どーもです。

タイトリストのニューモデル「TS2」「TS3」ドライバーを試打できました。ことらは、太平洋C美野里Cにあった試打クラブでの実戦投入を軽くレポ(前編後編)しましたが、今回レンジでがっつり試打してきましたので、あらためてレポしたいと思います。まずは「TS2」ですが、こちらは実戦ではいまいちボクにはピンとこなかったモデルですが、今回試打してみてその実力に驚かされました。というわけで、早速いってみましょう。

まずは見た目ですが、こちらは過去記事「TS2」ドライバーで触れているので軽くで!

「TS2」は「SURE FIT CG」ではなく、単純にソール後部にウエート搭載になっています。

フェースは、シャローですね。

ボディもシャロー!!

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積は大きめで、タイトリストにしては安心感のある形状ですね。形状的には丸型でした。

前回レポしたときと全く同じスペックのモデルで、オリジナルカーボンシャフト「タイトリストKUROKAGE」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.5度、長さ45.5インチ、総重量302g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク5.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールでした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めで、グリップはやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、やや柔らかめな印象で、しなりポイントは中間からやや先辺りですね。素振りしてみると、若干切り返しでヘッドが感じられないようなイメージもありましたが、まぁ、その分振り切りがいい感じでした。この辺の感覚は、前回レポ通りです!

ですが、レンジで試打してみて驚いたのは、その〝ぶっ飛び〟の飛距離です!! 弾道の見た目でも、「なんか初速が速そう!!」ってな感じでした。で、スカイトラックで確認するといきなりの70m/sをマーク!! これって、個人的にも史上初
でした!! かなりスピン量も少なめなイメージでしたが、2100rpmとかなりのロースピン。何がうれしいって、多少芯を外しても、3球ともスカイトラックデータ的には、270yオーバーを記録したこと! これって、ボクの記憶が確かなら、スカイトラック導入後最高の平均飛距離だし、ベストも最高飛距離だと思います。個人的には難しいと感じていたタイトリストが、こんなに簡単、とうかミスヒットの寛容性が高く、しかも、こんなにぶっ飛びになるなんて・・・!! 正直予想以上の結果に、ちょっと驚きでした。コースでの実戦投入でもミスヒットの寛容性は感じていましたが、ここまで飛ぶとは思いませんでした! ナイキ「レジン プラチナム」との相性が悪かったのかな・・・w

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS47.8m/s、初速69.8m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量2323.9rpm、サイドスピン-259.9rpm、飛距離274.6y
【ベスト】
HS48.5m/s、初速70.4m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量2106.0rpm、サイドスピン-395.7rpm、飛距離278.2y

打感は、ソリッド系。ボク的には弾き感とマイルド感が良い感じに混ざった、ちょうど良い感じでした。音は、中高音系です。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道でしたね。コースではしっかり上がったイメージでしたが、そのイメージよりもやや低めだったように感じました。それでも「球が上がらない」というわけではなく、いかにもランが出そうな弾丸ライナー系の強弾道イメージでした。実際に3球平均スピン量も2300rpmあたりですし、動画弾道も2400rpmとまずまずの結果でした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系です。直進性が高いですね。打ち出した方向にほぼストレートに飛んでいくイメージでした。

シャフト挙動と振り感ですが、このシャフトは中調子をうたっていますが、ボク的には先中調子系の挙動に感じました。切り返しであまりヘッド重量を感じない分、自分で振っていく必要がありそうなイメージでしたが、そんな感じの中で振ると気持ちヘッドが走る感じでした。でも先調子ほどヘッドが上を向くイメージでもなく、ボク的には弾丸ライナー弾道を打ちやすい組み合わせなのかなと感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43m/s±2~3m/sにオススメといった感じです。「いつかはタイトリスト」なんて思っていましたが、この「TS2」を打つ限り「ついにタイトリスト」といった感じですね(笑) 「VG3」並みの寛容性がありながらこの飛距離をマークというのは、正直衝撃でした。いわゆる払い打ち系でも打てそうですし、もちろんある程度叩けるヒッターでもOKという、かなり受け入れ間口の広いモデルだと思います。これは、すごいですわ~!!!!

<タイトリスト「TS2」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「タイトリスト スピーダー519」(S=52g/4.6、SR=50g/4.8、R=48g/5.0/先中調子)。「タイトリストKUROKAGE」(S=50g/5.0、R=48g/5.2/中調子)。「ツアーAD VR-6」(S=65g/3.2/中調子)。「スピーダー661エボリューションV」(S=66g/3.7/先中調子)。
■価格:「タイトリストスピーダー519」「タイトリストKUROKAGE」装着モデル1本7万2000円+税。「ツアーAD VR-6TP」「スピーダー661エボリューションV」装着モデル1本8万9000円+税。