どーもです。

埼玉の高級ゴルフコース、高麗川カントリークラブをラウンドしてきました。学生時代、同コースでキャディのアルバイトをしていたという方からお声掛けいただいてのラウンドでした。ですが、「高麗川CC」って、読めない!! 新聞社に勤務していながら、恥ずかしい限りです。その方に確認すると「こまがわ」でした。途中線路があって、それがどうやらJR八高線で、八王子と高麗川を結んでいるということを知り、ちょっと得した気分でした。えっ? 常識!? 知らなかったことを知れるのは、いくつなっても得した気分なんです!! というわけで、高麗川CCのラウンドレポをお届けします。

今回ラウンドしたのはブルーティーBグリーン使用でアウト3,234y、イン3,239y、トータル6,473y。コースレートは「70.5」。グリーンセッティングは、刈り高4.0mm、スティンプメーター9.3フィートでした。

この日、PRGR関係者がいらっしゃって、マイクラブは持ち込まず、こんな感じでいろんなクラブを試してみました。でも基本的にドライバーは「RS-F」、アイアンは「RSフォージド」を使用でした。また、ウエッジはTUNEウエッジ、パターはシルバーブレードのオデッセイ#7みたいな形状のセンターシャフトモデルを使用でした。

1番は371yミドル。

打ち下ろしで、左右やや狭めに見えるレイアウトでした。「RS-F」かと思って打ちましたが、実は「RS」でした。当たりそこねのミスショットでしたが、打ち終わってソールを見るとそこには「RS」と書かれていたのでした(汗)

残り143y#9ショットは薄い当たりでショート。残り48度52度ショットもショート。ピンまで12y52度寄せは、ピン手前2y。沈めたいボギーパットですが、思った以上に重く入らず。2パットの素ダボ(涙)

2番は411yミドル。

打ち下ろしの左ドッグレッグでしたが、ここはしっかり確認して「RS-F」でバシコーン!! 見事FWセンターキープ!!

残り210y上りということで、ここは18度の「Q」を選択。これが右に出てしまうトラブル!! 右は1ペナですが、キャディさんの「進行上のものでそのまま打ってもOK」という言葉から52度ウエッジで脱出を試みましたが、結果はさらに木に当たってまた1ペナゾーン。再び52度ショットでしたが、なんとかピン手前11yにオン。2パットで素ダボ。

ん~、欲をかくと痛い目に合う。それが、ゴルフだということを、何度も経験しているのに・・・(汗)

3番は490yロング。

超打ち下ろしから打ち上げで、右ドッグレッグという、距離は短めですがかなりサディスィスティックなレイアウト。「RS-F」ティショットは、1stカットでした。残り246yはリベンジをかけて18度「Q」でしたが、ここでもハーフトップ気味。残り143y#9ショットは右に出してしまい、戻ってこず。ピンまで17y52度寄せは、ピン手前2yにオン。2パットでボギーでした。

4番は159yショート。

打ち下ろしを見て#8を選択でしたは、当たりそこねで16yもショート。かなり条件が悪いライから52度寄せはトップ。ピンまで17y左足下がりの斜面からの寄せは、うまく打ててピン手前2y。これを1パットで沈めて、ボギー。

5番は379yミドル。

ここもかなりの打ち下ろしからの打ち上げですが、今度は左ドッグレッグ。「RS-F」ティショットは、またもやバチコーンでFWキープ!

残り140y#9ショットは、ピン左7y。1stパットをドショートさせてしまい、残り2y。これも外して3パットのボギー。こういうのも痛いっすよね・・・

6番は393yミドル。

ひたすら打ち上げの右ドッグレッグです。「RS-F」はここもバチコーンでFWキープ。残り173y打ち上げは#5でしたが、これはまずまず。ですが、行ってみるとショート。ピンまで13y52度寄せはピンに絡んで、1パットのパーセーブ!!

7番は175yショート。

#6ティショットは

痛恨のシャンクでOB!!!!

ここで来るか・・・(涙) 打ち直しは腐れフックで左バンカー。17y58度バンカーショットはピンを4yオーバー。でも、これは1パットで入って(これ奇跡!!)ダボでした。

8番は348yミドル。

打ち上げでセカンドからはやや打ち下ろしの右ドッグレッグ。ここまで好調だった「RS-F」が球にひっかけで左の林でした。

ん~、さて、どうしたもんか・・・

スタンスが取れません。結局、木の前に立って、#7で上から軽くトンでしたが、林を脱出できす。でも、スタンスが取れるところまで出たので、再度#7で脱出ショット。これは脱出成功でした。残り118y50度ショットは、ピン手前6y。2パットで素ダボでした。

9番は508yロング。

打ち下ろしから打ち上げですが、ここはほぼストレート。「RS-F」ショットですが、ここもひっかけで左の林。

でも、スタンスが取れるだけラッキー。#7で1度FWに脱出。残り282yは100y残しを意識して#5。これはまずまずの当たりで、残りは103yとまずまず。52度ショットはピン右7y。2パットでボギー。

前半はいろいろやらかして12オーバーの「48」。パットは16パットでした。なかなかの高級コースのわりには、アップダウンが激しく、さらに左右に曲がって、かなりサディスティックなレイアウトかなって。グリーンも「9.3フィート」表示でしたが、ボク的には「もっと重いんじゃないのかな」って。まぁ、コースに文句言う前に、「自分のヘタさを反省しろ!」なんですけどね。判断ミスに加え、最近ラウンドで必ず1回はケガするシャンクOB。これは、かなり重傷ですぜぇ・・・