そどーもです。

本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズを試打ですが、いよいよオオトリアです。今日紹介するのは「TW747Vx」アイアンですが、先代は「V」「Vs」「Vn」の3タイプがありましたが、今回は「Vx」1モデルに絞られていました。分かりやすくなったとは思いますが、ボクにとって先代の打ちやすさの順列は「Vs」>「V」>「Vn」でした。果たして先代と比較すると、この新作がどの辺の位置づけになるのかが気になるところですね。というわけで、その辺も確認すべくレポしてみましょう。

構造的にはキャビティアイアンですが、形状を見る限りトゥが立った感じなので、先代では「Vs」のイメージでした。でも、トバックフェーストゥ側にウエートが振られているのは、先代にはまったくなかったですよね! そういう意味でも、新鮮なモデルでした。

フェースは、やや小振り。昨日紹介した「TW747P」と比べたら確実に小振りです。形状的には、先代でいうと「V」のイメージで、やや面長系で重心距離が長めなイメージでした。

ソール幅は、顔に対して適当だと思います。先代でいうと「Vs」の幅と同じような幅に感じました。なお、リーディングエッジがしっかり削られていましたが、これは新作からの採用ですね。

ネックは、ほぼストレートですね。ボディ形状的には、先代のどのモデルとも別モノで、形状的にもかなり低重心を意識したモデルのように感じました。

構えてみると、こんな感じ。先代でいうと「V」のイメージですね。トップブレードはやや薄め。見た目からは「Vn」の匂いは感じませんでした。おそらく「V」「Vs」のいずれに近いか、両者のいいところ取りしたモデルではと、思わせますね。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「VIZRAD IB-WF 85」S装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角61.5度、長さ37.125インチ、総重量417g、バランスD1。シャフトスペックは、重量90.5gトルク3.6、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、結構しっかり感があって、最近流行りつつある軽量スチールシャフトよりもしっかり感があるイメージでした。しなりポイントは、中間よりもやや手元側だったように感じました。素振りしてみると、正直ヘッド重量はそれほど感じないので自分で振ってしまいそうな印象はありましたが、ボクの場合、切り返しで力まなければいい感じに打てそうなイメージでした。

実際に打ってみると、思った以上に操作性がいいのか、最初はフックを連発。見た目的に重心距離が長めに見えましたからね。というわけで、普段よりも右手を返さないようなイメージで打つと持ち球系のイメージでした。見た目的にはもっとオートマック系のイメージでしたが、意外とセミオートマチック系のイメージで、「V」と「Vs」の中間といった感じですかね。「Vn」ほどのマニュアル感はなかったです。ですが、この見た目のわりにはしっかり打ちやすさも意識したモデルでしょうね。「IB-WF85S」との相性ですが、結構いい感じ。ボクの場合もう少しだけ、手元に重量感があればな~という思いはありましたが、切り返しからダウンにかけてクッと手元がしなってタメを作ってくれる感じがいいですね。この〝タメ〟感を感じられたときはいい感じでしたが、感じられないときは、ほぼつかまえすぎのミスショットでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速51.9m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量4115.1rpm、サイドスピン-1421.0rpm、飛距離169.5y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速52.8m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量4104.7rpm、サイドスピン-1666.7rpm、飛距離171.4y

打感は、マイルド系ですね。ただし、先代シリーズのようにボールのつぶれ感満載といった感じではなく、気持ち弾き感もあるイメージでした。音が若干高めだったということも、もしかしたら影響しているかもしれません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道でしょう! 過去記事で同じロフトの「Vs」データを比較すると、打ち出し角は約2度ほど低くなっていましたが、スピン量は約200rpmほど減っていました。このデータが示すのは・・・。ボクの打ち方の問題なんでしょうね(汗)

出球傾向ですが、ボクのスイングで、やや強めのドロー系。これは、ボクが切り返しで力んでしまっている結果だと思います。ややプッシュアウト傾向もありました、これこそボクが自然とヘッドを右前に放り出してやるイメージがあるからでしょうね。

シャフト挙動と振り感ですが、以前の「IB85」Sに比較するとややしなやかさが増したイメージでした。「IB85」も手元のタメ感を感じやすいモデルでしたが、バランスのわりには結構タメ感を感じやすいので、よりしなやかなのかなと感じました。もしかしたら、打ち出し角が「Vs」よりも低かったのは、この辺の影響もあるのかも・・・とか思ったりして!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りがドンピシャですかね。スイングタイプ的にはある程度ダウンブローで打ち込める技術はあったほうがいいかもしれません。そんな風にも感じました。基本的には、セミオートチック系で、ある程度つかまえようと思えばつかまるモデルだと思います。今回先代で「P」以外の3タイプが1つになっていますが、この「Vx」は「V」と「Vs」の中間に位置するモデルだと思います。今回「V」「Vs」としなかったのもその辺へのこだわりなんじゃないかな・・・とか思いました。

<本間ゴルフ「TW747Vx」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#3~#8)軟鉄( S20C)+タングステン、(#9~#11)軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「VIZARD IB-WF 85」(X= 92.0g/3.55、S=90.5g/3.60、SR=89.0g/3.65/手元調子)※ウエートフローモデルでスペックは#7。スチールシャフト「NSPRO MODUS3 FOR T//WORLD」(X=109.5g/未発表、S=106.5g/未発表、R=103.5g/未発表/中調子)。
■価格:カーボンシャフト「VIZARD IB-WF85」装着モデル6本(#5~#10)セット15万6000円+税、単品(#3、#4、#11)各1本2万6000円+税。スチールシャフ「NSPRO MODUS3 FOR T//WORLD」6本セット13万2000円+税、単品各1本2万2000円+税。