どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズを試打できました。今日紹介するのはFWですが、な、なんと先代「TW737」FWは試打出来ていなかったのですね(汗) 「先代はドライバー&アイアンのラインアップが豊富だったからな・・・」とか言ったりして(笑) そんなわけで先代との比較はできませんが、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ウエートがソール後部に配置されているので、低深重心を意識したモデルというのが視認できると思います。大きさ的には、ドライバーのイメージからすると、気持ち小振りに感じましたね。

フェースは、セミディープかな。形状的にはオーソドックスですが、ややt中央部にボリュームがある感じでした。

ボディは、シャローでストレッチバックでした! 先代「TW737 460」ドライバーが、そのまま小振りになったようなイメージです。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はちょうどいい感じかな! ソールで感じた小さは、実際に構えてみると気になりませんでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VIZRAD for tw747 50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ42.75インチ、総重量321.5g、バランスD2。ヘッド体積183cm3。シャフトスペックは、重量54.5g、トルク4.85、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまあまあかな。気持ち軽めなイメージもありましたが、今のモデルならこれくらいの重量は一般的でしょうね。グリップも、気持ち細めに感じました。シャフトを手しならせてみると、昨日紹介した「FP-6」Sに比較すると、かなりしなるイメージでした。まあ、フレックス表示に基準はありませんので、メーカーが「S」といえば「S」ですし、「R」といえば「R」ですからね。と言うわけで、同じSでも、「FP-6」に比較したらかなり柔らかめ。でも、一般的なSよりはちょっとしっかり感がある感じでした。しなりポイントは、ちょうど中間ですかね!! 素振りしてみると、クセのないしなり感が振りやすかったです。

実際に打ってみると、これまたビックリ!! なんか、ここ最近紹介しているFW、すごくない!? っていうか、すごすぎ!!!! 弾道を見ても、以前の自分のドライバー弾道となんら遜色ないし、実際にスカイトラックデータを確認してみも、ちょっと前の自分のドライバーよりもむしろ飛んでいたりしていますからね・・・。実際、市原GC市原Cでの東9番のティショットは、かなり飛んでいましたしね! なんか、今年のモデルって、みんな〝ぶっ飛び〟ですな~! 昨日ドライバーを紹介した際に、「スインガータイプはこの『VIZRAD for tw747 50』シャフトとの組み合わせがいい」と書きました。そう書いたこと自体は変わりませんが、スインガータイプはもちろん、ヒッタータイプでもボクレベルなら充分使えるイメージでした。受け入れ間口はかなり広そうですね。FWでこれだけの弾道が打てるなら、真面目にドライバー抜くことを検討した方がよさそうですな(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS46.1m/s、初速66.9m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3149.8rpm、サイドスピン-631.4rpm、飛距離256.5y
【ベスト】
HS45.8m/s、初速67.3m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2878.3rpm、

打感は、ソリッド系。弾き感とマイルド感がちょうどよく混ざった感じですが、本当に芯を食うと「もしかしてフェースが薄いのかな?」なんて思っちゃうほどシャコっとした感じもありました。音は、いわゆる中・高音系かな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージでした。直打ちも何球か打ってみましたが、結構しっかり球が上がるので、これは安心感のある1本だと思います。スピン量的には、ほかのぶっ飛び系FWに比較すると、若干多めにも感じました。でも、実際の弾道的には、気にならない程度です。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。ドライバーと比較しても、ヘッド自体のつかまりはそれほど変わらないイメージだったので、ボク的にはシャフトの違いかなと思っています。

そのシャフト挙動と振り感ですが、ボク的には素直にクセがなく中間がしなる感じでした。どこがギュンとしなるといった感じはないですね。だから、スイングタイプ的には受け入れ間口も広く感じるのかもしれません。振り感的には、ホントにクセがなく素直に振り抜けるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりがドンピシャかなと感じました。ホントにクセがなく、どんなゴルファーでも受け入れてくれそうなモデルに感じました。極端にHSが速いとか、遅いとか、よほどクセの強いスイングの持ち主でなければ、かなり幅広いゴルファーを受け入れてくれそうなイメージでした。このシャフトとのマッチングがいいのかもしれませんね!

<本間ゴルフ「TW747」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(3W、3W/HL)ボディ=高強度カスタムスチール+カーボン、フェース=高強度カスタムスチール (5W、7W)ボディ=SUS630、フェース=高強度カスタムスチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for TW747 50」(S=54.5g/4.85、SR=53g/4.90、R=51.5g/4.95/中調子)。「VIZARD FD6」(X=65.5g/3.85、S=62.5g/3.95、SR=61.0g/4.00/中先調子)。「VIZARD FP6」(X=67.5g/3.90、S=64.5g/4.00、R=63.0g/4.05/手元調子)。
■価格:「VIZARD for TW747 50」装着モデル各1本4万円+税。「VIZARD FD6」「VIZARD FP6」装着モデル各1本4万8000円+税。