どーもです。

太平洋クラブ美野里コースラウンド際、コースにあった試打クラブ、タイトリスト「TS2」「TS3」ドライバーを実戦投入しましたので、その感触をレポしたいと思います。いつもなら、試打クラブを借りてホームレンジ、東京・メトログリーン東陽町でスカイトラックを使って弾道計測になりますが、今回はまだ試打クラブが手配できていないので、順番が逆になります。今回はこのニューモデルの見た目とテクノロジー、実戦で感じたフィーリングを紹介しましょう。まずは、「TS2」からいってみましょう。

まずはそのコンセプトですが、先代は「917」シリーズまで来ていましたよね。当然、今回のニューモデルは「919」シリーズになると思いきや、「TS」となったわけです。どうやらこれは、「Titleist Speed」の略で、「Speed(スピード)」にこだわったモデルのようです。

これが意味するのは、つまり「917」シリーズの後継モデルではないというメーカーの強い意志かと思います。

芸能記者になってから、当然ですが、メーカー発表会には行けませんし、メーカー試打会にも参加できません。まぁ、休みでならいけますけど(笑) というわけで、この「TS2」「TS3」試打ラウンドにも参加できず、このクラブの素性を全く知りませんが、こういうクラブがあるということだけは知っていました。そんなクラブがスタート前の玄関右に「試打できます!」で置いてあったら、そりゃ~借りますよね! そんな感じで、いきなりの実戦投入でした。

と言う戯れ言はおいといて、早速見た目からいってみましょう。

先代ではありませんが、「917D2」と比較してみると、「917D2」に搭載されていた「SURE FIT CG」ではなく、単純にソール後部にウエート搭載されていました。フェース下部ソールに刻まれていたミゾ「アクティブリコイルチャンネル」もなくなっていました。この辺を見ても「TS2」は別モノ感が強いですね。

フェースは、シャローですね。でも、「917D2」に比較するとややディープかな。「TS2」はトップラインのラウンドがより強くなっていていました。なおこのフェース、TSドライバーだけの「超精密高初速フェース」で、フェース肉厚をエリア別に設計することで、フェースリアクションを最適化しているんだとか! 要は、ミスヒットの寛容性が高いってことだと思います。

ボディもシャローですね。「917D2」に比較すると、ややヒップダウンしていように感じました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積は大きめで、タイトリストにしては安心感のある形状ですね。ボク的には丸型かな。ちなみにこのクラウンはチタン製ですが、タイトリスト史上最も薄く軽量化されたクラウンのようです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「タイトリストKUROKAGE」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.5度、長さ45.5インチ、総重量302g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク5.0、中調子。

ボールは、ナイキ「レジン プラチナナム」使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップはやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、やや柔らかめな印象でしたが、しなりポイントは中間からやや先あたりだったように感じました。素振りしてみると、若干切り返しでヘッドが感じられないようなイメージもありましたが、まぁ、その分振り切りがいい感じでした。

実際に打ってみた感覚ですが、打感は「917D2」同様ソリッド系かな。ちなみに、世間一般的に「ソリッド系=硬い」だと思いますが、ゴルフ体験主義のソリッド系は「ボールの弾き感とつぶれ間がいい感じの打感」です。音は、やや高めの印象でしたが、これはややヒール気味にヒットしていたようなイメージもあったので、その影響かもしれません。

弾道的には、球はしっかり上がります。スピン量がやや少なめに感じました。特に10番のティショットはいきなり打ったわりには、これがベストでした!

肝心な飛距離ですが、ガーミン「アプローチS60」の飛距離データによれば、使用ホールのミスショットも含め223yでした。ベストは10番の231yでしたが、正直「もうちょい飛んで欲しいな・・・」的な感じでした。

とにかく特筆したいのは、ミスヒット時の寛容性の高さですね。ボクの場合ヒール側に外す傾向が強いのですが、それでも曲がり幅は少ない印象でした。元々プッシュアウト傾向が強いので、そこからフェードで右ラフというパターンが多かったですが、これはボクのスイングの問題ですからね! 縦の距離も最低が18番のヒール気味で引っ掛けという訳の分からんショットだった210yなので、今回の実戦では21yが最大差でした。これは、かなりミスヒットの寛容性が高いと言えるでしょう!!

個人的には、とにかくミスヒットの寛容性が高く、タイトリストらしくない扱いやすさのある1本だと感じました。

なお、総合評価はレンジでスカイトラック計測した時点で、あらためて記します!