どーもです。

埼玉の高級コース、高麗川カントリークラブのラウンドレポート後編です。前半はいろいろとやらかしてしまい、「48」の16パット。自分のクラブではないという要素を省いても、これは〝マズい〟状況です。さすがに「90」切りは無理かな・・・。と、若干諦め気味の境地でしたが、ゴルフ的に〝せめて何か手応えをつかんで帰りたい〟と強く心に願ってのバック9でしたが、結果はいかに? では、いってみましょう。

ランチですが、オススメメニューの「海鮮五目焼きそば」をオーダー。

まるで大皿料理をもるような大きなお皿でした。大き過ぎてビックリしました。味はまずまずですが、和辛子が強烈で鼻ツーン!! こんなところで泣かされるとは、後半が思いやられますね(笑)

後半もクラブはこの中の物ですが、基本的にドライバーは「RS-F」、アイアンは「RSフォージド」、ウエッジは「TUNE」、パターはシルバーブレードのオデッセイ#7みたいな形状のセンターシャフトモデル使用です。

10番は392yミドル。

比較的フラットなミドル。「RS-F」ティショトとは、前半上がり2Hのひっかけを反省しましたが、まだ左に打ち出し気味で左ラフ。

残りはまだ180y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)。#5で果敢に狙いましたが、当たりそこねでショート。気合いばかりが空回り! 残り23y52度寄せは、ピン手前7y。2パットでボギー。

11番は138yショート。

#9ティショットは薄い当たりで手前のバンカー。ピンまで11y58度バンカーショットは厚く入りすぎで、ピン手前6y。そしてここから痛恨の3パットで素ダボ。簡単にダボ打ちすぎですな・・・

12番は379yミドル。

こちらも打ち下ろしの左ドッグレッグですが、セカンドからは打ち上げでした。「RS-F」ティショットは良い感じの感触でしたが、強めのフックで左ラフ。

残り102y打ち上げは52度でしたが、これがショート。ピンまで残り10y52度寄せは、良い感じでピン手前1y。曲がると読んでラインが曲がらず、2パットでボギー。

13番は501yロング。

ここはほぼストレートな打ち下ろしのロングですが、左右OBです、プレッシャーですね! でも「RS-F」ティショットはややフック気味で左ラフ。残り228yで若干左足下がりでしたが、ここは5Wでグリーン狙い!! でも、こう言うときほどダフるんですよね・・・。で、残り57y。58度ショットは乗ったけど、右に出してしまいピン右11yにオン。はい、3パットでボギーです。

14番は318yミドル。

セカンドから打ち下ろしの左ドッグレッグですが、距離はありません。でも、ここは「RS-F」ドライバーを選択。これがバチコーンショットでFWキープ!!

残り57y58度ショットはピン奥8yにオン。下りのパットでしたが、あとひと転がり足りず、2パットでパー。

15番は400yミドル。

ほぼ真っ直ぐで、セカンド地点からは打ち下ろし。「RS-F」ショットは、ここもバチコーンでFWキープ。打ち方、つかんだかも・・・!! 残り160y#7ショットはグリーン右ラフ。ピンまで12y52度寄せはピン絡んで、タップインの1パットでパーセーブ。

16番は193yショート。

打ち上げもみて210yだったので、懲りずに18度「Q」に挑戦。結果は当たらずで花道。同伴者からは「 合わないね~」と宣告されたのでした。残り21y52度寄せはピン手前4y。2パットでボギー。

17番は480yロング。

打ち上げから左ドッグのレイアウトです。「RS-F」はここもバチコーンFWキープ。でも、まだグリーンが見えません。残り263yでまたもや18度「Q」ちゃんに挑戦!! これは芯食った感覚でしたが、フックで左の木に当たっての左ラフ。

残り82y58度をショート。ピンまで22y52度寄せを思い切りダフって、乗ったけどピン手前19yって・・・。なんとか2パットでボギーセーブ。

18番は438yミドル。

最後に最後にタフな距離ですわ~! しかも打ち下ろしから打ち上げ。なかなかSっ気のあるコースですな!! 「RS-F」ショットは最後もバチコーンでFWキープ!!

残り188yも18度「Q」ちゃんを投入でしたが、最後まで打てなかったですわ~。右のサブグリーンにオンって(汗)グリーン外にドロップして16y52度寄せはピン手前2y。沈めてパーで終わりたかったですが、2パットのボギーでした。

後半は7オーバーの「43」でパットは19パット。トータル「91」の35パットで、今年はもう数え切れないほどの90オーバーでした。全て試打クラブでのラウンドとはいえ、なんかふがいないし、試打クラブを用意してくれたPRGRさんもなんか申し訳ない気分でした・・・(汗)

今回初めてラウンドした高麗川CCですが、以前はりそな銀行の接待コースだったようです。その名残りか、セルフプレーも一般的になったこの時代に、基本的にはキャディ付きのようです。コース設計は安田幸吉氏のようですが、かなりアップダウンがあり、ドッグレッグが多くてグリーンが見えないレイアウトが多かったような印象でした。よく言えば戦略的ですが、まぁ、トリッキーですね。初めてならキャディ付きがオススメです。でも、こんなコースでしっかりスコアが出せるようになれば、どんなコースでもスコアは出せるかも!!

また、台風の影響で木が倒れてしまったようです。プレー当日には、まだその爪痕があちこちに・・・。

それにしても、これだけの大木が根っこから倒れるとは・・・

試打クラブですが、PRGRをあらためて打ちましたが、「RS-F」ドライバーは「アリ」ですわ~!! 今年「クロト」を買ったばかりですが、もう1本欲しいな~なんて。取材先で買ったハロウィンジャンボ、当たってないかな~(笑)