どーもです。

タイトリストのニューモデル「TS2」「TS3」ドライバーを試打できました。ことらは、太平洋C美野里Cにあった試打クラブでの実戦投入を軽くレポ(前編後編)しましたが、今回レンジでがっつり試打してきましたので、あらためてレポしたいと思います。今日紹介するのは「TS3」ですが、こちらはコースで感じた通りでした。また、レンジならではの「TS2」との相違点も確認できましたので、その辺も含めて早速レポしたいと思います。

まずは見た目ですが、こちらも過去記事「TS3」ドライバーで触れているので軽くさらっと!

「TS2」には採用されなかった「SURE FIT CGウエート」が、「TS3」には搭載されています。

フェースはシャローですが、「TS2」よりも「TS3」のほうがシャロー。これはは、ちょっと意外でした。

ボディも、シャロー。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。「TS3」は「TS2」と同じヘッド体積ですが、「TS2」よりも若干シャローにも見えました。でも、不思議なことに「TS2」よりコンパクトに見えるんですよね。クラウンの投影面積が気持ち小さめに感じました。

今回試打したのも、前回レポと全く同じスペックのモデルで、オリジナルカーボンシャフト「タイトリスト ツアーAD60」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角9.5度、ライ角58.5度、長さ45.25インチ、総重量312g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じですが、グリップはやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、「タイトリスト KUROKAGE」のSよりも手元がしっかりした感じ。しなりポイントは、ほぼ中間かな。素振りしてみると、「TS2」で感じた切り返しでヘッドを感じられないようなイメージもなく、個人的にはタイミングが取りやすいイメージでした。この辺のフィーリングは、既報通りです。

実際に打ってみると、「TS2」とは全く違うフィーリングでした。もちろん、ヘッドもシャフト違うので、当然と言えば当然ですが、音からして別モノです。「TS2」の中高音系に対して「TS3」は高音系。その分弾き感も強めに感じました。弾道の見た目的にはほぼ同じような球質でしたが、スカイトラックで確認してみると、「TS3」のほうがややスピン量が多めでした。試打時にレンチが手元になく、「SURE FIT CGウエート」設定がどうなっていたのかが確認出来ませんでしたが、少なくともボクが試打した限りでは「TS2」とほぼ同じような弾道が得られました。「TS3」のほうが「TS2」よりも重く、シャフト長が0.25インチ短い分HSは落ちますが、それでも「TS2」とほぼ同じような弾道が得られるのはうれしいですね。まぁ、ミスヒットの寛容性は「TS2」ほど高くはないように感じましたが、それでも世間一般的なアスリート系モデルとなんら引けをとらないイメージでしたね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.9m/s、初速68.8m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2354.7rpm、サイドスピン-351.3rpm、飛距離271.2y
【ベスト】
HS46.2m/s、初速69.1m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2243.2rpm、サイドスピン-290.0rpm、飛距離274.9y

打感は、弾き系。「TS2」よりも弾き感は強かったです。音もやや高めでしたが、弾き系に感じた要因の1つかもしれませんね。

弾道はこんな感じで、

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道。見た目的には「TS2」とほぼ同じですが、スカイトラックデータは「TS3」のほうがやや高めなんですよね!! この辺は、見た目でよりシャローだったことが影響しているのかな!?

出球傾向は、ボクのスイングで、軽いドロー系。シャフトが別モノだし、試打時にレンチがなかったため、「SURE FIT CGウエート」のウエート状況が確認出来ていませんが、それでも出球を見る限りでは、「TS2」とほぼ同じような出球傾向でした。

シャフト挙動と振り感ですが、グラファイトデザイン特有の乾いた感じというか、特有のパキッとした感じがありますね。挙動的には素直に中間がしなるイメージで、「TS2」の「タイトリストKUROKAGE」に比較すると手元のしっかり感があって、より叩けそうなイメージを持たせてくれると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/s辺りにオススメですね。「TS2」の受け入れ間口の広さに対してこの「TS3」は、よりヒッター向けに感じました。そういう意味でもアスリートテーストがあるモデルだと思うし、ボク的には「タイトリストらしいドライバー」のイメージでした。コースでの実戦投入時のイメージ通りで、ボク的にはそういう意味での安定感は「TS3」に軍配かな。

ボクレベルでも、同じような弾道が得られるモデルですが、フィーリングは全くの別モノです。なんなら、「917D2」「917D3」よりもより分かりやすくなっていたようにも感じましたね。みなさんは、どう感じましたでしょうか?

<タイトリスト「TS3」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9.5▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「タイトリスト ツアーAD60」(S=60g/3.9、SR=58g/4.1/中調子)。「ツアーAD VR-6」(S=65g/3.2/中調子)。「スピーダー661エボリューションV」(S=66g/3.7/先中調子)。
■価格:「タイトリストツアーAD60」装着モデル1本7万2000円+税。「ツアーAD VR-6TP」「スピーダー661エボリューションV」装着モデル1本8万9000円+税。