どーもです。

ラウンドレポートと連休を挟みましたが、今日明日と2日で、ブリヂストンゴルフ「ツアーB X」シリーズのウエッジ「XW-1」「XW-2」を紹介しましょう。先代も2モデルのラインアップでしたが、この辺はどうやら先代と一緒ですね。では、何が変わったのか。その違いをボクでもわかるのか? まずは、「XW-1」からレポしたいと思います。

まずは見た目から。

見た目的には、先代とはまったくの別モノですね。新作は、いかにも「操作性を意識しました!」というようなメッセージを感じるフォルムになっていました。

顔は、かなりの小顔です。形状的にはティアドロップタイプで、この辺もいかにもといった感じです。

ソール幅は、顔に対して意外と広め。しかもこの52度は「マルチソール」になっていて、先代に比較するとトゥ・ヒールの後部が良い感じに削られていて、あらゆるライで抜けの良さを意識しているようなイメージでした。

ネックは、ストレート。操作性を意識しつつも、バックフェース下部の厚みを見ると、低重心も意識していそうなフォルムですね。ちょうど良いバランスを狙っているのかもしれませんね。

構えてみると、こんな感じ。トゥが立った感じには見えますが、まあ、ティアドロップタイプなのでそれは想定の範囲内ですね。それにしても、かなりの小顔ですね!!

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」Sフレックス装着モデルの52度。スペックは、ロフト角52度、バンス角8度、ライ角63.5度、長さ35.25インチ、総重量450g、バランスD3。シャフトスペックは、重量114g、トルク1.7、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずの重さです。グリップも太めでした。素振りしてみると、アイアンよりはヘッドを感じるので、切り返しで力まず、すっと落とせるようなイメージでした。

実際に打ってみると、まぁ、シビアなウエッジです。基本的にはスイング通りの出球を味わえるモデルですね。つかまえようと思えばつかまるし、カットしようと思えばカットできます。ただし、ボクレベルで怖いのは、コースでプレッシャーがかかった時ですね。意図しないスイングのミスにもリニアに反応すると思います。個人的には、つかまりすぎ&コスリ球が心配になると思いました。実際に何球か打つ中で、意図しないコスリ球も何球か出ましたしね! 先代もある程度シビアさはあったと思いますが、個人的には先代以上に操作性が上がったシビアなモデルになっているように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS30.6m/s、初速36.0m/s、打ち出し角26.2度、バックスピン量8326.4rpm、サイドスピン-1524.2rpm、飛距離98.4y

打感は、ソリッド系ですね。正直もっと柔らかいとも思いましたが、芯を食ったようなイメージでも、「カツッ!!」とした感じでした。音は中高音系ですが、アイアンよりは若干高めだったように感じました。

弾道的にはこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。少なくとも、この重量帯をキッチリ振り切れれば、球はしっかり上がると思います。スピン量はロフトに対して適量だと思いますが、先代試打時のブログを見直してみると、増えているんですよね~! 同じタイミングでの試打ではないので、あくまでも参考です。

出球傾向ですが、ボクのスイングで、軽いドロー系。ウエッジでドロー系ってのもなんですが、それだけスイングにリニアに反応するモデルだと感じました。

今回、時間の都合で50y、15yは写真を撮っていませんが、試打はしました。50yは再三書いているとおり、ボクの最も苦手な距離です。そこにこのリニアさだと、思った通りで、出球的にはバラバラです。ただし、うまく打てたときは「カツッ!!」と軽快な感じで、スピンもきいて止まってくれました。15yイメージも出球的にはバラバラですが、それはもうボクの腕の問題です!! 結構、スピンはかかっていたように感じましたね!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS44~45m/sはほしいかな。先代に比較すると、かなり操作性を意識したモデルで、その分意識しないスイングのミスにもガッツリ反応する感じはありました。その分、多才な技をもっている方には、かなり心強い味方になってくれること間違いなしのイメージでした。なお、番手別にソール形状が違うので、各番手の役割も意識したモデルになっていました。このクラブを使いこなすには、それなりの技術が必要かと思われますので、手を出される方はその辺の覚悟をもって挑んでみてください。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB XW-1」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)
▽スピン性能:9▽操作性:10▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8度)、50度(10度)、52度(8度)、54度(10度)、56度(10度)、58度(8、12度)、60度(10度)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」(S=114g/1.7/中元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)。※特注専用「ダイナミックゴールド」(S200=129g/未発表/元調子)「NSPRO950GH」(S=98g/1.8/中調子)。
■価格:各1本2万円+税