どーもです。

ボクがお世話になっている会のコンペが、千葉・真名カントリークラブゲーリー・プレーヤーコースで開催され、ラウンドしてきました。真名CCは初めてのラウンドでした。ゴルフの調子はご存じの通りなので、なんとか90切りが目標ですね! まぁ、そう言いながら1打でも少なく、かつ前回目標に掲げた「1打1打に集中」もテーマに掲げつつ・・・と、なんだか精神的にがんじがらめになりそうな(笑) まぁ、エンジョイゴルフでいきましょう! というわけで、ラウンドレポ前編です。

今回はレギュラーティ使用で、アウト3,302y、イン3,009y、トータル6,311y。コースレートは「70.0」。グリーンセッティングは、刈り高4.0mm、スティンプメーター「8.5フィート」ですが、こんな表示が・・・

ゴンドラに乗って(!)スタートハウスに向かいます。なんかバブリー!!

そして、木陰にひっそりとG・プレーヤーの銅像がたたずんでいました。

インスタートですが、スタートハウスから左を見ると、コースの真ん中に障害物用のような看板が見え、「なんだあれ!」でした。コース関係者に話を聞くと、どうやら元々ロングホールが、ミドルホールになり、今はショートホールになっているようです。

というわけで、10番は150yショート。

朝一ということもあって、ティショットは1番手上の#7を選択。

調整し過ぎた上に左に打ち出してしまい、左手前18y(ガーミン「アプトーチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)。バンカー越え58度寄せは、ボクとしては90点のできで、ピン奥2y。下りのラインですが、早速傷んだグリーンの洗礼・・・。ボコボコかつ芝がはげているバッドコンディションでした。結局打ち切れず、2パットでボギー。

11番は357y、ストレートだけど左右OBのミドル。

X HOT 3Wティショットでしたが、これが腐れフックでOB(涙) 前進ティ使用で残り114y52度ショットでしたが、ピン手前7yにオン。2パットでダボ。

12番は190yショートですが、当日は154y。

なんだかデズモンド・ミュアヘッドを彷彿させるレイアウトかなって。ここは#8ショットでしたが、当たりが薄くグリーン右手前。ピンまで14y52度寄せはピン手前2yでしたが、ここも丸い形の芝が連なっていて所々土が露出しているバッドコンディションです。まぁ、たまたまそんなラインですが、打ち切れずあとひところがり足りず。2パットでボギー。

13番は377y、直角に右曲がりのミドル。

正面バンカーまで210yということで、ロマロUTでバンカー方向狙い。これは良い感じでFWキープ!

残り125yPWショットはちょっと調整し過ぎて、わずかにショート。カラーからピンまで17yパター寄せもわずかにショート。でもタップインの1パットでこの日初のパーセーブ。

14番は435y、ほぼストレートだけどやや打ち上げのロング。

マイドライバー「クロト」ティショットはわずかに左ラフ。残り194yロマロUTショットはちょっとダフリ気味でショート。残り43y52度ショットは完璧なダフリのミス。で、残り23y52度寄せはピン手前6y。なんとか2パットでボギー。

15番は473y、左ドッグレッグで打ち下ろしのロング。

クロトティショットは無事FWキープ。

残り176yは2オン狙いで#5ショットですが、ここでハーフシャンク(涙) 右ラフから残り46yですが、前ホールのバッドイメージが・・・。それをかき消しての52度ショットでしたが、やはりちょいカミショットで16yショート。52度寄せがピンに絡んで、1パットのパーセーブ。

16番は178yショートですが、この日は164y。

#7ティショットは、グリーン右手前のバンカー。12y58度のバンカーショットはうまく打ててピン手前4y。ここはグリーンの状態が良い感じで、1パットでパーセーブ!

17番は373y、左ドッグレッグのミドルですが、この日は343y。

X HOT 3Wティショットは、やや強めのドローで、FW左のバンカー。

残り120yですが、若干アゴに近い上に高め。48度でやや右に狙いショットは、ショートでしたが脱出は成功。残り31y52度寄せピン右2yでしたが、たまたまラインはバッドコンディション。2パットでボギー。

18番は476y、左ドッグレッグのロング。

クロトティショットは腐れフックでOB(涙) 前進ティ使用で残り211y。

X HOT5 Wショットは当たりが薄く、残り23y。52度寄せは打ちすぎてしまいピン奥7y。下りスライス読みでしたが、ここもラインはバッドコンディション。結局3パットでトリプルボギー。

前半は最後でやらかしてしまい、9オーバーの「45」。パットも最後に3パットをやらかして16パット。グリーンのバッドコンディションは仕方ないですが、思った以上に結構トリッキーなレイアウトかなって。まあ、コースと戦う前に自分との戦いが課題ですね・・・