どーもです。

ジオテックゴルフのニューモデル「どクロト ブラックレーベル ドライバー」の適合モデルと高反発モデルの2本を試打できました。今日紹介するのはαスペック、つまり高反発モデルです。昨日紹介した適合モデルとどれだけ違うのか、ボク自身比較が楽しみです! というわけで、さっそくいってみましょう。

まずは見た目から。

ボクが見る限り、昨日紹介した適合モデルとソールの見た目は一緒でした。

フェースは、セミディープ系。形状的には適合モデルと一緒でしょうが、高反発モデルはスコアラインが白くなっていました。だからといって性能的になにか違いがあるわけではなく、おそらく適合モデルとの見分けでしょう。

ボディも適合モデルと同じかと思いきや、ややシャロー気味だったように感じました。しかもやや後方に長めなストレッチバック系になっていたように思います。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。こちらもクラウンに自分が移り込まないようにしたため、ちょっと変な角度になってしまいました。若干オープンフェースなのは適合モデルと一緒ですね。高反発モデルなのに、バリバリアスリートテーストモデルで叩けるドライバーのイメージに、若干違和感も・・・(汗)

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「KUROKAGE XD50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角57度、長さ46.125インチ、総重量303.5g、バランスD1。ヘッド体積450cm3。シャフトスペックは、重さ58g、トルク5.5、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めでしたね。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、Sのわりには柔らかめで、しまりポイントは中間よりも若干手元よりでした。素振りしてみると、振り抜きが良さそうなイメージでした。

実際に打ってみると、確実にいえるのは適合モデルに比較して、フェースが薄いということでしょうね。フェースのたわみ感を存分に感じる打感でした。弾道的には、適合モデルとシャフトが別モノですが、高さ的にはほぼ同じイメージの中弾道。ということは、シャフトではなく、やはりヘッドの性格ということでしょうね。当然ですが、適合モデルよりも飛びます!! 3球平均でも264yと約10y飛んでいました。打ち方の問題で適合モデルと変わらないショットもありましたが、それでも適合モデルの芯を食ったショットと同程度の結果ですから、この辺はさすが「ザ・高反発」ですね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.3m/s、初速68.1m/s、打ち出し角140度、バックスピン量2470.8rpm、サイドスピン-54.2rpm、飛距離264.4y
【ベスト】
HS46.8m/s、初速68.7m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量2261.7rpm、サイドスピン-32.3rpm、飛距離268.7y

打感は、ソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感というか、フェースのたわみ感を充分感じられるイメージでした。音は、適合モデルとほぼ一緒でしたが、若干金属的な音も入っていたような感じです。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、適合モデル同様中弾道。適合モデルの弾道でも低スピンのイメージでしたが、高反発モデルはさらにスピン量が少なめの棒球系でした。打ち出した方向にドーンと弾丸ライナー系のイメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングでも、ほぼストレート。打ち出した方向に、そのままストレートでドーンと弾丸ライナーで、曲がりが少ないイメージでした。

シャフト挙動と振り感ですが、結構切り返しで手元がしなってタメを作ってくれるイメージで、典型的な元調子系の動きだと思います。振り感的には、 ボクにはやや切り返しでのしなりが大きめに感じたせいか、適合モデルよりもプッシュアウト傾向が強かったと思います。

今回ボクは試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりのオススメだと思います。このバリバリアスリートテーストの顔つきで、高反発モデルって、どんな人にオススメなのか、ちょっと想像がつきません。実際に打ってみても、今ひとつ対象者が分からない感じもありましたが、当然競技使用はできないわけですから、エンジョイゴルファーでとにかく飛ばしたい方になると思います。実際に打ってみても、正直どんなゴルファーの使用を視野に入れたモデルなのかが、ボクにはいまいちピンとこないモデルだったかな・・・

<ジオテックゴルフ「どクロト ブラックレーベル ドライバー αスペック」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=チタン、フェース=SP700チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「KUROKAGE XD50」(S=58g/5.5/元調子)
■価格:ヘッド単体1個4万6000円+税
■発売予定:2018年10月末