どーもです。

今日から紹介するのは、ブリヂストンゴルフ「ツアーB X」シリーズのアイアンです。同シリーズのアイアンには「X-CBP」「X-CB」「X-BL」の3モデルがラインアップされています。今日紹介する「X-CBP」は先代では追加発表されたモデルですが、新作では当初からラインアップに名を連ねています。では、さっそくどんなアイアンなのか、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的には、先代同様ポケットキャビティです。先代はスイートエリアバックにボリュームがある、いかにも打感にこだわったモデルでしたが、新作はトゥ・ヒール後部にボリュームを置いた高慣性モーメントモデルのように感じます。「よりミスヒットの寛容性を高める」。つまり、「打ちやすくする」というメッセージが伝わってきます。

顔は、セミラージかな。形状的には、ブリヂストンらしい形状ですね!

ソールは、セミワイド。リーディングエッジが微妙に削られているので、多少ダフっても突っかからないことを意識して、でしょうね。

ネックは、ストレートに近いですが、軽くグースが入っていますね。ボディ形状を見ても、先代よりも高慣性モーメントを意識しているように感じました。

構えてみると、こんな感じ。トップブレードの厚みが確保されているので、安心感があると思います。見た目的には、先代とほぼ一緒だと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角31度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量418g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚は、やや軽め。でも、グリップはいい感じの太さです。素振りしてみると、かなり振り抜きがいい印象でした。

実際に打ってみると、見た目の印象通り、かなり打ちやすいアイアンですね。球もしっかり上がるし、つかまりもいいけど、つかまり過ぎないイメージでした。特筆すべきは、やはりミスヒットに対する寛容性の高さでしょうね。多少芯を外しても、クラブがなんとかしてくれるイメージでした。アスリート向けブランドのイメージが強い「ツアーB X」シリーズですが、この「X-CBP」は先代以上に打ちやすさを意識したモデルに〝進化〟していると思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速51.8m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量5318.3rpm、サイドスピン-1235.1rpm、飛距離164.3y
【ベスト】
HS40.7m/s、初速52.1m/s。打ち出し角17.3度、バックスピン量5153.8rpm、サイドスピン-1513.8rpm、飛距離165.1y

打感は、マイルド系。先代はソリッド系と書いていましたが、新作はボールのつぶれ感を存分に感じられるマイルド系に変わっていたと思います。音はサスティンが短めで、小気味のいい中高音系でした。

弾道的にはこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、充分高弾道でしょう! 先代に比較すると1度ロフトが立っていますが、球の上がり方はいい感じですね。払い打ちでも、しっかりクラブが球を上げてくれるイメージです。また、ロフトに対してスピン量が若干少なめにも感じました。かといって少なすぎるわけではないので、ちょうどいいのかな・・・w

出球傾向は、ボクのスイングで、やや強めのドロー系。ボクにはやや軽めなモデルなので、ちょっと振り過ぎると曲がりも大きくなるイメージはありましたが、その辺もキッチリ意識できれば、自然なドローも打てそうな印象でした。

シャフト挙動と振り感ですが、切り返しで気持ち手元がしなってタメを作ってくれるイメージですね。モーダスの動きはダイナミックゴールド(DG)に比べると、若干ゆったりとしたイメージがあって、個人的にはDGのクイックなしなり戻りのほうが、タイミングが取りやすいです。とはいえ、最近重くて・・・(涙)などと完全に脱線しましたが、インパクトで長く球を押せるようなイメージがいいですね!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/s辺りにオススメです。アスリート向けモデルのラインアップモデルですが、「クラブに任せられるところはクラブに任せたい」というようなゴルファーか、ボクのように打点がバラケル傾向のある方におすすめします! ダウンブローに打ち込めるタイプはもちろん、レベルブローの方でもしっかり球が上がるでしょう! 持ち球的には、フェードヒッター向けでしょうね。とにかく、ミスヒットに強いモデルだと思います。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB X-CBP」アイアン>
■KAZ’ sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=軟鉄、フェース=SAE8655クロムモリブデン綱
■シャフト(重量/トルク/調子):「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、SR=94.5g/2.0/中調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット10万8000円+税、単品(#4)1本1万8000円+税。