どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズを試打ですが、いよいよアイアンです。先代「TW737」アイアンは「P」「V」「Vs」「Vn」の4タイプがありましたが、「TW747」シリーズは「P」「Vx」の2モデルとスッキリしました。と言うわけで、今日紹介するのは「TW747P」アイアンです。早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的には先代同様、ポケットキャビティモデルです。そして今作は、バックフェースにはカーボン素材を思わせるエンブレムが採用されていました。どうやらこれは打音に影響するようです。これは個人的嗜好ですが、ブラック&オレンジって、好きなんですよね~(笑)

フェースは、ミッドラージ。おそらく大きさ的には、先代と変わらないと思います。また、形状的にもほぼ同じのように見えました。

ソール幅は、顔の大きさに対して適当だと思います。ちなみに、ソール内部には20gのタングステンウエートを装着しているようです。

ネックは、セミグース。これは先代同様ですね!

構えてみると、こんな感じ。見た目的には、先代との大きな変更点はなさそうですね。その辺は意識的なのかなと思います。見た目的には変わらず、性能を進化させることで、「TW737P」からもうすんなり移行できるのと思います。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「VIZRAD for TW747 50」S装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28.5度、ライ角61.5度、長さ37.25インチ、総重量391g、バランスD1。シャフトスペックは、重量63.5gトルク3.72、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚は、重量的には軽めでした。そして、グリップも細めです。シャフトを手でしならせてみると、かなりしななるイメージです。しなりポイントはちょうど真ん中あたりで、クセなくしなってくれるイメージでした。素振りしてみても、クセがなく振り切れるイメージですね。

実際に打ってみると、まあ、飛びます!! 見た目的にも大きな弾道で、いかにもビッグドライブ感が強かったです。スピン量も少なめで、まさに大きな弾道イメージでした。先代よりも飛んでいるイメージでしたが、ロフト自体28.5度とかなりストロングロフトになっていました。とはいえ、1.5度ロフトを立てているのも関わらず、これだけ大きな弾道が得られるのは、〝進化〟以外の何物でもないでしょうね。このシャフトとの相性も良さそうです。この組み合わせだからこそ、ロフトを立ててもしっかり球が上がるということでなんでしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.0m/s、初速52.6m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量4412.4rpm、サイドスピン-888.9rpm、飛距離176.7y
【ベスト】
HS41.0m/s、初速52.5m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4196.4rpm、サイドスピン-788.4rpm、飛距離180.1y

打感は、弾き系ですね。先代はソリッド系と書いていますが、いかにも「パチン!」と弾いている感じでした。その音の影響も、少なからずあったと思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。ロフトを考えれば、かなりの高弾道とも言えるでしょう。そして、スピン量も少なめです。おそらく低重心モデルなんだと思いますが、実際の弾道をみてもかなり大きな弾道を得られるので、まぁ、間違いないと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。バランスが軽い分切り返しでの力みが出やすい傾向はありますが、ボクの場合そこさえ意識すればかなり気持ちよく、持ち球のドローが打てました。

シャフト挙動と振り感ですが、シャフト自体は「S」でも結構柔らかめ。でも、素直なしなりで、しなり戻りもいい感じで、タイミングが取りやすいイメージでした。振り感的も、かなりクセがなく、気持ちよく振り抜けるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~42m/sあたりにオススメですかね。ストロングロフトモデルなので、かなり飛距離を意識したモデルだと思いますが、実際に打ちやすさも兼ね備えた飛び系アイアンだと思います。払い打ち系でもしっかり球が上がる扱いやすさのあるアイアンですね。アイアンでも飛ばしたい人向けでしょうが、意外と飛びすぎないのも高評価ですね。ゴルフを変えてくれそうなモデルに感じました!

<本間ゴルフ「TW747P」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:(#4~#10)17-4++タングステン、(#11~SW)軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「VIZARD for TW747 50」(S=63.5g/3.72、SR=60.5g/3.83、R=57.5g/3.90/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、R=94.5g/2.0/中調子)。
■価格:カーボンシャフト「VIZARD for TW747 50」装着モデル6本(#5~#10)セット14万4000円+税、単品(#4、#11、SW)各1本2万4000円+税。スチールシャフ「NSPRO050GH」装着モデル6本セット12万円+税、単品各1本2万円+税。