どーもです。

PRGRのパーツ販売モデル「TUNE」シリーズのニューモデルですが、今日は「TUNE N」ウエッジを紹介しましょう。最近よく目にするようになったような気がする、グースネックモデルのウエッジです。このウエッジですが、見た目のイメージがかなりシャープでして、ボク的には日本刀を思わせるイメージでした。そんな「TUNE N」ウエッジですが、早速いってみましょう。

まずは、見た目から!

パーツ販売モデルウエッジは「iDナブラRSツアー」ウエッジが出ていましたよね。でも「TUNE N」ウエッジは、コンセプトからして全くの別モノと思ったほうが良さそうな見た目でした。

フェースは、やや小振りかな。なんか、無骨な雰囲気で、醸し出す雰囲気にオーラさえ感じます。フェース下部ラインは、グースネックモデルの特徴でもある、ほぼストレートになっています。

ソールは、セミワイド系。リーディングエッジも、トレーリングエッジもしっかり設定されているので、実際には接地面が少なく、抜けが良さそうなイメージでした。

ネックは、グースネック。ここが特徴ですからね!! ヘッド中間あたりが薄く、トップブレードがやや厚めになっているのが分かります。いかにも、〝削り出し!〟といった感じがいいかも!

構えてみると、こんな感じ。形状的にはティアドロップ系に見えましたが、とにかくグースネックが印象的! ストレートネックで育ち、持ち球が腐れフックのボクには、若干抵抗のある顔つきでした。

今回試打したのは、トゥルーテンパー製「ダイナミックゴールド120」S200フレックス装着モデルの52度。スペックは、ロフト角52度、バンス角10度、ライ角64度、長さ35.25インチ、総重量457.3g、バランスD4。シャフトスペックは、重量110g、トルク未発表、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じ。グリップも良い感じの太さでした。素振りしてみると、ヘッド重量を感じつつもシャープに振れるイメージでした。

まずは100yイメージショットですが、見た目がグースネックなので、フッカーのボクは思わずいつもより右にボールをセットしてしまいました。結果、最初はコスリ系で右に打ち出す傾向でした。ですが、いつも通りセンター位置を意識して打つと、これが良い感じに真っ直ぐなんですよね。ストレートネックの出っ歯系ウエッジで育ったボクにとって、そして腐れフッカーのボクにとっては、見た目で抵抗感のあるグースネックウエッジですが、信じて打てればラインは出しやすいし、球も上がりやすいですね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS31.3m/s、初速36.7m/s、打ち出し角29.6度、バックスピン量8457.7rpm、サイドスピン-1092.6rpm、飛距離103.1y

打感は、マイルド系でした。ボールのつぶれ感を存分に感じられるモデルです。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、やはり高弾道っすね。グースネックの影響も大きいと思います。スピン量はまずまず。52度モデルとしては、適量ではないかと思います。

続いて50yイメージ。何度も書いていますがボクが1番苦手とする距離です。でも、な、なんと、この「TUNE N」ウエッジでは楽々打てました!! ヘッド重量とのバランスがいいのか、シャフトと地面が並行になるあたりまで上げたヘッドをそのまま柔らかく下ろして上げるイメージで、ほぼ50yを打つことができました!

【3球平均】
HS24.0m/s、初速23.7m/s、打ち出し角28.5度、バックスピン量5672.6rpm、サイドスピン-565.8rpm、飛距離50.7y

最後は15yイメージのアプローチ。これくらいの距離だと打ち出し方向が鍵となりますが、やはりグースネックはラインが出しやすいんですかね・・・。ボクのスイングで3球そろうなんて、そうそうにないですぜぇ~!!

【3球平均】
HS13.7m/s、初速13.4m/s、打ち出し角24.7度、バックスピン量3254.9rpm、サイドスピン-353.7rpm、飛距離15.7y

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS43~45m/sあたりにオススメですね。思った以上にフェースの開閉もしやすいし、多才な技を具現化してくれるウエッジだと感じました。グースネックの良さを新ためて感じる結果になりました。 アプローチでのラインの出しやすさは特筆事項です!! ボクレベルでのパーオン率は絶対的に低いですが、15~20yでこのラインを出せれば、1パットでパーをひろえる可能性も高くなりそうな気配を感じました。ただし、腐れフッカーなので、どうしても不安感が拭いきれません。もう、グースネックウエッジを購入して、強制的になれるしかないかも・・・(笑)

<PRGR「TUNE N」ウエッジ>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽スピン性能:9▽操作性:9▽抜けの良さ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フレキシブルステンレス(17-4PULS)
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8.5度)、50度(10度)、52度(10度)、54度(12度)、56度(12.5度)、58度(12.5度)、60度(11度)、62度(10度)、64度(10度)
■価格:各1本2万円+税