どーもです。

タイトリスト「TS2」「TS3」ドライバーに対応するFWを、それぞれ試打できました。今日紹介するのは、「TS2」FWです。言わずもがな「TS2」ドライバーに対応するモデルですが、いや~、FWの飛距離性能もスゴかったですわ~!! というわけで、早速紹介してみましょう。

ソールデザインは「TS2」ドライバーとほぼ同じですね! まぁ、当然といえば当然ですけど。ソール後部にも、しっかりウエートが装着されています!

フェースは、意外にもセミディープ系に見えました。ドライバーはシャローに感じましたが、そのイメージがあったので、「あら、意外!」となったのもあるかもしれません。

でも、ボディはシャローなんですよね。いかにも重心深度が深めな、ストレッチバックになっていました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめですね。形状的には、「TS2」ドライバーとほぼ同じ形状だと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「タイトリスト スピーダー519 エボリューション」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43インチ、総重量315g、バランスD0。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量52g、トルク4.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずに感じました。でも、グリップはやや細め。シャフトを手でしならせてみると、ボクの中のSとしては気持ち柔らかめですが、まあSと呼べるような硬さだったと思います。しなりポイントは、中間よりもやや先でした。

実際に打ってみると、ドライバー同様ぶっ飛びモデルでした! まぁ、ドライバーがあれだけの記録をマークしたわけですから、当然FWにもその性能を求めて挑むわけですが、しっかりその期待に応えてくれました。また、かなりの打ちやすさも実感できました。いつも通りティアップしての試打ですが、ガッツリ球が上がります。また、直打ちでもしっかり球があがります。これ、重要ポイントですよね! そして、ミスヒットの寛容性の高さも相当で、「えっ!? タイトリストってこんなに簡単だったっけ?」と思わず言ってしまうくらい扱いやすいモデルになっていると思います。個人的には「タイトリスト=難しい」のイメージを、ついに打破してくれたモデルになりました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS44.3m/s、初速64.1m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量3062.9rpm、サイドスピン-524.2rpm、飛距離242.1y
【ベスト】
HS44.0m/s、初速63.6m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2981.6rpm、
サイドスピン-693.6rpm、飛距離243.4y

打感はマイルド系。「TS2」ドライバーはマイルドさと弾き感がいい感じの、ゴルフ体験主義的には「ソリッド系」と書きましたが、FWはより柔らかさが強調されていたように感じました。音は、ドライバー同様の中・高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね! ボクのスイングの影響で、実は逆球のフェード系でしたが、この日、右から左のかなり強い風の影響で左に持っていかれているような感じでした。しっかり芯を食えばスピン量は2900rpm~3000rpmあたりだったので、ちょっとしたドライバー並みでした。

出球傾向は、ボクのスイングで、軽いドロー系。イメージ的には直進性が高く、ボクの場合フックの曲がりが少ないイメージでした。

シャフト挙動と振り感ですが、バランスのわりにヘッド重量を感じやすいイメージでした。中間からやや先のあたりが、ダウンからインパクトにかけて、結構しなる感じでしたね。その分球も上がりやすいのかと思いますが、フッカーにとっては、やや気になるところでもありました。ですが、信じて振り切れれば、かなりクラブが仕事をしてくれるイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりで、HS45m/sあたりまでも充分使えるモデルだと思います。個人的には、ドライバー同様ブッ飛びモデルで、しかもドライバー以上に扱いやすいモデルのように感じました。ボクにとってはタイトリストのイメージをついに変えてくれたモデルです。「いつかはタイトリスト」から「ついにタイトリスト」となりうるモデルでした。これを〝進化〟と言っていいのかはわかりませんが、少なくとも誰でも使えるモデルに〝変化〟はしていると思います。ついに、タイトリストが選択肢に入る日も近いのかもしれません・・・(笑)

<タイトリスト「TS2」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度:10
■ヘッド:チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「タイトリスト スピーダー519 エボリューション」(S=52g/4.6、SR=50g/4.8、R=48g/5.0/先中調子)。「タイトリスト ツアーAD FW60」(S=68g/4.0/先中調子)。
■価格:「タイトリスト スピーダー519エボリューション」装着モデル4万2500円+税。「ツアーAD FW60」装着モデル1本4万6000円+税。