでもないポテンシャルと秘めていると思います。あっ、ご存じの通り、ボクの場合3Wはティアップしての飛距離ですので!! これなら、マジでドライバー要らないかも…(笑)レギュラーティでのラウンドなら、ちょっとしたドライバーより良い結果になるかもしれません。そんな感情を抱いた1本でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS45.7m/s、初速66.4m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量3410.9rpm、サイドスピン-380.9rpm、飛距離251.9y
【ベスト】
HS46.2m/s、初速66.6m/s。打ち出し角15.5度、バックスピン量2961.3rpm、サイドスピン-297.1rpm、飛距離259.1y

打感は、弾き系。これもドライバーと同じで、やや球離れが速めのイメージでした。音もやや高めですね。

弾道的にはこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。動画では若干下から入ったような印象もあって、持ち球ではありません。しかも、スピン量も多めですが、ガッツリ芯を捉えると、3000rpm以下のロースピン強弾道を味わえますね!

出球傾向ですが、ボクのスイングで、軽いドロー系。ドライバーほどオートマチックにつかまるイメージはなかったように思います。この辺はヘッドのみではなく、シャフトとの相性も含めてだと思います。

そのシャフト挙動と振り感ですが、シャフト挙動的には素直に中間がしなる感じでした。ドライバー同様手元のしっかり感は感じましたが、ドライバーと違うのは、中間から先の動き方。ボク的にはドライバーほどヘッドが走る印象はありませんでした。チップカットしているのか、ヘッドとの相性か、その辺はわかりませんが、ボクは先端部の動きはドライバーとは別モノだったと思います。振り感ですが、気持ちよくシャープに振り抜ける印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s±2m/sあたりにオススメかな。これは、タメて叩けるタイプにオススメのように感じました。腐れフッカーのボクが打っても腐れフックはでなかったし、結構叩けるモデルのイメージでした。とはいえ、やや打点にシビアさがあったのも事実です。実際に1発目の激芯をとらえた後、同じ感触は最後まで味わえませんでしたし…。とはいえ、スイートエリアは広めなので、おそらくメーカーがターゲットとする中級者以上のレベルであれば、充分にその性能を堪能できると思います。ハッキリ言いましょう。

このFW、マジでヤバイ!!

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB XD-F」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ&フェース=(3、5W)ハイパーマレージング綱AM355(7W)SUS630ステンレス クラウン=(3、5W)CFRP、アモルファス金属(7W)SUS630ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD TX2-6」(S=55g/4.9、SR=52g/5.0/中調子)。「スピーダー661エボリューションⅣ」(S=66g/3.7/先中調子)。「ツアーAD VR-6」(S=65g/3.2/中調子)。「ディアマナDF60」(S=64g/3.8/中元調子)。「The ATTAS 6」(S=63g/3.6/中調子)。
■価格::「ツアーAD TX2-6」装着モデル4万円+税。「スピーダー661エボリューションⅣ」「ツアーAD VR-6」「ディアマナDF60」「The ATTAS 6」装着モデル各1本5万5000円+税。