どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「GAPR」(ギャッパー)3モデルと「P760」アイアンを試打できました。「GAPR」はFWとロングアイアンの番手間を埋めるモデルで、いわゆるUTです。ウッド型で弾道が高い「GAPR HI」、アイアン型で弾道が低めの「GAPR LO」、その中間の「GAPR MD」の3モデルをラインアップしています。まずはウッド型でもっとも打ちやすそうな「GAPR HI」から紹介しましょう。

まずは見た目から。

形状的には、小振りなUTといった感じ。ソール後部にウエートが装着されているので、低深重心を意識したモデルでるあることは間違いないでしょうね。ちなみに、従来のUTは中が空洞ですが、この「GAPR」シリーズはテーラーメイド独自「スピードフォーム充填剤」なるものを注入しているようです。これがどんな物体なのかは〝謎〟です。

フェースは小振りで、結構ディープ。従来のレスキューを踏襲するような形状ですね。これだけ見ると、ボクは「苦手かな・・・」なんですけどね・・・(汗)

ボディは、かなりのディープボディでした!

後ろ姿です。トゥ側に向かってちょっとボリュームアップされているのが、特徴的ですね。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの中央部がへこんでいるのが、この「GAPR」の特徴でしょうね。ややトゥ側にボリュームがあるのは今風ですが、結構な逃げ顔に感じました。

この「GAPR」はカスタムモデルなので、シャフトはゴルファーの選択が可能です。ですが、今回は全てメーカーが試打用に用意してくれたモデルになります。というわけで、今回試打したのはカーボンシャフト「MCI-80」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角22度、ライ角60度、長さ39.75インチ、総重量363.6g、バランスC9.5。ヘッド体積92cm3。シャフトスペックは、重量86g、トルク2.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めでした。シャフトを手でしならせてみると、結構しなりは大きめに感じました。1番しなっていたのはちょうど真ん中あたりでした。でも、素振りしてみると、思った以上にヘッドが走るような印象もあったかな。

実際に打ってみると、特筆事項はやはり打ちやすさでしょうね!! 見た目の印象ではやや小振りな分、難しいイメージを持ちますが、実際に打ってその弾道を確認すれば、マジで打ちやすさに特化したモデルというのが実感できると思います。球は上がりやすいですし、いわゆるUTほどつかまり過ぎる印象もなかったですね! これ、ボクにとっては重要ポイントですw 弾道的にも見た目では文句なし! スカイトラックのデータ的にも文句なし!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.4m/s、初速57.5m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量3563.6rpm、サイドスピン-599.6rpm、飛距離199.7y
【ベスト】
HS42.5m/s、初速59.0m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3543.5rpm、サイドスピン-561.5rpm、飛距離201.9y

打感ですが、これは結構特殊! なんかボディの中に何か詰まっているような感じで、他のクラブにはない独特な打感でした。オートティアップからクラブで球をセットする際は結構弾き感満載ですが、実際に打つと弾き感とマイルドさに加え、なんか体験したことがない感覚がありました。打感の重さはないのですが、誤解を恐れず言えば、若干〝鈍さ〟的ななにかもあったように感じました。ん~、適当な言葉が見つからない! そのわりには音が軽快だったりします。なんか、不思議!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね! 「GAPR」の「HI」「MD」「LO」は弾道の高さで、その名の通りの球の上がりやすさですね!! 見た目的にはもちろん、データ的にもいい感じでした。

出球傾向は、ボクのスイングで、軽いドロー系。個人的には、理想的な弾道です!! これ、イメージ通りの弾道が打ちやすかったです!

シャフト挙動と振り感ですが、いわゆる中調子モデルよりは気持ちヘッドが走るようなイメージでした。この辺の感じも、高弾道に影響ありそうですね。振り抜きもよく、切り返しでヘッド重量を感じながら振り抜けるモデルでした。

今回ボクが試打したかぎりでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめです。その名の通り、高弾道を得られるモデルですね。払い打ち系でもしっかりクラブが球を上げてくれるモデルです! 名前にいつわりなしでした。いわゆるUT特有のつかまりすぎる感覚もなく、個人的にはかなりいい感じ!! テーラーメイドのUTといえば、「レスキュー」ですが、これまではなぜかどのモデルでも「レスキュー」に苦手意識がありました。でも、この「GAPR HI」はそのイメージを払拭してくれました!! これ、かなりいいっす!!!! この距離をこれだけラクに打てるのはうれしいですね! ぜひ、みなさんもお試しあれ!

<テーラーメイド「GAPR HI」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9.5▽打感の柔らかさ:?▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(450SS)、フェース=ステンレススチール(C300)
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=22度、#5=25度
■価格:1個3万2000円+税