どーもです。

PRGRのパーツ販売モデル「TUNE」シリーズのニューモデル「TUNE05」ドライバー&FW、あと、高麗川CCラウンドレポで紹介した「TUNE N」ウエッジを試打出来ましたのでレポしたいと思います。まずはドライバーからですが、正直驚きました!! まじ、ぶっ飛びっす!! 昨日まで紹介したタイトリスト「TS」シリーズに引けを取らないぶっ飛びにビックリでしたわ~! というわけで、早速紹介しましょう。

まずは、見た目から!

「TUNE01」「TUNE02」はウエートを2つ搭載でしたが、「TUNE05」はソール後部に1つ搭載となっていました。

フェースは、シャローでも、ディープでもなく、ちょうどいい感じですかね。でも「TUNE01」「TUNE02」に比較すると、シャローに感じました。

ボディは、シャローです。「TUNE02」に近いイメージですが、よりシャローでした。

後ろ姿も「TUNE02」に近いイメージでした。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はシリーズ最大だと思います。丸型クラウンで、なんか安心感のある形状ですね。

今回試打したのは、フジクラ製「Speeder569 EVOLUTIONⅤ」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59.5度、長さ45.5インチ、総重量303.0g、バランスC8。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量59.5g、トルク4.5、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、Sにしては気持ちしなり大きめな印象でした。しなりポイントは中間よりもやや先辺りのイメージでした。素振りしてみると、バランスのわりには切り返しからダウンスイングでヘッドを感じやすく、ボク的には好きな感じでした。

実際に打ってみると、まあ~、すんごい弾道でした!! 何がスゴイって、もう見た目でロースピンがわかるほどのスピン量の少なさと弾丸ライナー系の強弾道ぶりには、思わず「お~っ!!」って声が出るほどでした。しかも、スカイトラックを確認すると、いきなり1発目から278.3yと、一昨日紹介したタイトリスト「TS2」の278.2yを0.1y更新する飛距離をマーク。スカイトラック史上最長飛距離を記録してしまいました! ほどよいつかまりと球の上がりやすさを実現しつつ、「TUNE01」「TUNE02」ドライバーよりもミスヒットの寛容性が高く、扱いやすいモデルなっているように感じました。〝ギリギリ〟を標榜する「RS」シリーズもいいですが、この工房専用モデルも〝ギリギリ〟なんじゃないかなって、そう感じさせる結果となりました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS47.0m/s、初速68.9m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量2420.8rpm、サイドスピン-339.6rpm、飛距離273.8y
【ベスト】
HS47.5m/s、初速69.5m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量2356.7rpm、サイドスピン-339.0rpm、飛距離278.3y

打感は、ソリッド系。弾き感とマイルド感が良い感じに混ざった打感です。音は中高音系で、澄んだ感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道。欲を言えば、ロフト角的にはもう少しだけ上がってくれてもいいかなと感じますが、その欲を補って余りある強弾道ぶりがありますからね! この「TUNE05」には、ロースピンの強弾道をだれでも得られそうな雰囲気がありますわ~!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系ですが、ボク的にはほぼストレート!! 多少芯を外しても、直進性に優れた感じでした。そういった意味でのミスヒットの寛容性も、高いと思います!

シャフト挙動と振り感ですが、切り返しからダウンにかけてヘッドが走る印象でした。この辺は「Speeder EVOLUTIONⅤ」の特性かもしれませんね。でも今回試打したのが、「569」だったのでやや中間から先にかけてのしなりも大きいように感じましたが、バランスの関係か、そのわりには弾道が押さえられているような感じでした。何気に、「TUNE05」との相性が抜群なんじゃなかなって!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/s±2m/s辺りにオススメですかね。「TUNE01」「TUNE02」に比較すると、いわゆるオートマチック系テースト感が強調されているように感じました。とにかく、直進性が高い上に、ミスヒットの寛容性も高いという・・・。んっ、ミスヒットの寛容性が高いから直進性が高いのか!! ボク的には、かなり受け入れ間口の広い1本なんじゃないかって実感しましたね! この弾道、すげ~っす!

<PRGR「TUNE05」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8.5Al-1V-1Mo)、フェース=チタン(Ti-6Al-4V)
■価格:1本7万円+税