どーもです。

タイトリスト「TS2」「TS3」ドライバーの実戦投入レポですが、今日は「TS3」を紹介します。「Titleit Speed」のコンセプトを体感できたのは、この「TS」でした。というわけで、「TS3」の見た目と感触をレポします。

昨日も書きましたが、「TS」は「Titleist Speed」の略で、「Speed(スピード)」にこだわったモデルのようです。これが意味することは、「917」シリーズの後継モデルではないということでしょう。

では、早速見た目からいってみましょう。こちらも先代ではありませんが「917D3」および、「TS2」と比較してみましょう。

「917D3」はヘッド体積が440cm3でしたが、「TS」は「TS2」も「TS3」もヘッド体積は460cm3に変更されていました。「TS2」には採用されなかった「SURE FIT CGウエート」が、「TS3」には搭載されています。「SURE FIT CGウエート」は「917D3」にも搭載されていましたが、「917D3」で採用されていた「アクティブリコイルチャンネル」の採用は見送られたようです。

フェースはシャローですが、「TS2」よりも「TS3」のほうがシャローでした。この「TS3」の形状は、「917D3」に近いイメージ。先代は「917D3」のほうがややハード気味に感じていたので、「TS3」が「TS2」よりもシャローだったのは、ちょっと意外でした。

ボディは、シャローでした。「917D3」に比較すると、かなりヒップダウンしているイメージでした。また、「TS2」に比較しても、気持ち「TS3」のほうがシャローなのかな・・・って感じました。また、若干コンパクトになっているようにも感じましたが、これは気のせいかもしれません(汗)

後ろ姿ですが、「SURE FIT CGウエート」を装着しているため、当然ですが、「TS2」とは別モノです。

構えてみると、こんな感じ。「TS3」は「TS2」と同じヘッド体積で、「TS2」よりも若干シャローにも見えましたが、不思議なことに「TS2」よりコンパクトに見えるんですよね・・・。クラウンの投影面積も気持ち小さめに感じました。また、クラウンのボールマークの位置が違いますよね? 「TS2」はよりネック側でしたが、「TS3」はほぼセンターだったように見えました。これって重心位置が違うっていうメッセージなのかもしれませんよね!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「タイトリスト ツアーAD60」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.5度、長さ45.25インチ、総重量312g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.9、中調子。

ボールは、ナイキ「レジン プラチナナム」使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じ! でも、グリップはやや細めでしたね。シャフトを手でしならせてみると、「タイトリスト KUROKAGE」のSよりも手元にしっかり感がありました。しなりポイントは、ほぼ中間でした。素振りしてみると、「TS2」で感じた切り返しでヘッドを感じられないようなイメージもなく、個人的にはタイミングが取りやすいイメージでした。

実際に打ってみた感覚ですが、打感は「TS2」とほぼ同じで「ソリッド系」です。昨日も書きましたが、ゴルフ体験主義の「ソリッド系」は、「ボールのつぶれ間と弾き感がちょうどいい感じの打感」です。音は、やや高めだったかな!

弾道的には、「TS2」同様球はしっかり上がりますが、「TS2」よりもやや低めだったかな。スピン量はロフト角に対して適当なイメージですが、「やや少なめ」の「TS2」に対して、さらに、「やや少なめ」なイメージでした。よりストレートに打てるはずの「TS2」よりも、ボクにはよりストレートに打てるイメージでした。最初の数ホールはいきなり投入で逆球も出ましたが、5番でFWをとらえるとその後9番までは使用ホールで全てFWをとらえていました。特に9番のティショットは、完璧でした!

肝心な飛距離ですが、ガーミン「アプローチS60」の飛距離データによれば、使用ホールのミスショットも含め242y!! ベストは9番の262y! 「TS2」に比較すると嘘みたいな結果でしたが、「合う」「合わない」でこれだけ差が出るということですね!

「TS2」で特筆事項を「ミスヒットに対する高い寛容性」を挙げましたが、「TS3」はそれを実現しつつ、さらに「飛び」も実感できました。個人的には、「TS3」のほうが結果的に「合う」と思いました。でも、これはあくまでもボクに対してなので、みなさんはぜひ両方とも試打してみてください!

以前は「タイトリスト=難しい」というイメージでしたが、最近では「タイトリスト=意外と扱いやすい」に変わりつつあります。かつ、「915」シリーズあたりからは、「飛距離」も実感できるような感じもあります。

総合評価はレンジでスカイトラック計測した時点で、あらためて書こうと思いますが、コースで打った限りでは「TS2」はいわゆるオートマチック系ではありませんが、オートマチック系の匂いが感じられて、意外とどんなゴルファーでも使えそうなイメージでした。また、「TS3」は従来のタイトリストイメージからはかなり扱いやすいモデルのイメージで、個人的には「917D2」と「917D3」の中間ですが、どちらかというと「917D2」寄りのイメージだったかな。意外と叩いても曲がらないイメージでした!! まぁ、「SURE FIT CGウエート」がどんな感じでセッティングされていたのかも確認していませんでしたけど・・・(汗)